ペット

2014年10月31日 (金)

ユニ、4歳

朝晩、随分冷え込むようになりました。

きょーふの冬がやって来る気配を感じつつ、その前に紅葉を満喫しよっと。

毎日毎日変わらず忙しいのですが、気分転換もするようにはしています。

淡々と変わらぬ日々を繰り返すことも好きなのですが、そんな合間の非日常も心の栄養なんだな。

日課となっているユニの散歩も、運動不足、気分のリフレッシュ、という意味で大切な時間。

裏山をテクテク歩いていると、気持ちがドーンと広くなるのです。

色んな感情を解放させて、リセットしています。

静かに淡々と暮らしていても、感情というものは湧いては消えて、そしてまた湧いて。泡のようにポコポコと心を揺さぶります。

様々なことに想いを巡らせて、考えなくても良いことも考えたりしながら、やはりストレスフリーというわけには行かない毎日。

で、考えなくても良いこと、というのが大事なポイントなのですが、そういう時間は実に勿体ないな、と。

限られた時間の中で、大切なことってもっとたくさんあるよなーってお風呂で読んだ銀色夏生さんのエッセイでまたふと気付かされたわけです。

この人の芯の強さは本当に素敵だな。昔っから全然ぶれない心持ち。

時間と言えば、「モモ」という物語が本棚に眠ったまま実はまだ一度も読めていないので、それにも強くお呼ばれしている感じです。

読書の秋、次はこの一冊にしよっと。

Dsc_1723さてさて、我が家の娘っ子、ユニが先日4歳になりました。

気が弱いなりにも、玄関では番犬の使命を全うし、我が家では変わらずかけがえの無い存在です。

ほんとーに、ものすごーく甘えん坊で、一途な感じに癒されます。

動物の想いの寄せ方ってスゴイなぁ。

人がこんな風に誰かを想ったら、家族であろうと、恋人であろうと、ちょっと気持ち悪がられる域だと思うんですけどね(笑)

人と人には心地よい距離感というのはあるのでしょうが、動物だとその距離が無くても気持ち悪くないから不思議だな。どこまでもピュアだからなのかな。

ただ単におやつが欲しいとか、そういう欲以外の何物でも無い感じの時も、シンプル過ぎて笑ってしまうし。

ここ数か月の世のユニの可愛がり方が尋常ではありません(笑)

そのくせ、夕方のお散歩は何度も言わないと行きません。

叱られて行くってさ、誰も気持ちよく無いと思うんですけどね。ありがちな、お世話嫌い男子。

男子って、ホント、勝手。

ユニ、世ちゃんに振り回されつつ、5歳に向かって楽しく生きて行くんだよ。

2013年11月 1日 (金)

ユニ、3歳

11月1日です。

何かしら良い一日にしたい気分です。

ここ数ヶ月自分でも気付かぬうちに頑張りすぎていたことがあったようで、まるで鎧を着ていたかのように自分自身に居心地が悪かったのですが、ふとその鎧がパカーンと割れて、身も心も楽ちんになった今日この頃。

うーん、何か疲れてたかも。色々(笑)

でも、一旦全部リセットして、年末に向けて身軽に行きたいと思いまーす。

自然に、自由に。いつも通りに。

こういう気持ちの切り替えがサッと出来るのは、自分でも中々男らしいな、と思います。

今後のキーワードは「作意」です。

先日行った真木テキスタイルスタジオでの小林和人さんの「あたらしい日用品」がテーマのお話し会。

その時聞いた内容が、色々頭の中を駆け巡っています。

思った通りの素敵な人でした。

まだ上手く整理出来ていないのですが、心の中に留まっている色んな言葉をゆっくり消化して、今後の自分の制作活動の糧にしたいと思っています。

無心に、無作意に、新たに良いモノを作りたいです。

010_4さて、我が家のユニ姫。

先日3歳のお誕生日を迎えました。

犬の3歳はもうだいぶ大人な感じらしいのですが、ぜんっぜん、ちっともオトナじゃない気がしますね。

散歩中、郵便局とかコンビニに1分繋いで待たせるだけで、ギャンギャン吠えて悲しんでいます。

私が居ないと生きて行けない感がものすごい。

そんな甘えん坊なユニにも、イケメンの彼氏が居ます。

1歳年上のピース君です。

世の空手の送り迎えの時にちょっとだけ会える大好きなピース君。

会うと大喜びでジャレてはしゃいで、そしてすぐに疲れてこうなります。

ユニは気分屋で、時々知らん振りしたり、ものすごくしつこく飛び掛ったりで、ピース君はとても振り回されていますが、それでもいつも大らかで、気持ちにブレが無くカッコイイです。

