« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月27日 (月)

松本に行きました

忙しい・・・。ホントに。

土曜日は世の運動会がありました。ちょっと涼しくて、見ている方も助かりました。

金曜日で型紙基礎のコースが終わって、とにかく一週間盛りだくさんで、そんな時に運動会。

疲労、過労、苦労。三労(笑)

もうやる気ナシナシで見学に行きましたが、綱引き、徒競走、リレー、大玉ころがし、ソーラン節。

結局バッチリ見てしまった。何だかんだで楽しいっつうの。

徒競走、5人中4位(笑)

決して遅くないのですが、周りが早いという不運に1年生の頃から見舞われております。

笑って終わりにしましょうね、これは。

ソーラン節がね、可愛かったんですよ。ホントに。子供が踊る姿って、どうしてあんなにキュートなんでしょうか。

002さて、その疲労感を引きずったまま、松本クラフトフェアに行ってきました。

友人のガラス作家、平岩愛子さんが出展したので、応援&見学に。

予想に反してとても暑い日で、あがたの森はものすごい人でした。

わたしは、入り口のこの建物でもうお腹いっぱいになってしまった。

大好きなんですよね、こういう雰囲気が。

031旧松本高等学校の校舎ですが、中もホントに素敵でした。

駐車場から会場までの街中ものんびり古めかしくて良かったです。

使われていないお蔵が多くて、「改装したいね」と話しながらタラタラ歩きました。”カルピス”というレトロな看板は一体何屋さんだったのか、とか。

松本クラフトフェア、出展者さんの数もすごくて、とにかく敷地内をぐるぐる、ウロウロ。

愛子さんのところにやっと辿り着いて、元気な顔を見て嬉しくなりました。

009日差しを浴びて、ガラスもキラキラ絶好調。

今回コーディネート役として参加したオシドリ良品店さんなど、みんなのイキイキした姿に私もちょっとテンション上がったりなんかして。

どんな作家さんが居るのかな・・・・と興味津々で回って、Forest shoemakerさんを始め、靴の作家さんも3組ほどいらして、展示方法や作品など、とても勉強になりました。

器の作家さんがすごく多くて、何となく惹かれるままに手にとっていたのですが、自分のピントが段々絞られて行く感じが興味深かったです。

最初はみんな素敵だな、と思うのですが、2週目になると”好き”だと思う感覚が狭まってくる。

そして最終的に、有田の照井壮さんの角皿と益子の及川静香さんの湯飲みを買いました。

どちらもすごく我が家にしっくり来るな、と帰って包みを開けて実感。

やっぱりここは私のベース。

035松本民芸館にも行ってきました。

こちらも素敵だった。

心が揺さぶられるような作品が一つ。

柳澤静子さん(だったかな?)のもの。

ああいうモノづくりをしたいな、と心を新たにしました。

松本、またいつか。

さて、今週末は清宝院での百年市に出店します。

詳細はまた後程お知らせしますね。

2013年5月19日 (日)

学び多き必然

デザインの応用コースも無事に終わって、明日から型紙のコースが始まります。

パターン、実はこれがとても苦手なのです。

これでいつも悩んでいて、やはりもう一度勉強しようと思い立って講座を探していたら、デザインのコースを一緒に見つけたのです。

遠いので、時間的な制約も考えつつ悩んだのですが、決心してデザインの講座を受けた事は私にとって必然でした。

自分に一番足りないものだったのです。

とても充実した講義内容で、気付かされたことは数え切れません。

そんなに硬い授業では無かったのですが(むしろ面白かった)、私はずっとずっと考え込んだり落ち込んだり、やる気を漲らせたり。忙しかった(笑)

