« 夏の終わりに | トップページ | 食欲の秋 »

2013年9月 6日 (金)

つないだ手と手

気配がすっかり秋。

家のどこかに鈴虫やコオロギを飼っているらしく、夜になるとどこからともなく声が響きます。

同時に外からも大合唱が聞こえます。キレイな声。

夏休みの反動なのか、完全に仕事モードで、子供会の役員会と学校の保護者会をすっかりうっかり忘れてしまいました。あーあ。

でもそれなのに「風立ちぬ」は忘れず観に行ったのです(笑)。

不覚にも号泣してしまって、映画館から出るのがちょっと恥ずかしかった。

人から聞いていたのと少し違っていました。

難しくなんてなかったし、戦争の映画でもなかったし、岸田さんの言葉を借りるならば、やはり愛と情熱の物語でした。

もちろん時代背景から伝えたいこと、込められたメッセージとかは色々あったのだと思いますが。

私は純粋に、愛を感じました。

二人が手を繋ぐシーンがあるのですが、そこから伝わる愛しさと切なさが何というかこう・・・。

あんな風に描写するなんて、宮崎さんはスゴイな。

006こう思いました。

男の人は、空や海。つかみ切れない空間で必死に情熱を傾けながら形のないものを形にする。その足元は常に不安定だったとしても可能性は限りない。

そして、女性とは山であり、大地なのだと。支え、受け止め、帰る場所になるのだと。深く強さを秘めている。

性別で括るのは少し端的過ぎるかもしれませんが。

人と人には、そんな役割があるのでしょう。

そんなことを感じながら、私もまた映画のように美しく、真っ直ぐ生きて行こうと思いました。

そして、ユーミンの「ひこうき雲」はもうこの曲しかあり得ない程しっくり来ていた。

歌詞と映画の内容の一致に必然性を感じて、このタイミングで観られて本当に良かったと思いました。

おわり。

« 夏の終わりに | トップページ | 食欲の秋 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

良子さん

「風立ちぬ」はあまりにもコメントが多くて、どんな映画なのか?と、思っていました。もし私が実際に見たら、良子さんのコメントに一番近い感想を持つような予感がします。

ゆう子さん

この映画、確かに色んな感想があるんですよね。批判的なものは何でだろう?と思いました。

主人公の二人に、ゆう子さんとご主人が重なりました。
ご主人のスピーチの中の「妻のお陰です」という言葉が思い出されます。
素敵だな。
是非お二人で見て欲しい映画です。

私達に重なるかは…どうでしょう?でも、そう言って頂けるのは、嬉しいです。私の大好きな映画「ロスト イン トランスレーション」の中で、主人公が京都旅行で日本の伝統的な結婚式に出会わせ、新郎が新婦に手を差し伸べるシーンに、彼女がハッとする短いカットがあるんです。私はそれに重なりそう…。

ゆう子さん

その映画は知らないので、機会があったら観てみたいです。

風立ちぬの菜穂子は、聡明さと芯の強さが伝わって来る女性でした。
本当にお二人に重なります。

こんな感想を見ると、一気に観に行きたくなるなー。

pyonkichiさん

ホント、おススメです。
グッときます。
もう一回行きたいくらい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541202/58138162

この記事へのトラックバック一覧です: つないだ手と手:

« 夏の終わりに | トップページ | 食欲の秋 »