« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

ノスタルジック

7月ももう終わりですって。

ここ最近、あまり「なつー!」って感じじゃない気がします。

朝も涼しくて、つい寝坊がち。お昼ごはんがお菓子、みたなひどいことになってる日もたまーに。

つい先日、宮本輝さんの「錦繍」を読み返しました。

大好きな小説で、でも内容をすっかり忘れてしまって、急に読みたくなって20年ぶりくらいに再び。

やっぱり素敵。

昔の男女は、なんて美しい言葉を使ったのだろうか、と深く読み入ってしまった。

20年前と感じたことは全く違ったように思います。

この20年に通ってきた道は、この小説の節々に大きく頷けるような経験というものを通過したのかも知れない。

私は「言葉」というモノがとても好きで、その人独特の文章を書く人、語る人にとても惹かれます。

その惹かれ方は上手く説明できないのですが、結局、飾り気の無い愛情みたいなものが伝わってくると、素敵だなと思うのかな。

それはシンプルな文章ってことでは無くて、何が言いたいのか良く分からないような遠まわしで不器用なものでも、何というか・・・私なりに勝手に感じるものがあるようです。ツボがね。

と、何が言いたいのか良く分からんちんなこのブログ(笑)

そうだ、ユーミンだ。

”風立ちぬ”の公開に伴って、ラジオで”ひこうき雲”を頻繁に耳にするのですが、ユーミンは天才なのだとしみじみ思う。

002”ひこうき雲”がかかる度に、胸がキューーーーンと切なくなって、一気に中学生くらいにワープするわけです。

小6の時に友達のお姉さんからテープを借りて以来、それまで聖子ちゃんを聴いてぶりっぶりだった私の乙女心は、一気にオトナの階段を上り始めたわけです。

「守ってあげたい」なんていう歌詞は、当時うっすらと母性というものを理解し始めたのか、とにかく胸がぽわーっとしたし、西立川の駅を通過するときに掛かる”雨のステイション”は未だに何でか泣きそうになります。

想い入れのある曲が多すぎて書き切れないほど。

ユーミンを聴いて聴いて聴きまくった中学生の頃は、自分でも抱えきれないほど多感な時期だったのだな、と思います。

親友のノリしか知りませんが、ノートにポエム書いてたからね(笑)いや、多分流行ってたんですよ。確か。で、ノリに見せたら爆笑された、っていうね。ヤな思い出(笑)。笑うなっつーの。

でも、ユーミンを聴いていた時代って、すごく希望に溢れてて、毎日の色んなことがシアワセに繋がっているような気がしていました。

悲しいことも、苦しいことも、切ないこともたくさんあったけれど、だからと言って自分の未来を悲観することはなかった。

すごく素敵なことが待っているといつもいつも思っていた。

そして、そんな希望を今は持ち合わせていないのかというと、意外とそうでもないから不思議です。

ユーミンを聴くと、あの頃の気持ちも風景も一気に蘇ってしまう。音楽ってスゴイ。

ユーミンに感情を揺さぶられながら、色褪せない過去と未来を行ったり来たりしている2013年の夏です。

2013年7月20日 (土)

難しい事は抜きにして

過ごしやすい日が続いております。

ここに住んでてホントに良かった、と思える今日この頃。

さて、明日は選挙。

今回は純粋に想いを託したいと思える人が居るので、前向きな選挙。

20代の頃は選挙なんて全然興味無くて、政治なんてどうでもイイと思ってたし、世の中はなるようにしかならないし、変わらないし、と適当に考えていた。

でも、親になって、震災があって、今の自分の暮らしうんぬんでは無くて、子供の行く末を深く思慮するようになって、やっと政治というモノに目を向けるようになりました。恥ずかしながら。

たった一枚の用紙にこんなに熱い想いと共に何かを書き込むなんて、そうそうあることではないのです。

003昨日の早朝河辺駅前。

山本太郎さんが挨拶に来てました。懸命でした。

太郎さんの口から、「こどもたち」って何回も何回も繰り返されて、胸がクゥーッとなりました。

”母性”を感じたのです。

政治家って、母性が備わっている人がイイ。

女性でも無い人も居るし、男性でも豊かな人が居る。

性別は関係なく。

母性って、守り、育み、その対象に究極の愛を注げる尊いものだと思う。

政治家が国民や国に対して、母性を持ってして全てに取り組んでくれたら、進むべき道はクリアだし、未来の輪郭はより明確に見えて来る。

分かりやすい父性としてのリーダーシップとかでは無くて、守り、育み、愛すること。それをベースに。

時代は変わったのだ、と三宅洋平さんも何度も言ってる。

彼の演説、すごく胸に響きます。

2013年7月16日 (火)

7月の営業日のお知らせ

今日は涼しい!快適!

さて、今月は浅草通いが多いです。

今週、来週と二週にわたって今度は裁断のコースを受講してきます。

工房を早めにcloseする日が多いため、お越し頂く際は電話かメールにて事前にご予約頂けると幸いです。

access & contact

尚、21(日)と27(土)はお休みとなります。

よろしくお願いします。

Mens_sandal_navy_2息子ももうすぐ夏休み。

恐怖の、きょーふの夏休み。

仕事、たくさんあるんですが・・・。

サンダル、ひたすら作ってます。


2013年7月12日 (金)

梅 うめ ウメ

あづい。毎日毎日。

ひんやり涼しいのが我が家の自慢ですが、何か今年は違うな・・・。

梅の話題をいくつか。

今年は駐車場の小さな梅の木が実をたくさんつけたので、世がたくさん採ってきてくれて、梅ジュース、そしてその梅でジャムを作りました。

他にもらっきょうと新生姜も漬けちゃったりなんかして、ちょっとお料理上手の仲間入り、なんて思っていた6月。

アレンジが大好きな性分で、レシピ以外のことをちょっとだけやってしまうのがイイような悪いところ。

どっかで聞いたことある、という曖昧な感覚で、今回も梅ジュースにお酢を入れました。

確か、誰かが、どこかでやっていたんだよな。

で、仕上がりは、おいしい→普通→まずい の普通からちょっとマズイ寄りでした。

ダメじゃん(笑)

でも、すごく身体にイイ感じを醸し出しているので、毎朝飲んでいます。

そして、その実を更にジャムにしたのですが、これは・・・普通。

酸っぱいんですよね。何故か。

何故かって言うかお砂糖が足りない、という話なのでしょうが、お酢の感じが微妙に残っていて、ヨーグルトとかに入れても何かこう・・・うっ、となる感じです。役に立っていない。

たくさん出来ちゃって、瓶がいくつもあるんですけど、誰にもあげません。

自信を持って配れないので自分で食べます。

冷やかしで貰いに来てもダメですよ。

この前は、カレースープを作った時に、トマトを入れたかったんですが勘違いで冷蔵庫になくて、同じ赤だし酸味もありそうだからりんごをスライスして入れました。

食べた友達に「良く入れたね・・・。」と呟かれましたが、すっかり溶け込んでりんごかどうか分からなくなっていたので成功です。

カレーにりんごはバーモントも入れてイイ、って言ってたもんねっ。

で、梅に戻ります。

私はレモンに並んで梅も大好きで、梅味のものは大抵食べて生きてきましたが、40年ちょっとの人生で、もう最強に謎な梅の飲み物に出会ったのでご紹介します。

019_2浅草の老舗の洋菓子&喫茶店アンヂェラスさん。

手塚治虫や池波正太郎も通ったと言う名店です。

店内もレトロで、好きな雰囲気でした。

並ぶケーキもオーソドックスな感じで、サバランとかも「わー懐かしいなー」って思って。

で、とりあえずは名物といわれている”梅ダッチコーヒー”というのを飲んでみようと好奇心いっぱいで席に着きました。

ベテランのおじいさんっぽいウエイターさんが運んで来てくれて、飲み方を説明してもらって、いざ。

これはですね、アイスコーヒーに梅酒を入れて飲む、という何とも斬新な、でもずっと前からある飲み物なのです。

020_2皆さん味が想像できるでしょうか。

アイスコーヒーに浮かぶ、梅の実もわかりますか?

最初、半分くらいまでそのまま飲みます。普通のアイスコーヒーです。

で、ここで梅酒登場。そんなに多くなかったので全部入れました。

感想?

私はお酒が弱い、あまり好きじゃない、ということを前提としますが、

そうだなー。マズイなー。

だって意味が良く分からないんだ。

口の中でどっちの味もしっかりして、そしてそれらは溶け合うことも混ざり合う事もなく、右から左から主張してきて、びっくりしてしまう。

「アイスコーヒーです。飲んでください!」「梅酒です!梅酒をよろしくお願いします!」うるさい(笑)。

毎回、な、なぜ今同時に口の中にこの二つが・・・と思ってしまって、上手く飲み込めない。

減らない・・・。

緊急事態で友達にメールで報告したりしてました。いやぁ、ホントに緊急事態(笑)。

この後型紙の最後の授業があったので、酔っ払ってはいけないと思って残念ながら残しました。

色んな考え方があると思いますが、一度試してみるのは楽しいと思います。

お酒好きな人には好みの味なのかも。

そして余談ですが、そのままふらりとオレンジ通り沿いの浅草公会堂に寄って、スターの手型をたくさん見てきました。

すごいですよー、ここ。330人って言ったかな。スゴイ人の手型ばかり。

おおっ!ってなるスターはほとんどありました。

楽しくて自分の手を一生懸命合わせていたら、警備のおじさんがパンフレットをくれました。「良かったら記念に・・・」って。

私の手がぴったり合ったのは、青空球児好児の好児さんとビートたけしさんかな。

ビートたけしさんよりは、中指がちょっと長かったけど。

大物っぽいな(笑)

というわけで、浅草デートに最適な穴場スポットのご紹介でした。

浅草寺のすぐそばなので、皆さんも是非!きっと盛り上がるので、マジメにおススメします。

2013年7月 8日 (月)

七つの願いごと

あぢぃ。

猛暑の七夕でしたね。

あちこちでものすごい夕立があったようで、その後の虹の写真がFacebookにたくさんアップされてました。

が、ここでは降らず。

七夕に虹なんて、最高にロマンチックなのにな。見れなかった。

今年も七夕前日に短冊を飾る慌てようでしたが、親子でちゃんと願い事を書きました。

03510個書く、という世を説得して、七夕だけに願いは七つで。

根拠なし。

世4つ、私3つにしました。

子供の願いはピュアでかわいいなーと毎年思います。

貯金のこと、友達のこと、健康のこと、じいちゃんのこと。

今の彼の4つの願い。

素直で、優しさもあって、母さんはほっこりしました。

短冊の絵。自分と父のところに力こぶしを書いたのが笑えます。

男は強いもの、というストレートな表現。そういう風に思ってるんだな。

私も基本3本柱のお願いごとです。

仕事のこと、仕事のこと、そして仕事のこと、ウソ。

七夕の夜空は曇りだったそうですが、その雲の上にはたくさんの星が輝いていたんだろうな、と思いました。

みなさんの願いも届いてシアワセになりますように。


« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »