« yard market vol.4 | トップページ | 11月の運勢 »

2013年10月25日 (金)

矢來町カフェ

台風接近中です。

週末はあちこちでイベントがあって、みんな落ち着かない様子。

でも、明日の午後には晴れて来るみたいなので、週末のyard marketは大丈夫そうです。

昨日、急に頭の中で”ダイドーブレンド”という言葉が浮かんで、次の瞬間に世が「ダイドーブレンドー」と叫んだのでびっくりしました。

何なんでしょうね、こういうの。親子だな・・・と思って笑ってしまいました。

しかし、何故にダイドーブレンド。缶コーヒー飲まないのに。

数日前に見たカズのCMかな。

さて、先日スリッパを納品したカフェの報告です。

026神楽坂駅から徒歩3~4分の静かな住宅街の一角にある矢來町カフェさん。

公園のすぐそばで、通りから見えるこの真っ赤なドアが目印です。

入り口はこのドアの横道を通って入るお庭側です。

021_2靴を脱いで上がるとWaldwegのスリッパがお出迎え、となります。

やわらかな陽の当たる、ほんわかした空間です。

オーナーの高根さんのお人柄そのものでした。

近所の方がのんびり寛げるように、という想いでソファ席やお一人様席なども心地良さそう。

022伺った日はとても暑くて、メニューの中から一番気になったローズソーダを頂きました。

ローズティーとか、女子力アップとか言ってたまーに飲むのですが、まぁすっごく美味しいものでもないな、なんて思っていたりもしました。

が、これはびっくり。

ものすごく美味しかったです。

バラの花びらを高根さんが自己流で甘く煮詰めて、香りも味もギュッと閉じ込めたものをソーダで割る。

予想を上回る美味しさ。バラって美味しいのね。

他のメニューも気になるものばかりで、高根さんが色々と試行錯誤しながら、身体に優しい自然素材で好奇心を満たしてくれる飲み物がたくさん。

スコーンやクッキーなど、スイーツもおススメです。

029そして、テクテク歩いて同じく矢来町にあるオーダーメイドシューズのDIMIGLIA(ディ・ミリア)さんを訪問。

神楽坂駅から数十秒です。

イタリアで修行をしてきたというオーナーの宮島さん。愛子さんの先輩です。

店内には本格的な紳士靴がずらりと並んでいました。本当にイタリアの街中の靴屋さんのよう。

宮島さん、色々教えてくれてとても有意義な時間でした。

同業の方とお話すると、グッと気持ちが引き締まります。

その後神楽坂の街を少し散策しましたが、しっとりして静かで良い所でした。

着物姿の男性が車から降りて来たり、新潮社のビルもクラシックだし、通りの真ん中で黒猫と目が合ったり。

また訪れたい街です。

« yard market vol.4 | トップページ | 11月の運勢 »

お気に入りのお店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541202/58438508

この記事へのトラックバック一覧です: 矢來町カフェ:

« yard market vol.4 | トップページ | 11月の運勢 »