日記・コラム・つぶやき

2015年7月 1日 (水)

つづく

7月1日。

今日でWaldwegは6周年を迎えました。

早いものです。

月日の過ぎゆくのがこんなに早く感じるのは、忙しいからなのかな。

パソコンの前にゆっくり座るのも久しぶりな気がします。

左腕を痛めたようで、上にあげるのが辛いです。

車のギアチェンジとかちょっと大変です。

少し酷使し過ぎているのかも知れません。右手も怖いです(笑)

でも、机の上に並んでいくサンダル。積み上げられた配送待ちの荷物。

見ていてシアワセだな、と感じるのです。

始めたばかりの頃はこんな日が来るなんて夢にも思わず、見切り発進みたいなところもあったので。

それでも不安はなくなりません。今も昔も。

未熟な自分はずっと変わらず、何かを取得してもまた何かが足りないことに気付き、超えればまた現れる課題、課題、課題。

でもやはり続けて来た時の積み重ねを、ただ大切にしようと思っています。

これからもずっと続けて、それを糧により良いものを作りたいです。

突然ですが、今回を最後にブログはお休みしようと思います。

一番の理由は忙しくてなかなか更新出来ないから、だったりするのですが(笑)

そろそろ新しいステージに進もうかな、と思ったのです。

つらつら、思ったことや近況を何となく綴っていたわけですが、読んで下さっていた皆さん、本当にありがとうございました。

ブランドの立ち上げとほぼ同時に始めたので、約6年。

最初は息子の育児記録と私の仕事のことをちょこっと報告出来れば、なんて思っていたのですが、ちびっ子だった世も今や6年生。

ブログにオレのことを書くな、という指令も出て(笑)、母さんちょっぴり淋しいです。

でも、それも頼もしいのですね。重い荷物も持ってくれるし、いざという時、サッと助けてくれるので。

大きくなりました、ホントに。と言うわけで、彼は元気です。

私もこの半年、自身のことを振り返る機会が多く、さてどんな風に、どこに向かって生きて行こうかな、と考え続けていました。

考えても答の出ないこともあるし、流れるように自然体で居たいとも思っています。

でも、大切にしていること、自分の芯みたいなもの、それだけはちゃんと見つめていたいな、と。

私が大切にしているのは、とてもとても小さな世界です。

この両手をこう・・・こうして、その中にそっと入るくらいの。

指の隙間から零れ落ちてしまうことはもう仕方のないこととして、今、この手の中にある儚いけれど確かな存在を一生懸命大切に生きて行きたいです。

隣で一緒に歩む人が、いつも笑顔で満たされて居て欲しい。

一番近くにいる人が、いつもシアワセで居て欲しい。

今作っている一足に、いっぱいの気持ちを向けていたい。

そして、その先に皆さんが居て、これから作るたくさんの靴があるということ。

小さなことが全てに繋がるということ。

小さな家でも、おかずの品数が少なくても(笑)、クローゼットの中の服がそんなに無くても、家族が手を繋いで笑っているならば、それだけでイイ。お腹いっぱいです。

そんな簡単なことでした。

その為には、自分で自分をシアワセにしないと、とも思うのです。

これはですね、意外と簡単じゃあないのですよ。

だからこの先も人生はずっと続くんだと思います。

人生は長いな、と最近しみじみと思います。

きっとまだ半分しか生きていない。あと半分、小さな世界をどこまで満たせるだろうか。

これから、色んなことが起きそうです。

仕事のスケジュールはHPにてきちんとお伝えして行きますので、どうぞよろしくお願いします。

http://waldweg.jp

新たな試みも出来たらイイな、と思ってます。

プライベートも楽しいことをちょこちょこ挟みながら、ケンカしたり、怒ったり、泣いたり、笑ったり、何かそんなです(笑)

相変わらず幼稚で、忙しなくて。

とにかく、皆さんも私も人生はまだまだ続いて行きます。ずーっと、ずっと。

またいつか新しいページでお会いできますように。

長い間ほんとうにありがとうございました。

                                                                            はせがわ りょうこ

Img_1570_2_2

 

2015年4月21日 (火)

光と影

4月に入ってから慌ただしい毎日です。

世の学校の用事も多く、色んなことが把握し切れず(笑)

お問い合わせや注文も増えてきて、とても嬉しく思う反面、追われるように仕事をしないよう気を付けています。

気分転換もして、心のゆとりを失わないように。

先日、クロヌマタカトシさんの個展を見に行きました。

素晴らしかったです。

息が止まるような作品もありました。

ブログを読んでいても思うのですが、ご自身の言葉で語る世界観が作品にはっきりと反映されているのだな、と。

色々考えさせられました。

Img_0816_3帰りがけに、神田のマーチエキュートに。

haluta。とても好きなお店。

キャンドルの香りを迷って結局決められず。

信濃、という名前だったかな。林檎とハーブの爽やかな香り。

やはりそれにすれば良かったかな。また買いに行こっと。

林檎って素晴らしい。

今回のタイトル、「光と影」ですが、昨日ラジオからハナレグミのライブ音源でこの歌が流れてきて。

昔から好きな曲でしたが、その歌詞に改めて聞き入ってしまった。

永積さんはとてもとても美しい影を持つ人なのだと思った。

こんな歌詞を書けるのは、ある場所を通って来なければ出来ることではないのでしょうね。

そこを経験していないと、どうしたって人の心に届くものは作り続けられない。

そんなこともあるのかも知れません。

影の向こうには光があるということ。

全ての人にそれがあるということ。

その先にあるものが見えてくると、色んなことが受け止められる。

シンプルに、笑って。

大切なことを大切な人にちゃんと届けられるような生き方をしたい、と思ったのでした。

さて、仕事します。

2015年1月 7日 (水)

2015年

Ca390252新年、明けましたね。

旧年中は様々な弔いのお言葉を頂き、皆さまのお気遣いに大変感謝しています。

喪中の為、新年のご挨拶は控えさせて頂きましたが、皆様、どのような新年の幕開けだったでしょうか。

我が家は今年も例年通り、初日の出を拝んで来ました。

朝ギリギリに起きて来た子供たちを急かし、玄関で大騒ぎ。新年早々「バカ」とかふさわしくない言葉も飛び交い(笑)、何か苦笑しつつ絶景スポットに到着。

厚く重い雲が低く垂れこめていたので、少し遅れての日の出となりましたが、それがより日の光を強めていたように思います。

ゆっくり、ゆっくり、雲を抜けて昇った初日の出。

こんな風にどんな状況にも屈せず、確実に一歩一歩進んで行ける年にしたいと思っています。

昨年末から色々と仕事の流れも変わって来て、今年は少し活動範囲が広がる予定です。

様々な事が大きく変化する一年かも知れないな、という予感。

大晦日、友人と少しお茶を飲んだのですが、その時耳にした

「今やるべきことをやるしかない」

という言葉が深く残りました。

その言葉がぐるぐる、ぐるぐると繰り返されて、私の今年の抱負に。

あまりに当たり前のことなのですが、どこまで真剣に向き合っていたかな、と。

今やるべきことに。

あれもこれもでは無く、今気持ちを向けるたった一つのこと。

どの位、確実に見極めて来たかな、と。

そんな反省を抱きつつ、少し気を引き締めた2015年のスタート。

でも希望に満ちてますよ。

父の居ないお正月は本当に静かで、お飾りもお祝い事も無かったので、淡々と過ぎて行った三が日でしたが、年末間に合わなかった工房大改造(そんなに変わってないですけど)をやりました。

作業台を大きくして、革を裁断するスペースを確保したり、事務スペースと、作業スペースの効率的な配置などなど。

新たにデザインや型紙を制作するスペースも設けたのですが、早速息子の宿題スペースになっちゃった。冬休みの宿題、多分終わらず。

年末にもお問い合わせを頂いたのですが、今年来年辺りには目標であった靴教室を始めたいとも思っているので、本当はもう少し広い場所が欲しいのです。

でもそれも、ゆっくり、確実に進めたいと思います。

歩く、前に進む、時々振り返る、そしてまた歩く。生きるとは、もうその繰り返しでしかないのでしょうね。

時はいつだって、背中をそっと押し続けます。

だから私たちは、前にしか進めない。

靴を作っていて、いつもそのことを考えます。

行きたい場所に向かうということ。

逸れても、躓いても、寄り道しても、立ち止まっても、歩き続ける限り、最後には「その場所」が見えてきます。

素敵なことだと思うのです。

皆さんにとって、「その場所」が明るく輝いて見える一年となりますように。

今年も変わらず、靴作りを通してそのお手伝いが出来れば幸いです。

2015年もどうぞよろしくお願いします。

靴工房Waldweg

長谷川 良子

2014年12月24日 (水)

家族というもの

随分ご無沙汰してしまいました。

今日はクリスマス・イヴですね。

サンタの正体がすっかりバレてしまったので、息子とプレゼントを買いに行く予定です。

ヘッドフォンが欲しいと。

ここ最近、音楽と絵画に興味が強くなっています。

Dsc_1770_2先日、父が他界しました。76歳でした。

少し急な事で実感が湧かず、しばらく気持ちが追い付きませんでした。

葬儀も無事に済み、今は何となく落ち着いて来ましたが、実家のリビングでぽっかり空いた父の定位置にまだ違和感を覚えます。

もう少し、ゆっくりと父との時間を振り返ることが出来るようになったら、また何か書き足したいと思います。

幼い頃から大好きだった、家族というもの。

その距離感も、賑わいも、幸福感も、そして不満も、全て心地の好いものでした。

常にその中心に居た父。

伝えたいのは、「ありがとう」それだけです。

感謝しか、残らない。

父と最後に交わした言葉は、「また来るね」「ありがとう」だけでした。

あれが最後だと分かっていれば、と月並みだけど思うのです。

もっと心を込めて、私が「ありがとう」と言いたかったのに。

少し仕事が遅れてしまったのですが、そんなことを考えながらまた手を動かしています。

2014年11月13日 (木)

40代をちょっと過ぎて

知り合いの人がfacebookにシェアしていた記事が素敵でした。

http://www.1101.com/rie2014/

糸井重里さんと宮沢りえさんの対談です。

心に響く言葉がたくさんあって、そして同時にホッとして。

何だ、迷っていてもイイんじゃないか、と思って。

積み重ねてきた経験というものがあるのだから、たとえ手探り状態だったとしても、こうしてこのまま進み続ければ良いのだと。

劣等感とか、迷いとか、苦しみとか、ある種のネガティブなものを抱えつつ、だからこそ強くあれたり、柔軟だったり、美しかったり。

そういう人を目の当たりにすると、心の中が整理整頓されて来ます。スッキリと。

宮沢りえ、という人生を生きるのはとても難しそうだな・・・とふと思いました。

大なり小なり、人それぞれに乗り越えるべき課題がありますが、人のそれはより一層困難に見えたりします。

自分のことは何とかなる、そう思える部分もあったりするので。

とにかく、考えて考えて、悩んで悩んで、省みて省みて、それ故に強くなって行く女性は素敵です。

文中の"諦めは美しい"という言葉は、彼女自身が正に体現者だな、と。

諦めて試練を受け止める、とか、大切なモノの為に何かを諦める、とか、そういう潔さはその人から無駄をそぎ落とし、より自身が見えてくるのだろうと思いました。

選択して、観念して、そして今居る枠を飛び出してこその40代であり、更なるステージに立つべき試練の10年らしいですよ。

居心地の悪さは避けられないのでしょうね。

Ca390204
「試練は、ごほうび」

ホント、そう思う。

深く、深く、思う。

それが過ぎ去った時に、感謝だけが残っていれば、私はそれを一つ心の糧として積み上げられるのだと思う。

サラシナショウマの花が、光を集めてとてもキレイでした。

先月のことだけれど。

こういう凛とした姿を見ると、自分もシャンと立っていようと思います。

そして、時には風に揺られて、右に左に。それもまた自由で優しくて素敵。

強さとは太さではなく、細くても尚、決して折れないことなのでしょう。

2014年8月26日 (火)

夏休み、フィナーレ

大変ご無沙汰しております・・・。涼しい日が続いていますね。

パソコンが壊れて、そして親子で順番に夏風邪を引いて、と言った日々です。

パソコンは直る見込みがないので、いよいよ寿命だし、新しいものを検討中です。

無いと不便ですね、ホントに。

今は小さなノートパソコンを息子に借りて凌いでいますが、写真がアップできず(泣)。

書きたいことがたくさんあるんだけどな。

工房の長い夏休みも終わって、そして息子の恐怖の夏休みも終了までいよいよ秒読みです。

宿題もラストスパートっ!

昨日、やっつけるように自由研究をやってました(笑)

今年は蚊の研究です。

飛行能力が高くないので、扇風機のそばに居たり、団扇を使うと効果的、とか一生懸命書いててカワイイな、と思いました。

後はどんな人が刺されやすいか、など。絵も一生懸命描いてました。

基本ウィキペディアが大活躍で、こんなことでいいのだろうか・・・と母は不安に思いましたが、でも、終わったことの安堵感の方が大きいです。

ガミガミ母さん、終了~。

仕事もとっくに再開して、新学期も始まればまたフル活動です。

今年はとても記憶に残るサンダルのオーダーがあったので、そのことを書き記して置きたいのですが、まずは写真をアップできるようにならないと。

もう風は秋の気配を運んで来ていますが、思い出深い夏の日々を振り返りながら、もう少しだけ夏のままで居たいな・・・と昨日スイカを丸ごと買いました。

香取り線香、水着、ノースリーブ、サンダル、麦わら帽子、etc・・・。

まだまだ仕舞いたくないものばかり。

終わってほしくない、2014年の夏。

2014年5月16日 (金)

晴れ時々・・・色々

毎日あまりに気持ちの良い気候で、ブログを更新するのを忘れてました。

んー5月ってどうしてこんなに素敵なんだろう。

こんな季節に生まれた私は何てめでたいんだろう。

母の日も、誕生日当日も、うんともすんとも言って来ない息子に、催促し続けること数日。

やっと、リクエストしていた絵を仕上げてプレゼントしてくれました。

母さんだって催促してまで欲しくなんか無いんだ。

でも、今しか描けない、今しか受け取れない、そんな気持ちがやっぱり嬉しいのです。

ユニと三人で笑っている絵です。

43とか大きく書かないでってちょっと思ったんだけども。

40代ってものすごいスピードで過ぎて行く気がしているのは私だけなのかなぁ。

年々、一日一日を無駄にしてはならないと焦りも感じたりしています。

月並みですが、長生きしたいと思います(笑)

天ぷらかわ清の宏美さんが今年もお花をプレゼントしてくれました。

自分でアレンジしてくれたガーベラのひつじさん。

白とグリーンのアレンジって好きだなー。ひつじも好きなんだなー。宏美さん、ありがとです。

そして皆さんからのたくさんのメッセージやお祝いの言葉、とてもとても嬉しかったです。

今年も意外と孤独じゃないな、と再確認して、また仕事に精を出したいと思います。

006昨日は吉祥寺のギャラリーに最終打ち合わせに行って来ました。

5月の吉祥寺はとても賑わっていて、打ち合わせ後にあちこち散策して来ました。

バラの花を愛でながら、良い街だな、と改めて思いました。

一年前に予約をした展示会。

自分自身がどんな風に変化して成長しているか、というような記事を書いた記憶がありますが、うーん、成長したかな・・・。

時々後ずさりはありますが、後進はしてないはずなので、それはまた会場で私に会って色々感じて貰えれば幸いです。

展示会の詳細はまたすぐに。

DMすこし遅くなりましたが、これからお送りしたいと思います。

皆さん、今しばらくお待ち下さい。

2014年4月22日 (火)

一人はみんなと

また少し気温が上がって春らしくなって来ましたね。

金曜日からの展示に向けて、黙々と作業を進めています。

たった一人で机に向かい手を動かしていると、スッと無心になれるのですが、ふとした瞬間に色んな思いが過ぎります。

前向きな想いに合わせて、悩んでいることとか不安なことまで。

それらがグルグルと頭の中を駆け巡って、時々バランスを崩したりなんてこともありますよ、人として。

それでも自分らしくあるのが一番なので、とにかく淡々と日常を過ごし、目の前にあることに集中しようと努めています。

そしてそんな時に限って人の意見に左右されたり、大いに、してしまいます(笑)

芯が弱いのかも、と考えさせられることも度々。

020最近特に「強くありたい」と何度も何度も思い返して、おもむろに「一人でがんばれ!!」と書いたメモをPCに貼りました。

とにかく自分の中の軸をしっかり持ちたいな、と思って。

そしたら翌朝、いつのまにか世が「みんなでがんばれ!!」に変えてくれていました。

大泣きしてしまった・・・。

そっか、一人じゃなかった。

世が居て、家族が居て、友達が居て、大切な人に心開いて生きているんだった。

私は既に強くあれる要素を充分に持っていて、これからもただただ前に向かって歩いて行けば、結果は自ずと出てくるのでしょうね。

失うものなんて何もないんだ。

「みんなで」の言葉に心が少し軽くなって、シアワセを再確認しました。

世、ありがと。

J-Waveから、「天使にラブソングを2」のOH HAPPY DAYが流れてます。

この映画、大好き。若かりし頃、何度も観ました。

ローリンヒルがめちゃくちゃキュートでカッコイイです。

彼女の器の大きさは、憧れ。

さて、ハッピーで行きますか。

展示会、がんばりまーす。みなさん、遊びに来てくださいね!

2014年3月11日 (火)

巡り巡る

3.11です。

あれから3年。ラジオから様々なメッセージと音楽が流れてきます。

「何か楽しいことをすることが許されない雰囲気だった」という言葉に、あぁ、確かにそうだったと思い返したりしました。

世とユニと3人でずっと家の中に閉じこもり、殺気立ってると聞いて嫌になってスーパーにも行かず、友達と電話で話して元気を貰っていました。

この日が来ると、普段の気の緩みやシアワセボケみたいなものを省みます。

今ここに生きている当たり前の”重み”が胸の中にズンと響いたりするのです。

当たり前は当たり前などでは無いのだから、一日一日、深く美しく生きたいと想いを新たに。

001駐車場の小さな梅の木は今年も花を咲かせ始めています。

枝はあの大雪にも負けず、去年よりたくさんのツボミが付いているような気がします。

青梅の梅の木はプラムポックスウィルスというものに侵されてしまって、その殆どが切り倒されています。

一昨年あたりから梅林が次々と更地になって行く光景はとても寂しいものがありました。

今年の梅の公園の木々を最後に、来年からは梅観賞を楽しむことが出来なくなります。

駐車場のこの木は今のところウィルスは免れていて、そう言った木々は街中にチラホラ残ってはいるのですが、青梅から梅が無くなる、というのは本当に切ないです。

また数年したら植え直すなどの再生計画はあるのでしょうが、同じ風景を取り戻すことは出来ず、その事実に被災地を重ね合わせたりします。

3年経ってもまだ一度も訪れていない被災地。

とにかく行きたいとずっと思っています。

見て、聞いて、知っておきたい。

かけがえの無いものをたくさん失った方々がたくさん居て、かけがえの無いものだからそれを埋められるものは無いのかも知れませんが、それでも、それでも、どうか失った以上の素晴らしい何かをまた受け取ることが出来ますように、と深く深く祈ります。

四季が巡るように、被災された方々に、多くの恵みが巡って来ますように。

間もなく黙祷。

2014年2月26日 (水)

雪のその後

色々ご心配をお掛けしました。

ぎっくり腰は今回は意外と軽く、毎日コツコツ雪かきを続けるここ数日です。

道具を貸してくれたり手伝いに来てくれたりした人のお陰で、何とか重い腰を上げることが出来ました。

駐車場も2台は停められるようになりましたので、もういつでも車でお越しいただけます。

006昨日辺りから気温がグッと上がって、雪も柔らかくなったので、アスファルトに雪を撒こうキャンペーン実施中。

みるみる溶けて行くので楽しいです。

でも、一時間もすると腕がプルプルして来て仕事にならないので、程よいところで止めるのがポイント。

昨日は調子に乗って街道沿いに聳え立っている塊をハンマーでガシガシ割って崩しました。

道行くドライバーに驚かれ、近所の方に褒められ、もう完全に男気が宿り、女一人でもどんなコトだって成し遂げられる感が漂っていたかと思われます。

カッコいいのか悪いのか。

005
そして、前回の大雪から2週間近く経つと言うのに、工房前は未だこんな感じなのです(泣)。

雪が固くて作業する気ナッシングです。

自転車は完全に埋っているし。

今週降ると言われている雨に期待しよっと。

最近は4月に予定している展示会に向けて、いくつか新しいデザインに励んでいます。

今回はシンプルなものになると思いますので、楽しみにしていて下さい。

余談ですが、先日たまたまビートたけし氏の「浅草キッド」の動画を目にしたのですが、すごく、ものすごく親近感を抱きました。

私はこの人を絶対に知っている、という不思議な感覚。

しばらく考えて・・・あ、父親に似てるんだ、と思った。

顔が、とかそういう具体的なことでは無くて、空気感が、なのかな。

父はしっかりした顔立ちで、強いて言うとショーン・コネリーに似ています。

というのはウソですが、でもまあそんなちょっと洋風な感じ。

母は敢えて言うならばソフィア・ローレンっぽくて、まぁこれもウソなんですが、とりあえず姉弟どちらも両親に全く似ていません。

時々そっくりな親子を見かけますが、ああいうのってすごく微笑ましいですね。

私は父の声が大きい、という部分がそっくりで、そこが似るってなぁ・・・と雪を見ながら複雑な今日この頃。

声が大きい人ってイイ人なんだって。(これもウソかも(笑)

春、早く来ないかなー。

より以前の記事一覧