« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月22日 (日)

Navy or Navy not

梅雨らしくない暑い日が続いていましたが、今日は優しい雨が降っています。

工房も快適です。

毎日、毎日忙しく作業しています。

作業の合間に引き続き注文も頂いていて、本当にありがたいな・・・と感謝しつつ、いよいよ体力勝負な夏になって来そうな予感です。

007今年はネイビーの注文がとても多いです。

只今4足同時進行中。

ご夫婦お揃いでネイビー×2。

仲良し、素敵ですね。

紺色がとても好きです。

イメージで言うと深海とか深みが一番増す夜明け前の空の色。

奥深さとその先にある希望を感じるような色。

上手に身に付ける人はとても魅力的に感じます。

とても落ち着きを感じさせる色ですが、ステッチや組み合わせるお洋服に遊びを持って来ると印象も変わって楽しいですね。

紺×黒×白とかも素敵だな、と思う。

私も今年は積極的に身に付けたいな。

昨日は夏至で、そんでもって夜明け前でふと思い出しました。

夏だから、早起きしたいな。生活のペースを変えて、夜の作業を朝に持ってくるようにしようと思ってます。

たった一人で静かに過ごす時間を大切にしたいです。

心の奥の、そのまた奥の、その深い部分に置き去りにした言葉を拾いに行く作業。

それを忘れてしまうと、時々道に迷ったりします。

今向かっているところは正しいのか、本当にそうしたいのか、私はちゃんと、私か。

そういったことを考える時間を忙しさを理由に忘れていた気がして、夜明け前の暗闇から作業をしたら、また大切なものを取り戻せるかな。

見つめ直すことが盛りだくさんな今日この頃。

夜明け前に似合う曲はなんだろな。

2014年6月 9日 (月)

6月の営業のお知らせ

002急な土砂降り。

入梅してから空はいつも厚く重い雲に覆われて、ここ青梅は毎日本当に良く降ります。

外に出るのが何だか億劫になりますが、窓から眺める草木の瑞々しさに少しだけホッとします。

作業も捗りそうです。

今月はずーっと工房に篭もります。

梅雨が明けたら皆さんの足元が急に軽くなるから、その頃に間に合うように、と。

今月のお休みは

14日(土)

19日(木)、21日(土)

26日(木)、28日(土)、29日(日)

となります。

急な外出もありますので、事前にお電話頂けると確実です。

よろしくお願いします。

雷と雨の音が怖くて、ユニが膝から降りてくれません・・・(笑)

重い。

「雨の歌」と言うブラームスの曲。普段クラシックってあまり聴かないんですが、工房の薄暗さと相まって古い映画の中にいるような気分になって、たまにはイイかも、と思いながら手を動かしてます。

この動画のカシャカシャーっとした感じが好き。

2014年6月 4日 (水)

「なかとそと」展を終えて

ご無沙汰しておりましたっ。

明日からお天気下り坂のようですね。入梅、もうそろそろかなぁ・・・。

「なかとそと」展 in 吉祥寺、無事に終了いたしました。

021会期中はずっとお天気にも恵まれ、しかもどちらかと言うと連日の猛暑で、駅からの道のりも大変だったと思いますが、たくさんの方にお越し頂きました。

本当にありがとうございました。

毎日は在廊出来なかったのでお会いできなかった方も居て残念でしたが、遠方の友達も多く訪ねてくれたりしてとても嬉しかったです。

20年、25年ぶりとかいう友達も居て、でも会った瞬間思い出したりするから不思議ですね。

024ギャラリーはショップや飲食店が立ち並ぶ中道通り沿いなのでふらりと立ち寄って下さる方も多く、とにかく様々な方に見て、知ってもらうという点ではとても有意義な展示でした。

反省も今後の課題もたくさんあって、様々な視点からアドバイスを貰えたことも大きかったです。

それらを温めつつ、また次回へと繋げて行きたいと思っています。

今回4人の仲間で様々な意見を交換しつつ、役割を分担しつつ、時間を掛けて作り上げた展示。

銅版造形の持田史人さん、ステンドグラスの簗瀬まり子さん、陶芸の遠田草子さん、みんなから様々なことを学びました。

普段は雑談ばかりであーだ、こーだ、と作家談義をしたわけでは無いのですが、搬入をしている時の静けさや、並んだ作品たち、お客様と話す様子から、他の人がどんな想いで作品を生み、向き合っているのかを私なりに感じて来ました。

当たり前のことではあるのですが、みんな本当に真剣で懸命で、どんな小さなことも見逃さず、反省したりしながら前に進んでいるのだ、と。

「とにかく続けるしかないね」「これしかないしね」って、そんなやり取りが明るくて、次は更に良くなって行くのだろうと純粋に思いました。

そして、あのドアを入ってきて下さった皆さん、お一人お一人に本当に深く感謝しています。

たくさんの方に支えられて今の自分があるのだと、改めて実感しました。

感動して泣きそうになったのは、3年越しでフラワーサンダルをオーダーして下さった方。

このお話は、また作品と共にアップしたいと思います。

001たくさんの差し入れも本当にありがとうございました。

どれもこれも美味しくて、みんな会期中太ったらしい(笑)

写真は、お菓子職人の友人からのケーキ。

翌日ティータイムにおされに頂きました。葉ちゃん、ありがとです。

さて、さてさてさて、これから8月まではひたすらサンダルを作ります。

たくさん作ります。

そして、そしてそしてそして、秋からはスリッパ、プレーンシューズ、ベビーシューズとまだまだ続きます。

大好きな制作を、想いを込めてひたすら続けられるなんて本当にシアワセです。

合間のフィッティングやお渡しで皆さんにお会いすることも励みにしつつ、毎日を丁寧に過ごしたいと思っています。

あ、最後に、こんなプロモーション動画も持田史人さんが作ってくれてたのでした。

私だけ下向いてる、ってあちこちで言われましたが、だって苦手なのです。こういうの(笑)

お時間ございましたら、どぞ。

Naka to Soto 2014 / Gallery re:tail - Kichijoji from blacknicefellow on Vimeo.

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »