« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月23日 (火)

藍の革

秋晴れです。

またまたパソコンの調子が悪くてすっかりご無沙汰していました。

早く新しいのを買いたいなぁ。

夏真っ盛りの頃からコツコツ進めていたコラボ作品のご報告を。

同じ青梅のご近所にある藍染工房「壺草苑」さん。

http://www.kosoen-tennenai.com/

今回"素材の研究"ということで、今月初旬に開催された「rooms29」という展示会に並ぶ参考商品として藍染の革の小物のお話を頂きました。

Dsc_1682_2布の藍染は良く目にしますが、革の藍染というのは初めて。

壺草苑さんの藍染は、天然成分100%、化学薬品を一切使用せず、時間と手間暇をたくさん、たくさん掛けて、愛情たっぷりに染められています。

藍染、と聞いただけで天然のものと安易に思ってしまいますが、この100%天然成分のみ、という手法で染められているのは全国でも数%だけとのことです。

革も同じですが、化学の力を借りて染めたほうが、早いし、コストも掛からないし、色もバラエティー豊かなのです。

天然のタンニン鞣し、化学系のクロム鞣し、そしてそのミックス。

藍染も同じで、天然藍、インディゴを使用したもの、そしてそのミックス。

もちろん好みやこだわり、価格など使う方がそれぞれの楽しみ方で選ばれる事だと思いますが、私もやはり天然のタンニン鞣しの革のみを好んで使用しています。

手にした時の心地良さとか、風合い、そして経年変化によって深まる味わい。

天然のモノと言うのは、本当にあるがままで、環境や時間に対しての抵抗が無いな、と感じます。

色も変わって行くし、雑に扱えばそのまま劣化して行くし、大切にすればちゃんと応えてくれる。

シンプルなことですよねぇ。

藍染も、色の深みを出すためにも、何度も何度も同じ作業を繰り返し、加減や頃合いを見極めつつ、と同時に仕上がった自然な様をそのまま受け入れ、作品が仕上がっていきます。

Dsc_1633深い蒼に染まった職人さんの手や爪から、身体に染み込んで行く藍と真っ直ぐに向き合っているのだな、と感じました。

実際、藍は身体にも良いそうで、この職に就いてから一度も風邪を引いていないと話してくれました。

工房側の畑では、藍染に使用した液を肥料として蒔いて野菜を育てているそうです。

素晴らしい循環ですね。

Dsc_1684今回の展示会では、いつもの布に加えて、和紙、木、貝、ガラス、革のサンプルが並んでいました。

木はとマットに深く染まり、反対に貝やガラスの淡い水色も素敵でした。

革は、染まり上がった濡れた状態からお預かりして、乾燥とオイリングを様子を見ながら色々と試行錯誤を重ねました。

適度な柔らかさを残しつつ、オイリー感が出ないように、向いている革、そうで無いものを見つけつつ、の道のりでした。

Dsc_1652_2扱っていくうちに私の中にも育てていく喜びや愛情が湧いて来て、もっともっと良くなればな、と思い続けました。

まだまだ改善の余地はあるし、こうして革に向き合う機会を与えてくれた壺草苑さんに感謝しています。

藍染の革、良い方向に向かえるよう頑張りたいです。

2014年9月10日 (水)

11歳

何だかんだで随分日が経ってしまったのですが、世の誕生日の記録を。

今回はどしても上手くアップ出来ないので、写真が無くてごめんなさい。

先月末に11歳になりました。

母としての悩みは年々増えているような気がします(笑)。

幼い頃は、比較的手の掛からない子だったので、ここ数年の気難しさに母さんはかなり気を揉んでいます。

でも、どうやら普通のことみたいですね。

反抗期とか、親離れとか、自立心とか、少し早めに、まあ年相応なのだと思います。

泣いて駄々をこねて私を困らせるとか、言っても聞かない、ということが無かったせいか、今年の夏休みの言うこと聞かない加減には、しばし黄昏れました。

小さい頃はかわいかったな・・・ って。

全世界のお母さんがそう思うんだろうな。

でも、何だかんだで今目の前に居るその存在と必死に向き合って、しっかり自分の力で生きていけるよう、その幸せを願ったりするわけです。

今、今、今。将来を考えつつの今に追われる。子育てってホントそれに尽きますね。

そのうち「この前まで小学生だったのに、もう二十歳じゃないの!」とか言ってそうです。

前回も書きましたが、誕生日当日はラフティングに出掛けました。

あいにくの雨。でも、川の水が多くて、日焼けもしないしラッキー、ってことで。

絶対好きだろうな、と予想していたら、案の定大興奮の一日でした。

6人乗りなので、同じボートになった社会人4人組さんが、それはそれは愉快な仲間たちで、誕生日のことを話したら、インストラクターのようへいさんも含めて大いに盛り上げてくれました。

願いが叶う橋とか、お金持ちになる滝とか、そういうちょっとした嘘ッこスポットを通り抜けながら、緩やかだったり急だったりする流れをみんなで力を合わせて下りました。

何が嫌って、お約束の川に落とされることですよ。

水温、めちゃくちゃ低かったですからね。終始唇が紫色でしたよ。

必死にボートに戻る私の横で、ゲラゲラ、ニコニコ泳ぐ世を見て、ホントに水が好きなんだな・・・と関心しました。

とにかく川遊びが大好きで、6mの岩からもぴょんぴょん飛び込みます。

魚を見ると興奮するそうです(笑)そう言えば、世は動物に例えるとイルカに似てるな、と思う。

見た目も性格も何となく。

夜はチラシ寿司と唐揚げと、11本のロウソクを立てたケーキで和やかなお誕生会を。

胸に深く刻まれた一日だったらイイな、と思いました。

私が一番ジーンとしてたりなんかして。

料理と、川遊びと、サッカーと、ゲームとマンガが大好きで、勉強と早起きが大嫌いな11歳。

未来をどんな風に導いてあげたら良いのか、と真剣に悩んだりもしますが、私がすべきことなんてきっと無いのだろうな・・・と気付く今日この頃。

焦らず、どっしり構えてあげられたらと思いつつ、空回りして、逆に頼ってばかりです。

ずいぶん大きくなったんだな。

これからもっともっと大きくなるんだろうから、それは純粋に楽しみだな。

ってことにします(笑)

2014年9月 3日 (水)

9月の営業のお知らせ

昨日は久しぶりの快晴でしたね。大物の洗濯をしたりなんかして。

残暑がまだ続くようです、なんて言っても空気はすっかり秋の気配で、作業もはかどっています。

先日、世が11歳の誕生日を迎えて、今年こそモノではなくて経験を贈るぞ、と張り切って親子でラフティングに出掛けました。

多摩川をあんな風に眺めたのは43歳にして初めてで、11歳の小学生と同じくらい感動したのでした。

このお話はまた後日改めて。

とにかく愉快な一日でした。

Dsc_1601_2パソコンを新調するのはしばらく先になりそうなので、今、一生懸命写真をアップする方法を試みています。

こちらは練習に、夏のカフェの一コマ。

この抹茶オレが飛びっきり美味しかったのです。抹茶師匠が淹れてくれたので。

暑い日差しに、冷たいミルクジェラートとホットの抹茶オレ。ナイスチョイス。

ゆっくり時間が流れて行く、ってなんて心豊かになれるんだろう。

そんな時間の傍らで、8月はやはり色々と慌ただしく過ぎて行きましたが、9月もまた忙しくなる予感です。

今のところ確定しているお休みは

6日(土)

13日(土)

16日(火)、17日(水)

23日(火)

28日(日)

となっています。

28日は奥多摩にあるレンタサイクル「トレックリング」さんの、サイクリングをしながら作家の工房を訪ねる、という企画に参加します。

工房の素敵な写真もたくさん掲載してくれてました。

http://trekkling.blogspot.jp/

奥多摩から遥々サイクリングで参加者の皆さんがWaldwegの工房まで来て下さって、作業風景を見て頂きながらあれこれお話します。

どんなことを話そうかな。

恐らく時期的にプレーンシューズの制作中なので、吊り込み作業をご覧いただく感じになりそうです。

申し込みは18日までだそうなので、興味のある方は是非。

秋のサイクリング、きっと気持ちイイですよ。

私も今年こそは3年以上乗ってない(笑)コギーで出掛けてみようと思ってます。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »