« 学び多き必然 | トップページ | 色んな自分 »

2013年5月27日 (月)

松本に行きました

忙しい・・・。ホントに。

土曜日は世の運動会がありました。ちょっと涼しくて、見ている方も助かりました。

金曜日で型紙基礎のコースが終わって、とにかく一週間盛りだくさんで、そんな時に運動会。

疲労、過労、苦労。三労(笑)

もうやる気ナシナシで見学に行きましたが、綱引き、徒競走、リレー、大玉ころがし、ソーラン節。

結局バッチリ見てしまった。何だかんだで楽しいっつうの。

徒競走、5人中4位(笑)

決して遅くないのですが、周りが早いという不運に1年生の頃から見舞われております。

笑って終わりにしましょうね、これは。

ソーラン節がね、可愛かったんですよ。ホントに。子供が踊る姿って、どうしてあんなにキュートなんでしょうか。

002さて、その疲労感を引きずったまま、松本クラフトフェアに行ってきました。

友人のガラス作家、平岩愛子さんが出展したので、応援&見学に。

予想に反してとても暑い日で、あがたの森はものすごい人でした。

わたしは、入り口のこの建物でもうお腹いっぱいになってしまった。

大好きなんですよね、こういう雰囲気が。

031旧松本高等学校の校舎ですが、中もホントに素敵でした。

駐車場から会場までの街中ものんびり古めかしくて良かったです。

使われていないお蔵が多くて、「改装したいね」と話しながらタラタラ歩きました。”カルピス”というレトロな看板は一体何屋さんだったのか、とか。

松本クラフトフェア、出展者さんの数もすごくて、とにかく敷地内をぐるぐる、ウロウロ。

愛子さんのところにやっと辿り着いて、元気な顔を見て嬉しくなりました。

009日差しを浴びて、ガラスもキラキラ絶好調。

今回コーディネート役として参加したオシドリ良品店さんなど、みんなのイキイキした姿に私もちょっとテンション上がったりなんかして。

どんな作家さんが居るのかな・・・・と興味津々で回って、Forest shoemakerさんを始め、靴の作家さんも3組ほどいらして、展示方法や作品など、とても勉強になりました。

器の作家さんがすごく多くて、何となく惹かれるままに手にとっていたのですが、自分のピントが段々絞られて行く感じが興味深かったです。

最初はみんな素敵だな、と思うのですが、2週目になると”好き”だと思う感覚が狭まってくる。

そして最終的に、有田の照井壮さんの角皿と益子の及川静香さんの湯飲みを買いました。

どちらもすごく我が家にしっくり来るな、と帰って包みを開けて実感。

やっぱりここは私のベース。

035松本民芸館にも行ってきました。

こちらも素敵だった。

心が揺さぶられるような作品が一つ。

柳澤静子さん(だったかな?)のもの。

ああいうモノづくりをしたいな、と心を新たにしました。

松本、またいつか。

さて、今週末は清宝院での百年市に出店します。

詳細はまた後程お知らせしますね。

« 学び多き必然 | トップページ | 色んな自分 »

革仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541202/57473318

この記事へのトラックバック一覧です: 松本に行きました:

« 学び多き必然 | トップページ | 色んな自分 »