ユニが我が家に来て3年弱ですが、まだそれだけだったかな、と思わせるほどの存在感です。

世はユニが居ないと眠れません。

ユニ、お誕生日おめでとう。4歳ではもうちょっとオトナになってね。

2013年5月 2日 (木)

春のユニっぺ

もう5月。早い早い。

今日明日と青梅では大きなお祭りがあります。

明日辺り家族で出掛ける予定。

世はまた射的やくじ引きで散財するんだろうな・・・。私はお囃子に参加している同級生にアチコチで会うのが楽しみ。

みんなの勇姿を称えに行きます。

さて、春のユニっぺ。

007_2裏山でのお散歩がとても気持ちイイです。

新緑のまぶしいこと。

どこもかしこもキラキラしています。

行くと必ず水に入りたがる世と、水が大の苦手のユニ。

世がクッキーで釣って向こう岸に渡らせようとするのですが、そこで子供と犬の駆け引きが延々と続くのです。

でも食いしん坊のユニがいつも負けます。

ビビリながら小川を渡る姿が面白い。

003_3そして最近はお庭での日向ぼっこが日課。

気持ち良さそうに寝そべっています。

このところ、甘えん坊と臆病に拍車が掛かったような気がする・・・。

この前も散歩中に猫にキーッっとやられて凹んでました。

追いかけるくせに、すぐ負ける。

弱い・・・。

弱すぎるユニ。

玄関では相変わらず番犬の使命なのか、臆病なのか、とにかく激吠えです。

セキュリティー対策としてはバッチリなのですが、昨日もせっかく立ち寄ってくれたテディベア作家の外間さんご夫妻とパオリーナちゃんにも猛烈な攻撃を・・・。

全然ゆっくりして頂けず、本当に申し訳無かったです。

人懐っこいパオちゃん、小声でワンワンと吠えて応戦してたのが可愛かった。

怖い・・・。

怖すぎるユニ。

008_3普段はとにかく甘えん坊で、私の言う事を必死に理解しようとして見つめるその瞳は何とも健気なのですが。

こんなに可愛い顔で見つめられちゃうとね、お母ちゃんはどうしたって甘やかしてしまうのさ。

私達とのコミュニケーションはバッチリで、会話も結構通じるし、イタズラも全く無くて楽チン。

でも、でも、玄関だけは譲れない・・・。

ユニ、乙女心と春の空は複雑だわね(秋だっけ?)。

2012年10月29日 (月)

2歳は大人か子供か

ここ数日、朝晩はぐ~んと冷え込むようになりました。

夜はかじかんだ手でパソコン打ったりしてます。

先日の青空市、無事に終了しました。

二日目は雨がかなり降ったり止んだりで会場の人出もポツポツと言う感じでしたが、出店者同士の貴重なミーティングタイムに。

まぁ雑談でもありますが、繋がりってこういう時間に生まれるのよね、と思いました。

暇って大事だな、と(笑)

寒い寒い、と小刻みに動きながら、温かいお茶を手ですっぽりと包みながら、前向きな事話して、でも時々投げやりな事も言ったりするけど、みんなで受け止めて流して(笑)

自分に足りないもの、これからの活動の仕方、などなど色々考える良い機会でした。

たまたま見たドラマのセリフで、「無条件に悪い事も悲しい事もない」っていうのを思い出しました。

意味があってそうなっているから、そこから逃げなければ答えは与えられて、何もかもが次に繋がって行ってる。

みんなと話していると、そんなことを確認し合えるので感謝です。

013話は変わりまして我が家のユニっぺ。

2歳になりました。人間で言うと23歳位だそうです。

どんな気分なのかな・・・23歳の犬は。

今年もリボンを付けて過ごしました。

去年のよりちょっと大人っぽく。

アレコレ試みましたが、やはり玄関で吠えると言う任務を怠らず、しかもまぁまぁ大きいものですから、カワイイ~と言ってもらえることは皆無です(笑)

そんなのお構い無しでゴーイングマイウェイな彼女。

顔色を伺うのは私に対してだけ。

そんな存在はどーしたって可愛がってしまうのです。

抱っこして寝転がると、ふわ~っと眠たくなります。

心から癒されてます。

犬は3歳くらいになると落ち着く、って聞きますが、2歳という微妙なお年頃。

どんな風に大人の階段を上るのかな。

さぁ生きるんだ、ユニ。毎日楽しく。

2012年9月23日 (日)

気まぐれ娘

雨の日曜日。

世が「宝探しをやろうよ」と誘って来るんですが、微妙にやりたくない・・・。

でも無理やりボールを二個隠す羽目に。

今、隠したところ。ふっ、分かるかなぁ・・・。

靴の中と、カバーを掛けたガラスケースの中。

147さてこちら、うちの気まぐれユニ姫。

色んなわんちゃんに接してみて、というか1年半以上暮らしてみて、この子は相当おとなしいタイプなんだと分かった。

普段は、うんともすんとも言わず、このお気に入りのハウスの中でひたすらのんびり寝ています。

豹変するのはお客様が来た時くらい。

私が仕事をしている時は、空気を読んでず~っとこんな感じ。

遊んで、遊んで、って催促は一度もしたことないなぁ。

玄関の靴や家のものをかじって破壊したことも一度もなし。

盗み食いもなし。

厳しく教えたことは一度も無いのに、3ヶ月の時から与えられたおもちゃと食べ物以外は絶対に手を出さない。

素晴らしく手が掛からない子です。

いつも暇な時はこのポーズ。

ダラーっと伸びて、”あ~暇・・・”

外に出ると少し興奮してはしゃぐんですが、基本的に人見知り。

家族以外に興味なし・・・。

でも、お客様の中で時々ツボな方が居て、そんな時は積極的に甘える。

そのポイントが私にも良く分からない。

犬好きな人が好き、ってわけでも無くて、男女で言えば男性が好きなのかな。

多分物静かなタイプの男性がお好み。

その辺の乙女心も何だか不思議な感じ。

151基本、私と世のことは大好きで、その真っ直ぐな愛は受け止めきれない程熱いのですが、遊びに来た友達やお客様を見ている限り、相当接し方に苦労しているので申し訳ないです。

あなたになんて興味な~い、って顔。

こんな顔されると構いたくなるけど、唸られるから近寄れないし・・・。

気まぐれ娘、皆さんを困惑させております。

宝探し、靴に隠したボールだけまだ見つからず(笑)

今日は足元が冷えるなぁ。

2012年2月19日 (日)

ユニに注意

Photo 工房の入り口にこんなものを貼りました。

犬に注意

「ユニです。驚かせてごめんなさい・・・」

ちょっぴり臆病なので吠えてしまいます。気をつけてお入り下さい。

何とも仰々しいメッセージ(笑)

石段を上がってくる方にはとにかく激吠えするので、このシールで一応お知らせを。

ほら、シールの向こうでこっちを見てる、見てるよ~。

私が静止するので噛んだりはしないのですが、とにかく追い返そうと必死に吠えます。

普段おとなしいユニですが、このときばかりは言うことを聞きません。

だいたいの方は怯まずに「はいはい~」なんて言って入って来てくれるのですが、世の中犬嫌いの方もいらっしゃいますのでね。

困ったもんです。

これは我が家に来た3ヶ月のオチビの頃からなので、トラウマとかそういうことでは無くて、何かこう本能と言うか・・・家族を守るという使命感から来ているような気がするのですが。

じっくり教えてしつけて行こうと試行錯誤中です。

Uniでも一度家の中に入って頂くと、急にプシューッと鎮火してこんなふうにキュートな顔に戻ります。

床に寝そべって、ウンともスンとも言わなくなります。

なので、御用のある方はどしどし家の中に上がって頂くのがポイント。

Sei_and_uni 世とはまるで兄妹のように仲良し。

世が必死にあれこれ教え込みます。

多分、同等位にしか思われていないのでしょーが、お散歩に行ったり、ご飯をあげたり、お世話する回数が増えるごとに世にも敬意を払っている気がします。

がんばれ、お兄ちゃん。

と言うわけで、工房にお越し頂くのに注意事項があるなんてのは大変申し訳ないのですが、ユニには御用心下さい。

因みに、3回会えば覚えて吠えません(笑)

2012年1月21日 (土)

雪の森

さみぃ・・・。

昨日は良く降りましたね。

お勤めなどで出掛けなければならない方は大変だったかと思います。

私もどんなことがあっても一日二回、必ず外に出なければなりません。

ユニ姫・・・あなたのために。

003_2 ん?と振り返るユニ。

森での散歩はいつもこんな風に、少しタッタカ行っては、ん?と振り返ります。

臆病だから(笑)。お母ちゃん、来てる?って確認します。

001この日課は、雨でも雪でも関係なし。

毎朝のこの森での散歩の時間で、気持ちはスッとなります。

だーれも居なくて、聞こえてくるのは鳥の声、川の水音、そしてユニの鈴の音だけ。

その中をてくてくと無心になって歩きます。

自分自身を浄化する時間。

時々木に触れながら、高い空を見上げながら、ふと”ありがとう”って思います。

自然の恵に。

この場所に居る自分の存在が、何とも満たされているような、守られているような、生かされているような。

自然はスゴイです。ホントに。

ユニがうちに来なかったら、散歩なんてしなかっただろうな。

毎日変わらず朝晩歩くこの時間が、自分にとって大きな恵をもたらしてくれていることに感謝。

006昨日のあの寒い雪の中、我が家にケーブルテレビの皆さんが取材に来てくれました。

レポーターの比嘉さん、超キュート。

007

番組中5分ほどのコーナーだそうですが、3時間近く掛かって色々撮ってくれました。

大変なお仕事ですね。

放送日等詳細はまた追ってお知らせします。

西多摩地区限定ですが、機会があったら是非ご覧下さい。

2011年10月29日 (土)

ユニの誕生日

013ユニが1歳になりました。

めでたいのでリボンでおめかしして過ごしました。

とても健康で、食いしん坊で、ちょっと臆病で、甘えん坊。

良い子に育ってる、と思ってる。

犬を飼うと、毎日の散歩が大変で(面倒で)、お出掛けも旅行もままならないけど、それよりもう~んと大きな何かを我が家にもたらしてくれているユニ。

Photo_3 ユニとの縁に感謝です。

うちに来てくれてありがとう。

また一つ、一緒に年を重ねましょ。

2011年9月26日 (月)

ロクちゃんとの再会

朝晩めっきり冷え込んで、私は既に晩秋の装いです。

ここは川も近いし、街中と比べても若干気温が低いのかも知れません。

山の木々も何となく秋モードになって来ました。

紅葉が楽しみですmaple

この3連休中に用事があって出掛けた先が、ユニの妹(6匹兄弟姉妹の末っ子ちゃん)のロクちゃん家の近くだったので、急遽連絡を取って会いに行ってきました。

017 見てください。このそっくり加減を(笑)

横顔なんて全く同じでした。

が、しかし、意外な展開が・・・。

二匹とも、全くジャレたり遊んだりせず。

最初の御対面からかなり警戒し合って唸りかけてたんですが、しばらく匂いを嗅いで・・・で、やっぱり警戒モード。

とにかく近寄ろうとしない二匹。

接触するとケンカになりそうに。

のん君との再会と全く違うので、みんなで「え~っ!なんで~っ!」と。

どちらかと言うとロクちゃんの方が側に来ようとしてくれるのですが、何せビビリのユニが消極的な感じで。023

ロクちゃんはユニより一回り小さくて、小柄な美人さん。

キリッとお利口そうなお顔です。

ユニの方がちょっとポワンとのんびり屋さん、という感じに見えました。

とにかく始終弱気モードで、目じりが若干下がり気味(笑)

姉妹でもこういうことってあるんですね。

「女同士の気難しさかしら・・・」と笑いながら話してましたが。

ロクちゃんファミリーの皆さん、お忙しい中お時間を作ってくださり、本当にありがとうございました。

とても明るく賑やかな環境で、ロクちゃんとっても幸せそうでした。

今回にめげず、次回は青梅で~と約束してお別れしました。

茅ヶ崎では会うとじゃれ合うお友達も居たのですが、この近所では中々見つからず、散歩の途中であちこちからワンワン吠えられて若干めげてるユニ。

だからロクちゃんとはきっと久々の楽しい時間だぞ~と思っていたのに予想と違いました。

不思議なものです。

さてさて、工房も随分作業がしやすくなったので、やっと仕事が始められます。

念願の大きな作業テーブルがど~んと鎮座しています。

これで革の裁断もよりスムーズに。嬉しい・・・。

徐々に頑張ります。

2011年8月 6日 (土)

ユニの夏

あ~暑い。暑い。暑い。

でも、この位はまだ大丈夫。

引越し、どんどん迫ってるんですが、荷造りに一向に取り掛かれず。

直前にドタバタというのは、いつものパターンです。

008 最近あまり登場していないユニ姫です。

大きくなりました。

今17㌔位かな。

うちに来たときは3ヶ月で8㌔だったから、現在半年経って体重は倍以上になりました。

大型犬好きだから、もうちょっと大きくなっても良いんだぞ、ユニ。

021 ユニは私のことがもれなく大好きで、とびきり懐いているのですが、そのことに嫉妬する世。

「ユニはちっともオレの方に来てくれない」と。

来てくれないなら行くしかないので、こうやって自分のTシャツに入れちゃう程の溺愛振り(笑)

ユニが大好きheart

でも、その愛情表現がユニにはちょっと迷惑な感じが・・・。

かじってる骨を隠す、プロレスする、抱っこして落とす(もともと抱っこ出来てないので、落ちるほどの距離じゃないですけどね)。

確実にユニは喜んでませんが、兄妹ゲンカのような、何かイイなぁ~という光景。

ま、いつか噛まれるんじゃないかな・・・とか思いますけど。

ユニ、よく怒らないな・・・という扱い(笑)

006最近のユニの活動といたしましては、

先月の展示会の時に、ユニを譲ってくれたAさんがわざわざ千葉から彼女と一緒に遊びに来てくれました。

半年振りの再会。

ユニ、ちゃ~んと覚えてました!

会った瞬間、嬉ションしちゃってsweat01

どんだけ嬉しかったがわかりますね~。

犬って、決してご恩を忘れないのね・・・って感動した瞬間でした。

もうフンフン言っちゃって、ものすごい甘えよう。

可愛いぞ、ユニ。

016 でもって、”ホームセンターでカートに乗る”の巻。

ご、ごわい!高いとこ、無理!

ブルブル、ブルブル、ハァハァ、ハァハァ・・・。

ユニ、笑ってごめんね。

車もあんまり好きじゃないし、乗り物はちょっと苦手だね。

因みに、右端の派手なアロハ、母です。

先日のひみつの嵐ちゃんの松潤のアロハと被ってて、ちょっと嬉しい気もしますが。

母が着てると何かちょっと・・・。違うな。

022 おねだりは、いつものこと。

枝豆、種なし葡萄、スイカ、夏の味覚大好き。

「ん?お母ちゃん枝豆食べてんの?」

「ちょっとちょ~お~だい」

私「ダメ。ユニのは無いよ」

「一個、ちょ~お~だい」023

くぅ~。カワイイぞ。

二個あげる。

この上目遣いが好き。

お耳は、私の好みに反してばっちりピンと立ちましたが、それも何か似合って来ましたね。

でも、リラックスしたり、へこたれたりすると垂れるから、それもまた面白いのですが。

先月から、友人なっちゃんが訓練師の試験があるため、ユニをトレーニングしてくれてます。

ユニは、なっちゃんの愛情をすぐにキャッチして、早速懐いて頑張ってます。

あと2回訓練があるので、その様子はまたお知らせしますね。

というわけで、一気にユニ通信でした。

より以前の記事一覧