« 2015年6月 | トップページ

2015年7月

2015年7月 1日 (水)

つづく

7月1日。

今日でWaldwegは6周年を迎えました。

早いものです。

月日の過ぎゆくのがこんなに早く感じるのは、忙しいからなのかな。

パソコンの前にゆっくり座るのも久しぶりな気がします。

左腕を痛めたようで、上にあげるのが辛いです。

車のギアチェンジとかちょっと大変です。

少し酷使し過ぎているのかも知れません。右手も怖いです(笑)

でも、机の上に並んでいくサンダル。積み上げられた配送待ちの荷物。

見ていてシアワセだな、と感じるのです。

始めたばかりの頃はこんな日が来るなんて夢にも思わず、見切り発進みたいなところもあったので。

それでも不安はなくなりません。今も昔も。

未熟な自分はずっと変わらず、何かを取得してもまた何かが足りないことに気付き、超えればまた現れる課題、課題、課題。

でもやはり続けて来た時の積み重ねを、ただ大切にしようと思っています。

これからもずっと続けて、それを糧により良いものを作りたいです。

突然ですが、今回を最後にブログはお休みしようと思います。

一番の理由は忙しくてなかなか更新出来ないから、だったりするのですが(笑)

そろそろ新しいステージに進もうかな、と思ったのです。

つらつら、思ったことや近況を何となく綴っていたわけですが、読んで下さっていた皆さん、本当にありがとうございました。

ブランドの立ち上げとほぼ同時に始めたので、約6年。

最初は息子の育児記録と私の仕事のことをちょこっと報告出来れば、なんて思っていたのですが、ちびっ子だった世も今や6年生。

ブログにオレのことを書くな、という指令も出て(笑)、母さんちょっぴり淋しいです。

でも、それも頼もしいのですね。重い荷物も持ってくれるし、いざという時、サッと助けてくれるので。

大きくなりました、ホントに。と言うわけで、彼は元気です。

私もこの半年、自身のことを振り返る機会が多く、さてどんな風に、どこに向かって生きて行こうかな、と考え続けていました。

考えても答の出ないこともあるし、流れるように自然体で居たいとも思っています。

でも、大切にしていること、自分の芯みたいなもの、それだけはちゃんと見つめていたいな、と。

私が大切にしているのは、とてもとても小さな世界です。

この両手をこう・・・こうして、その中にそっと入るくらいの。

指の隙間から零れ落ちてしまうことはもう仕方のないこととして、今、この手の中にある儚いけれど確かな存在を一生懸命大切に生きて行きたいです。

隣で一緒に歩む人が、いつも笑顔で満たされて居て欲しい。

一番近くにいる人が、いつもシアワセで居て欲しい。

今作っている一足に、いっぱいの気持ちを向けていたい。

そして、その先に皆さんが居て、これから作るたくさんの靴があるということ。

小さなことが全てに繋がるということ。

小さな家でも、おかずの品数が少なくても(笑)、クローゼットの中の服がそんなに無くても、家族が手を繋いで笑っているならば、それだけでイイ。お腹いっぱいです。

そんな簡単なことでした。

その為には、自分で自分をシアワセにしないと、とも思うのです。

これはですね、意外と簡単じゃあないのですよ。

だからこの先も人生はずっと続くんだと思います。

人生は長いな、と最近しみじみと思います。

きっとまだ半分しか生きていない。あと半分、小さな世界をどこまで満たせるだろうか。

これから、色んなことが起きそうです。

仕事のスケジュールはHPにてきちんとお伝えして行きますので、どうぞよろしくお願いします。

http://waldweg.jp

新たな試みも出来たらイイな、と思ってます。

プライベートも楽しいことをちょこちょこ挟みながら、ケンカしたり、怒ったり、泣いたり、笑ったり、何かそんなです(笑)

相変わらず幼稚で、忙しなくて。

とにかく、皆さんも私も人生はまだまだ続いて行きます。ずーっと、ずっと。

またいつか新しいページでお会いできますように。

長い間ほんとうにありがとうございました。

                                                                            はせがわ りょうこ

Img_1570_2_2

 

« 2015年6月 | トップページ