« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月30日 (土)

夜桜

グループ展も無事に終わって、少しはのんびり出来るかな・・・と思いきや、打ち合わせ等でバタバタしてます。

4月はお誕生日と記念日のオーダーが立て続けに入っているので、ちょっと焦って来ました。

お休みを意識して取らないと、やらなければならない事がたくさんあるので何となく疲れが抜けないまま。

あまりよろしくない。

桜があちこちで咲いていますが、青梅は何だかまばらな感じですね。

お天気もイマイチで、お花見日和がなかなか。

004桜って、儚くて大好き。特別ですね。

梅岩寺の枝垂れ桜を見に行きました。

青梅っ子なのに、今まで一度も見たことが無かった。

小雨の中、ライトアップされていてそれはそれはキレイでした。

お天気の所為もあるのかな。春なのに、何だか切ない。

お寺には大きな樹が二本。

夜空と山と桜。いやぁ・・・ぜひ見に行って下さい。

感動しますよ。泣いちゃうかもよ。

もう散り始めているので、今週末が見ごろかな。

最近、読み掛けだった銀色夏男さんの”銀色ナイフ”を再び読み始めました。

この人の、腹括って物を書く感じがたまらなく好きです。全然そんな文章じゃないんだけれど。

他人の目に一切囚われず、書いたことに責任持ってる感じが。

そして、そのわりに伝わってくるものが重くない。むしろ適当な感じ。

それは、自分の言っていることを”正しい”と思っていないからだな、と。

題名のごとく、色んなことをバッサバッサと切っているのですが、そう思ったから書いてるだけって感じが心地良い。

そういう人が好き。言いたいこと言ってるけど、聞いてて胸に刺さらない人。

愛があるんだと思う。根底に。

本の中の”弾丸ロケット”っていうコラムが胸に沁みました。

相反する物の一体感のようなことを書いているのですが、すごく頷けて。

幸せの中の不幸せ、不幸の中の幸福、どちらも同じものなのかな~なんて。

うーん、何が言いたいんだろ・・・。

とりあず、北側の窓からの採光を侮るべからず、ってことです。

うち、日当たり悪いから(笑)。

南向き、南向き、って望むけど、光はどこからでも得られるのさ、と思った今日この頃。

2013年3月25日 (月)

COROMO was very crowded

さみぃなぁ・・・。

23,24日のカフェイベント、無事に終了しました。

展示はまだやってますよ。明日26(火)まで。

もうたっくさんの方にお越し頂きまして、本当に嬉しい限りです。

土曜の夜なんて、パーティー会場みたいになってましたよ。

びっくりしました。

もう、ずーーーーーっと誰かしらとお話していて、自分のこと何回説明したんだろう・・・。

一体何人の方のお名前を覚えたんだろう(ってか忘れてしまったんだろう・・・)。

本日、心身共に停止状態です。動けない、全然。

昨日は世の空手の大会とぶつかり、早朝からお弁当作って総合体育館に集合して、試合を見学。

一回戦目は相手が棄権してそのまま勝ち。

「おっ、今日は持ってるね~」ってベスト8のメダルも夢じゃない、と思ってたら2回戦目で負けちゃいました。

「やっぱ持ってなかったね(笑)」、ってことで母さんはそのままコロモさんへダッシュ。

切り替えがなかなか、な~かなかむつかしいのです。

さて今回、色々な方に「ブログを見て来ました~」と言われて、私、大変びっくりしています。

発信しといて何ですが。

いつも5,6人の友達が見てくれてればイイな、位の気持ちで書いてるのです(爆)

意識が低くて大変申し訳ございません。

文中の”みんな”とか”皆さん”というのも3,4人の人を指し示している程度です。

そんなんなのに、「美容院のカルモさんを検索していたらたまたま見つけて」とか、「ノグチ靴工房さんからこちらに行き着いて」などなど、そんな繋がりで見て下さっている方が。

声を掛けて下さってありがとうございます。

大変嬉しいことなのですが、仕事と全く関係ないこともかなり綴っているものですから恥ずかしくもあり、ちょっと何か緊張してきた・・・。

でも、私は書くことによって気持ちの整理が出来るので、ここではON/OFF分けてませんが、どうぞこのままお付き合い下さい。

006さてApartment vol.3では、スリッパを正式に商品化して展示しています。

サイズは4タイプ。S(23.0~24.0)、M(24~25.0)、L(25.0~26.5)、LL(26.5~28.0)です。

ハンドステッチ(裏地付き)とミシン(一枚革)の2種類ありまして、カラーは全9色です。

かなりの高級品なので、まぁゆっくり展開して行こうと思っているのですが、早速オーダーも頂きました。ありがとうございます。

お手頃価格というのは、いつも模索しています。

みんなに履いて欲しいのです。

でも、素材と手間隙、どうしても妥協できません。ごめんなさい。

長く使って貰えなかったら意味無いな、って。

今後も色んな課題を背負って、あれこれ考えて行きますので。

035スリッパ、試作品を何度も作り直して深さをこれだ、と思う長さにしました。

オーダーして頂かなくとも、その良さを体感してもらえたらな、と思って試着用のサンプルをご用意しました。

皆さんお気軽に試して下さって嬉しかった。

そしたらあれあれ、こんなに可愛い人も一生懸命履いてますよ。

りぼんちゃん、おばちゃんはキュン死にしそうです。

可愛すぎます。

018そして今回、お花のアクセサリーがたくさんお嫁に行っています。

春、なのでね。

花をまといたいですね。

私はアクセサリーが苦手なのですが、ジャケットの時などあのホワホワしたコサージュじゃなくて、この革のブローチなら照れずに着けられます。

キラキラしたものに照れるんです。何でだろ。

革は光りませんが、その存在は品を放つような気がします。

さて残り今日明日と、一人でも多くの方に見て頂けますように。

既にお越し頂いた皆さんには本当に感謝です。

2013年3月22日 (金)

春はクレープが良く似合う

001_2本日より、コロモさんでのグループ展が始まりました。

搬入が終わって、もう何か力尽きちゃいましたが・・・。

まだまだこれからだった!

女子が4人集まると、なかなか楽しいことになってますよ。

他の作家さんの作品に興味津々。

これからじっくり見るのが楽しみです。

003ニット作家のゆかさんと陶芸家の草子さんの女性らしい世界と、ガラス作家の愛子さんと私の男前な空間が、見事に相俟って、本当に各自の部屋のよう。

みんなカラフルです。

23,24の週末はカフェイベントです。

コロモさんのクレープ、大、大、大好き。

パリで食べたのに負けてないです。

珈琲も美味しいですよ。

この2日間、私は途中抜けたりもしますが、ほぼ終日居る予定です。

是非お喋りしに来て下さいっ!

2013年3月17日 (日)

Apartment vol.3 @CREPE COROMO

Apartment_vol3
引き続き、コロモさんでのグループ展のお知らせです。

青梅の女性作家4名が集まった、新生活、始まりの春をイメージした展示会。

編み物作家の小林ゆかさん、陶芸家の遠田草子さん、ガラス作家の平岩愛子さん、そしてWaldweg。

みんなそれぞれ、春を感じさせる新作を展示します。

各自の展示スペースをアパートの一室に見立てて、4人のカラーが織物のように交差した空間になれば、と思っています。

私は23(土)、24(日)のカフェイベントの週末に在店予定です。

美味しいクレープとねじまき雲さんの豆で淹れる特別なコーヒーを楽しみに来て下さい。

2013/03/22(fri)~26(tue)