私の中に、奥底に閉じ込めてしまっている感覚みたいなものがあるんだと気付かされました。

その扉を開放してあげることで、作品にまた違った色が出るのかも知れない。

きっとその方法は、様々なのです。

改めてデザインと言うものを考える切っ掛けをもらいました。

018先日、陶芸家の遠田草子さんが誘ってくれてMOMATに行って来ました。

フランシス・ベーコン展。

すごく良かったです。

ベーコンは自分の画と観賞する人の間にガラスという一枚の隔たりを持たせることを好むそうですが、その捉え方が好きでした。

色彩が深みのあるものが多いので、そこに反射する自分を見つめつつ、または入らないように斜めから観つつ、色々と感じてきました。

草子さん、ありがとです。

009美術館入り口の外にはたまたま観たいと思っていた”夏の家”が。

インドのスタジオ・ムンバイによるプロジェクトです。

期間延長で今月26日(日)までの展示です。

昨年の8月26日からの展示だったので、四季を通して色んな表情を見せてくれたようです。

雪の中の夏の家、桜の下の夏の家。それらもみんな見たかったな。

インド。

以前の経験からインド人がちょっと苦手になっていたのですが、最近改めて注目しているのだ。

今回のデザインコースで中国人のケンさんと仲良しになって色々話してすごく楽しかったし、インド人の友達も欲しいな、と思う。

インド、いつか行こう。

2013年5月15日 (水)

色々お祝い

工房にとって、一番得意な季節がやってきました。

これから夏に向けて、すっごく過ごしやすいんだな。外よりちょっぴりひんやりして。

日曜、月曜、とお祝い続きでした。母の日と誕生日。

006実家でケーキを色々買ってくれていて、持ち帰って食べようとしたら箱の中で倒れてズッタズタになっていた紫芋のショートケーキみたいなの(笑)

紫芋のクリームが箱の壁に張り付いてなくなってた(泣)

それに世がストレートに”母の日”とデコレーションしてくれました。

何か「ありがとう」とかが良かったんだけどな・・・。

ま、いっか。達筆(笑)

実家でメモ用紙つなげて手紙と絵を描いてくれて、習ったばかりのローマ字での手紙。

この頃の子供って書きますよね。ローマ字手紙。

そのたどたどしさと、優しさに、母さんはまた夜中号泣したのでした。

好き勝手やっててごめんね&理解してくれてありがとう。

003で、誕生日の朝はフレンチトーストを作ってくれました。

バラとミルクティーも。おされ。

美味しかったです。横で教えたからね。

幸せ、何だか。ホンワカして。

こういうポーーーーッとしたのがイイ。一抹の不安も過ぎらない感じが。

5月の晴れた空と、フレンチトースト。普通にしあわせ。

008そしてそして、誕生日の夜、浅草からヘロヘロになって戻ったら、玄関にバラの花束が!

衝撃的。バラの花束なんて生まれて初めてもらっちゃった。

愛の告白かしら・・・と思ったら、可愛い小さなガールフレンドからでした。

かわ清の宏美さん、し乃ちん、ありがとねー。

ユニの顔も描いてくれました。くぅ~。超カワイイ。

齋藤夫妻からもグルースゴットさんのクッキーのプレゼント。思いっきり催促しました。すみません&ありがとです。

千景さんからは毎年かわいいカードが届くし、皆さんからのたくさんのメッセージ、ホント嬉しいのです。

普段孤独に仕事してますが、あ、意外とたくさん友達居るんだ私、とか再確認したりして(笑)。ウソウソ。みんな大好き。

今年もまた、愛ある一年にしたいと思います。

学校、明日プレゼン発表です。

只今、アイデアの神様降臨中。ホントかな。

2013年5月11日 (土)

10歳の贈り物

モーレツに眠い朝。

世の学校公開日で、土曜だけどお弁当を持って出掛けました。

眠い、眠い、眠い・・・。

浅草から戻って青梅の駅に降り立つと、疲れがドッと押し寄せて全身灰色に見えるんじゃないかと思う。

グレー星人。

でも、好きなことだし楽しいから苦じゃない。心と身体のバランスが保ててないかも知れないけど。

昨日は浅草に着いてから大泣きする世と話す。「おかあに会いたい。空手に行きたくない。」と。困りました。

「おかあもガンバるから世もガンバって」が合言葉なのですが、まぁ・・・無理やりですね。

ちょっとまだ完全に親離れはしていないし。

心配で授業に集中出来ず・・・。こんなことはこの先もありますね、きっと。

今年の夏に10歳を迎える世。

とても大切な節目の年齢なのかな、と思う。

自分の10歳は何の意識も変化も無く通り過ぎたけど。

まだ先だから何も考えていなかったけど、J-waveからJason Mrazのこの歌が流れてきて、ちょうど世の誕生日にライブがあると知りました。

行ってみよう、と思って先行予約でチケットを取りました。

ちょうど夏休み中だし。

Jason Mraz、前からイイナと思ってたんだな。

歌によってはハナレグミに声がとてもそっくりに聴こえる時があって、私の好きのスイッチが入る。

誕生日プレゼントに知らない外国人アーティストのライブ。確実に喜ばない(笑)

でもさ、欲しいものゲームソフトしか言わないんだもん。

そんなのつまらない。自己満足だけど、母としては経験を贈りたい。

心の奥底に届く何かを。

たった一日の来日ライブ。世の誕生日の夜に。行けばイイのさ、ただ行けば。

言葉は分からなくても、何かを感じると思うから。

この先、たった一箇所で一つのことをやり続ける人生でも、目的が定まらなくて彷徨う人生でも、あちこちを行き来する慌しい人生でも、平凡な人生でも、とにかく何でも良いから、心だけは、気持ちだけは愛を持って世界を見ていて欲しいと思う。

世界の一文字を使った”世(せい)”だから、多種多様なこの世の中を理解し、受け止めて、色んな人に関わって欲しい。自分のものさしを長く、広く。

そして、一筋の何かを持った人になれたら、と。

と、私も一緒に修行中。

I won't give up いい曲です。歌詞がね、素敵。

つい最近、ちょっと落ち込む出来事がありました。

自分の理想が意外ともろく、砂の城のようなものだったのかな・・・と思ったりもしましたが、そういうことではなかったのかも。

たとえことが上手く運ばない時でも、きっと何も、誰も間違ってないし、全ては必要な経験としてちゃんと糧になっている気がします。

とてもとても大切な時間でした。

私は私の夢を再確認して、砂の城が波にさらわれないように、またペタペタと壁を叩いて補修しました。

もろくても、そこにあり続ける自分というもの。直しつつ、また次のステージへ。

ライブで親子で何を感じるか、楽しみなり。

ちょっと目が覚めて来ました(笑)。さて、グレー星人のまま理科の授業を参観して来ます。

 

2013年5月 8日 (水)

5月の営業時間のお知らせ

001明日からまた浅草通いが始まります。

今月は2コース取っているので、少し慌しくなります。

5月9(木)~16(木)、20(月)~24(金)は工房は3時closeとなります。

28(火)~31(金)は通常営業11時~17時です。

週末に関しては、12(日)、18(土)は通常営業で、11(土)、19(日)、25(土)~27(月)はお休みを頂きます。

不規則な営業となりご迷惑をお掛けしますが、営業時間外でも対応出来る日もありますので、お電話にて遠慮なくご相談下さい。

今日は目の前の道路で大きな工事が。

道路がガゴガゴと割られて彫られています。

ものすごい音なので気が散りますが、J-waveを大音量で聴いて紛らわせてます。

TOWA TEI、懐かしいな。

さて、急ぎのベビーシューズ→ショートブーツ→スリッパに取り掛かります。

デザイン応用コースに向けてデザイン画をたくさん書き溜めておきたかったのですが、作業との両立に若干挫折気味・・・。

でも気持ちを切り替えて行って来ます!

怒涛の5月になりそうですが、それもまた楽しもっかな。

2013年5月 7日 (火)

手の5月

今日は風がひんやり。

Charaちゃん気分なので、繰り返し聴いています。

”ひこうき雲”イイ曲だな。今の気分かな。

Charaちゃん聴くと、小悪魔な気持ちになりますね。

キュートって言うのかな。悪いこと、しちゃおっかな・・・って(笑)

どんな悪いことかってのは、そうだな・・・ガムを嚙んでサングラスを掛けて運転しながら窓から小さなゴミを捨てるとか。しょぼい(笑)

意気地ナシなんで、そんなんで充分。小悪魔関係ないな。

以前、カロカロハウスのみどりさんが言ってた言葉が印象的。

「ママでもさ、もう人として何かちょっとどうしようもない部分があって、でもすごいチャーミングで、子供たちにしょうがないなぁ・・・って受け入れられてる人ってイイよね」って。

そうなんです。それ、私の理想。目指すところなんです。

おばあちゃんって可愛くて、年取るごとにキュートになっていく感じは女性として素敵だな。

私は私の道を生きるから、あなたはあなたのをご自由に、って感じで行くとそんなママになれる気がするのです。

共に生きるけど、もちろん一生懸命お世話したりもするけどさぁ、でも私にもやること色々ありますので、というスタンス。

でもまだ到達出来ず。ちょっとマジメ過ぎる自分が邪魔をするのかな。

壊してしまえばイイのかな。壁を。

そしたらもっと仕事に打ち込める気がします。もっともっと深く。

さて、ゴールデンウィークも終了。

色んな人に会って、注文も入ったりして忙しく過ごしていました。

最終日には真木テキスタイルスタジオ さんに行って、手の5月というグループ展を観て来ました。

012建物自体も趣があってすごく素敵で、うちの工房の2倍位の大きさ。かなり広い。

そこの一階二階に3人の作家さんの作品が並び、とても見応えがありました。

井藤昌志さんの折り畳みテーブル、シェーカーボックスの美しさに感動。

そして尊敬するHouseの増満兼太郎さんもたまたま在廊されていて、少しだけお話が出来て嬉しかった。

増満さんは今回靴よりもバックや入れ物、小物をメインに展示されていて、靴のタックスを効果的に使われていたり、アイデアの幅に加えて、どこをとってもHouseらしさが出ていてスゴイな・・・、と思いました。

ブランドとして一貫性があるというか。

増満さん自身が、引き出しがたくさんあるんだけど芯が全くぶれていないんだな、と思うのです。

生き方とか考え方とか。

前に伺ったハウス展でもそうでしたが、お話するとそういうのを感じるのです。

増満兼太郎さんと曽田耕さんは憧れ。

013こちらはギャラリーとなっている建物と並ぶショップです。

気持ちイイですよね、こんな空間。

新緑もとてもキレイで、お庭でのんびりお茶を楽しめました。

オーナーさん曰く、今が一番良い時期だとか。

ホントに、です。

オーナーさんもまた雰囲気のある素敵な方でした。

仰ることが、一つ一つ、うん、何か・・・なんだろ(笑)面白くて、哲学を持ってる感じかな。

こういう方はとっても深いから、だから魅力的なんですね。

魅力的な人々が魅力的な場所で作る、魅力的な空間でした。

因みに真木テキスタイルスタジオさんのシンボルマークは糸をみっつ並べたもの。

糸糸糸、これをしゅっと細く。これで”マキ”。サイトに誰も読めない、って書いてありました。

そこはWaldwegと通ずるところ。

2013年5月 2日 (木)

春のユニっぺ

もう5月。早い早い。

今日明日と青梅では大きなお祭りがあります。

明日辺り家族で出掛ける予定。

世はまた射的やくじ引きで散財するんだろうな・・・。私はお囃子に参加している同級生にアチコチで会うのが楽しみ。

みんなの勇姿を称えに行きます。

さて、春のユニっぺ。

007_2裏山でのお散歩がとても気持ちイイです。

新緑のまぶしいこと。

どこもかしこもキラキラしています。

行くと必ず水に入りたがる世と、水が大の苦手のユニ。

世がクッキーで釣って向こう岸に渡らせようとするのですが、そこで子供と犬の駆け引きが延々と続くのです。

でも食いしん坊のユニがいつも負けます。

ビビリながら小川を渡る姿が面白い。

003_3そして最近はお庭での日向ぼっこが日課。

気持ち良さそうに寝そべっています。

このところ、甘えん坊と臆病に拍車が掛かったような気がする・・・。

この前も散歩中に猫にキーッっとやられて凹んでました。

追いかけるくせに、すぐ負ける。

弱い・・・。

弱すぎるユニ。

玄関では相変わらず番犬の使命なのか、臆病なのか、とにかく激吠えです。

セキュリティー対策としてはバッチリなのですが、昨日もせっかく立ち寄ってくれたテディベア作家の外間さんご夫妻とパオリーナちゃんにも猛烈な攻撃を・・・。

全然ゆっくりして頂けず、本当に申し訳無かったです。

人懐っこいパオちゃん、小声でワンワンと吠えて応戦してたのが可愛かった。

怖い・・・。

怖すぎるユニ。

008_3普段はとにかく甘えん坊で、私の言う事を必死に理解しようとして見つめるその瞳は何とも健気なのですが。

こんなに可愛い顔で見つめられちゃうとね、お母ちゃんはどうしたって甘やかしてしまうのさ。

私達とのコミュニケーションはバッチリで、会話も結構通じるし、イタズラも全く無くて楽チン。

でも、でも、玄関だけは譲れない・・・。

ユニ、乙女心と春の空は複雑だわね(秋だっけ?)。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »