« 色々お祝い | トップページ | 松本に行きました »

2013年5月19日 (日)

学び多き必然

デザインの応用コースも無事に終わって、明日から型紙のコースが始まります。

パターン、実はこれがとても苦手なのです。

これでいつも悩んでいて、やはりもう一度勉強しようと思い立って講座を探していたら、デザインのコースを一緒に見つけたのです。

遠いので、時間的な制約も考えつつ悩んだのですが、決心してデザインの講座を受けた事は私にとって必然でした。

自分に一番足りないものだったのです。

とても充実した講義内容で、気付かされたことは数え切れません。

そんなに硬い授業では無かったのですが(むしろ面白かった)、私はずっとずっと考え込んだり落ち込んだり、やる気を漲らせたり。忙しかった(笑)

私の中に、奥底に閉じ込めてしまっている感覚みたいなものがあるんだと気付かされました。

その扉を開放してあげることで、作品にまた違った色が出るのかも知れない。

きっとその方法は、様々なのです。

改めてデザインと言うものを考える切っ掛けをもらいました。

018先日、陶芸家の遠田草子さんが誘ってくれてMOMATに行って来ました。

フランシス・ベーコン展。

すごく良かったです。

ベーコンは自分の画と観賞する人の間にガラスという一枚の隔たりを持たせることを好むそうですが、その捉え方が好きでした。

色彩が深みのあるものが多いので、そこに反射する自分を見つめつつ、または入らないように斜めから観つつ、色々と感じてきました。

草子さん、ありがとです。

009美術館入り口の外にはたまたま観たいと思っていた”夏の家”が。

インドのスタジオ・ムンバイによるプロジェクトです。

期間延長で今月26日(日)までの展示です。

昨年の8月26日からの展示だったので、四季を通して色んな表情を見せてくれたようです。

雪の中の夏の家、桜の下の夏の家。それらもみんな見たかったな。

インド。

以前の経験からインド人がちょっと苦手になっていたのですが、最近改めて注目しているのだ。

今回のデザインコースで中国人のケンさんと仲良しになって色々話してすごく楽しかったし、インド人の友達も欲しいな、と思う。

インド、いつか行こう。

« 色々お祝い | トップページ | 松本に行きました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

がんばってますねーーー。扉を解放っていい響きです。今夜、自分で枠を作っていたのだな...とちょうど思っていたところで!笑
スタジオ・ムンバイの夏の家も観に行きたい!今度の日曜までなのですね。いいこと教えてもらった。ありがとーーー。

pyonkichiさん

同じこと、思ってましたか。
枠って、窮屈だったら要らないですよね。
今まではその中を安全地帯だと思って暮らしてましたが、外に出て行くと意外とそっちの方が楽しかったり(笑)

夏の家、間に合うとイイですね。
pyonkichiさん、きっと好きだと思います。

外に出て行くと意外とそっちの方が楽しかったり(笑)

それ、そんな気がします。あーーー、何だ!みたいな。笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541202/57417984

この記事へのトラックバック一覧です: 学び多き必然:

« 色々お祝い | トップページ | 松本に行きました »