open 11:00~20:00

青梅市河辺町5-29-27

tel:0428-21-5378

お父さん

コロモさんの展示に向けて、明日から缶詰状態になります。

大変申し訳ありませんが、工房は完全クローズです。

相当焦ってます。頑張らねば。

そして・・・こんな時にブログを書いている場合ではないのですが、きっと日が経つとにくったらしい気持ちが込み上げて来てしまうと思ったので、その前に、父のこと。

明後日、無事退院します。2ヶ月の入院生活でした。

1月に体調を崩し入院、肺炎と診断されましたが、熱が一向に下がらず総合病院に転院。

先生から覚悟して下さい、とお話が。

困った、と思いました。

何と言うか・・・今居なくなっては困る、とただそう思ったのです。親孝行、してない。

ケンカばかりで、大嫌いで、軽蔑したりもしました。

それなのに、どうしようも無く愛して止まない人なのです。

台風や雪の日はしょっちゅう電話を掛けてきて、「雨戸は閉めたか」「運転はしないように」と心配ばかり。

うるさいな、と思っていたのに、その父の気持ちに守られていたことにふと気付いたのです。

居なくなると思った途端に。

管やら点滴やら、色々繋がれて苦しそうにしている父の手を握りながら、泣いてばかりいました。

声にならない声で「明日には元気になるから・・・」と言うのです。

雪の降った日は、「うんてんしないで」とメールが。号泣しました。

辛くて友達に話すと、みんな貰い泣きしてくれて。

でも・・・驚異的な回復を見せまして、何と退院。

ミラクルです。先生も相当驚いています。

泣いてくれたみんな、ごめんなさい。こんなオチで。涙は何かの形でお返しします。

私も返して欲しいくらいです。

「病院は暇で飽きたな~」とベットに逆向きに寝転んでテレビを観る父を見て・・・何か拍子抜けでうなだれます。

でも、肺活量が普通の人の1/3しか無く、筋力も相当弱ってしまったので、家に戻ってきてからは介護が必要となります。

母も世話をしてあげないと暮らせないので、今はまーくんが頑張ってくれていますが、この先どうなることやら・・・。

仕事とのバランスが問われる所なのです。

またケンカ、するんだろうな。

以前母に「私はお父さんに愛されている気がしない」と大ゲンカの後にこぼした事がありました。今思うと大変子供っぽいのですが。

それ以降、実家にご飯を食べに行くと、世と一緒に私にもプリンをくれるようになったのです。

ゼリーの日もあり。

プ、プリン・・・。

41歳の娘にプリン。

上には上が居るものです。

父の愛情表現なんだな、と思いましたが、丁重にお断りしました。

プリン、別にいらないし(笑)

お父さん、ありがとう。

大丈夫。大好きだから。大嫌いで、そして大好きだから。

Take_a_napアルバムで見つけたお気に入りの写真。

一歳の夏。昼寝をする父と私。

この風景をイイなと思って写真を撮った母の気持ち。お腹の中にはまーくん。家族の時間。

父は私をとても可愛がって、仕事にも連れて行き、ダンプの後ろのシートでオムツを替えたそうです。

甘やかして、ご飯前に膝に乗せてチョコを与えたそうです。

ホントは児玉清さんみたいなお父さんが良かった。

書斎で本を読んで、相談事があるとそのドアをノックして話を聞いてもらうような。

でも、私はこの父を選んで生まれて来たそうな。

全く記憶にありませんが。

残された時間がどの位あるのか分かりませんが、大切に出来るかな。

憎たらしい事言わないでくれるとイイんだけどな。

2013年3月15日 (金)

浅草、今年もヨロシクです

今日は大事な用事があって浅草に。

朝から書類揃えたりしてドタバタでした。

4月から頻繁に通う事になりそうです。

用件が済んだ後は、いつものように問屋さんを梯子。

資材を調達しつつ、ミシンのボビン探しです。

007私の相棒工業用ミシン”アドちゃん”。

ドイツのアドラー社のもの。

あまり出回っていないみたいです。

購入する時も、今後の修理の都合とか、先生の所で使い慣れているのもあるし、と思ってSEIKOかドイツのPFAFF社で探していたのですが、adlerもあるよ、って言われて、ピンと来て決めました。

聞いたことあるし、ってだけで。

嫌いじゃない、いや、むしろ好きだアドラー。

そう思った。直感で。

実際、全く壊れること無く、非常に良く働いてくれます。大好きな子。

で、この子のボビンがちょっと大きくて特殊なサイズなので、もっとたくさん欲しいのですが、なかなか見つからない。

今日も道沿いに古いミシン屋さん見つけて、ふらりと入っておじいちゃんとお話して、「アドラーかー。最近見ないからねー」と言いながら、引き出しの中をあちこち一生懸命探してくれたのですが、やはり見当たらず。

こういう古いところなら「あった、あった、これだよお嬢さん」とか言って奥から持ってきてくれるのが良くあるシーンなんだけどな。

でもおじいちゃん、探してくれてありがとう。

さて、気を取り直して最後に浅草寺に寄って、今年最初のご挨拶。

すごい人でした。

端っこに並んで、手を合わせて、とにかく仕事の事を念入りにお願いして。

今年は、私の中で色んなことが育ち、変わっていく予感がしています。

浅草=仕事。いつも背筋伸ばして歩く街。

今年もよろしくお願いします。

で、皆さん、大変です。

おみくじ大吉。

もう引くな、って話ですが(笑)

だって、暮れの京都、初詣の青梅、そして初浅草の今回。3回連続大吉ですよ。

メッセージの内容だって、あまりに良すぎて怖くなったほど。

だから神様・・・1月から色々大変なんですってば(笑)

これからですかね、うん、初夏あたりから調子出るのかな。

17日(日)は、広報おうめにも掲載されていましたが、Glass Studio Rainbow Leafさんにて、子供たちを対象としたワークショップがあります。

キャンセル待ち9名とかで、抽選に外れた方もたくさんいるとか。残念ですね。

私は、グラスが出来るのを待つ間のお手伝い。

子供たちと革のコースターを作ります。

「先生」とか言われるのかな。先生ってキャラじゃないけどな(笑)

みんなとワイワイ、楽しくやりたいと思います。

2013年3月11日 (月)

一歩二歩

いつもより何時間も早く目が覚めた今日。

あれから2年。

被災地の皆さんが、一歩でも二歩でも、少しでも前に、明るい気持ちを取り戻して進んでいらっしゃることを願います。

原発なんて、どんどん無くなるんだと思ってた。

みんなが望んでるんだから、大きな意志が働いて、良い方向に変わる日本だと思ってた。

けど、私は何にも分かってなかったんだな・・・と思う。

恥ずかしいし、情けないし、悔しい。

でも、思いは減らさないし、諦めない。

子供達が大好きだから。

013京都にお送りする一足がまた完成しました。

私が続けていくのは、こうして子供靴を作ること。

遠くの子、近くの子、成長してトコトコ歩くそのお手伝い。

ほんのわずかなことだけど。

初の個展の初日がこの日だったこともあって、私はこの仕事に特別な思いを抱いています。

何も失う事は無かったけれど、この先どうなるのかな・・・って悲観的になりました。

被災地の皆さんの悲しみや苦しみに寄り添うように、今日もまた続けて行きたいです。

「蕗の薹がたくさん出てきたよ」と大家さん。

「でも放射能が気になるかしら」と言うので、「いえ、楽しみたいと思います」と答えて、あさりと蕗の薹のパスタを作りました。

春なんだし、目の前にあるんだし、受け入れたい。

福島、東北、北関東の農家の皆さんも諦めていないのだから、私も懸命に気持ちを向けたいと思います。

2013年3月10日 (日)

屋根の上

確定申告がぁ~やりたくないからぁ~何故かブログを頻繁に更新~。

明日こそ、仕上げよう。

この週末は暖かくて気持ち良かったですね。

花粉とか、黄砂とか、色々たくさん飛んでて大変でしたが。

我が家は花粉症ではないので、こんな気候でも全然へっちゃらなのですが、ひどい方にとっては本当にお気の毒な季節です・・・。

この週末の世の不思議な行動。

004屋根で何やらコソコソやり始めたな・・・と思ってたら、泥棒用のワナが完成。

018_3「庭に入ったとたんに絡まって動けなくなるから!」だって(笑)

動けますけどね、やっかいな感じはあります。

今日片付けしながら、私が早速かかりました。

「ん~ぬぁ!」ってなる煩わしさ。

でも、普通に避けられるんじゃないかという緩さでもあるんですけどね。

面白かった。

017_2そして、裏の山を散歩中に自分で苔と植物を拾って来て苔玉を作りました。

へぇ~、こんなこと出来るんだ。

タコ糸でぐるぐる巻いて、かなりオリジナルな感じですが可愛かったです。

霧吹き掛けて大事にしてます。

ちゃんと育つかな。

裏の山はハイキングコースになっていて、天狗岩という見晴らしの良い高台まで行けるそうなのですが、まだ一度も行った事が無くて。

すごく行ってみたくて気になっています。

コロモさんでのグループ展が終わったらお弁当持って行ってみようかな。

二ツ塚のゴミ処理場はちょっと気になるのですが、子供でも大丈夫な緩いコースみたいなので。

春の山登り、きっと気持ちイイですよね。

コロモさんの展示のお知らせは、また改めてアップします。

2013年3月 7日 (木)

小さな小さな

暖かいですね。

十二指腸潰瘍の薬を3週間飲み終えたので、意気揚々と病院に行ったら、「はい、じゃあ初期治療完了ね~。これから6~8週間本治療ね」と先生。

げっ。

「そんなに掛かるんですか?」と質問したら、「潰瘍はそんなに甘いもんじゃないよ。昔はみんな手術したんだから」とのこと。

確かにまだ痛みますが、結構元気で食欲も復活してるんですけどね。

という訳で、またまた薬をどっさり貰って帰宅。一ヵ月後に胃カメラです。

今月もかなりハードなので、悪化しないよう気をつけないと。

さて、ここ数日の気温で梅がパーッと咲き出しました。

ユニの散歩中にあちこち目をやるのが楽しみ。

002_2何日か前に散歩から戻った世が「カメラ貸して」と言って外に。

「おかあに見せたいものがあるんだ」って。

我が家の駐車場の小さな梅の木の花が咲いたのです。

手を引いて連れて行って見せてくれればイイのに(笑)

こうやって写真に残したかったんでしょうね。

3年生、9歳。

言う事聞かなくて困ってます。

でも、本当に優しい子に育っています。

こんな小さな瞬間に、胸がいっぱいになる幸せな毎日なのです。

嫌々行くユニの散歩。

私に怒鳴られて、渋々出掛けます。

薄暗かったりすると、ドキドキして待っています。

でも、お手伝いはお手伝い。彼の仕事です。

ほんの数十分、何を思って歩いているかな・・・。

彼の眼に映る日常は、この夕暮れの青梅の景色はどんななのかな。

そして、こんな風に小さな花に目をやっていることを知って嬉しくなるのです。

自然とは、どんなに小さなものでも私達の心を惹き付けます。

そして、それに惹き付けられる心持ちで暮らしているか、時々自分に問いかけます。

世、今年も梅がキレイだね。

2013年3月 1日 (金)

ターコイズブルーのブーツ

ひぇ~、もう3月。

恐怖の確定申告。

2月が短かった、ってみーんな言ってる。ホントに、短かった・・・。

そして3月は更に短く感じる予感。

怒涛のスケジュールなのです。

006先日言っていた、ターコイズブルーのShort Bootsが完成しました。

お電話したら、即日に取りに来て下さいました。

本当にお待たせしてしまって・・・。

オーダーして下さったのは、飯能の革クラフト葉々葉の作家さん、渕上晴美さん。

010このデニムのパンツが個性的で良くお似合いです。

青、藍、蒼、とにかくブルーがお好きな様子。

「こんな色の靴って無いんだから!」と、とても喜んで下さって、その明るい雰囲気に私まで嬉しくなってしまった。

全身コーディネートもすごく素敵でしたよ。

晴美さん、ありがとうございました!

晴美さんは今回、足の採寸、木型の補正をして制作しました。

追加料金は発生しますが、左右の幅、厚みにかなりの違いがあったので、後々のことを考えても、これが最善だったと思います。

一枚革で足馴染みの良いブーツなのですが、やはり限界はあります。

普段履いている既成靴にちょっとした不快感をお持ちの方は、遠慮なくご相談ください。

葉々葉さんのグループ展が来週3月8日から始まります。

ー 装ふ ー

ぎゃらりー 一印(いちじるし)

埼玉県坂戸市赤尾2035-6

3月8日(金)~19日(火)※水、木定休日

10:30~17:00

です。

お近くの方は是非。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »