« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月23日 (水)

kodomo展@kalokalohouse in 茅ヶ崎

今年最初の展示会参加です。

Kodomo茅ヶ崎のカロカロハウスさんにて毎年恒例のグループ展が25日(金)から始まります。

今年のテーマは「こども」

~みんな一度はこともだった。こどもだったのを忘れるのが大人ではいけない。こどものままでも困っちゃうが、こどもの心を失うのも困る。こどもの明日が私たちの未来だ。今日、そして明日、20年後のこどもは幸せか?(DMより)~

そんなメッセージを掲げての展示です。

今回もたくさんの作家さんの作品が並びます。

こども、こども、こどもがテーマ。

すごく興味をそそられるテーマですね。皆さんの作品が楽しみ!

こどもの未来。子育て中ですので、良く考えるテーマです。

厳しい時代だし、適応して上手く生きていくためには何が必要か。親として何を準備してあげるべきか。

でもね、時々キリが無いじゃないか・・・て思ってしまうんですよ。

玄関にランドセルを放り投げて遊び回る放課後が大切なんじゃないかな、って思うわけです。

今この子に何が必要か、っていうのは、何となく直感に従う事にしています。

先回りして与えてあげて何とかなる人生ではないのでしょうから。

遊んで、ケンカして、叱られて、勉強しないで、でも渋々宿題やって、そんな毎日の中で培うものがあるのでしょう。

この子達の未来のために、私たち大人が出来る事はたくさんあるのだと思います。

でも、こどもはこどもの今を生きて欲しいです。

あまり縛られずに。

今回の展示では、Waldwegはもちろんベビーシューズの出品です。

ニューデザインではありませんが、定番ショートブーツとアンティークブーツを並べます。

現品販売ではなくて、オーダー形式となります。

テーマは「こどもだってビシッときめたい」。

息子の卒園、入学の時の姿を良く思い出します。

こういう時の定番は、男の子は半ズボンのスーツに黒のローファーな訳です。

どこに行ってもそれしか売ってないのだから、当然そうなるんですが、私はやっぱり一味違うのがいいな・・・と思ってコーディネートしました。

Photoジャケットもパンツもシャツも別々に買ってきて、ネクタイも大人物を短く縫い直して。

黒いベルベット地に茶色いストライプのジャケットが気に入ったので、これに合わせて靴を作りました。

黒いショートブーツ。ステッチは茶色です。

とても似合っていたし、すごく良い思い出になりました。

卒園式も、入学式も、人生でたったの一日なんですが、この時の息子の姿を私は一生忘れません。

すごくビシッと決まって、「ハイッ!」と返事をした彼を、大切に大切に覚えています。

確かにブーツはその後もたくさん履いたわけでは無いけれど、今でも玄関に飾ってあります。

時々手にとって「おれ、これ履いたんだよね~」なんて言います。

お父さん、お母さん、我が子の晴れ舞台、ビシッと行くのも良いですよ。こうして思い出に残るのですから、もったいなくなんか無いんですよ。

損得じゃない、言葉に出来ない大切な気持ちをこども靴で伝えられたら幸いです。

kodomo展2013.01.25~02.12/open 10:00 to 18:00

詳細はkalokalohouseさんのHPをご覧下さい。

私は、27日(日)、2月10(日)の午後に在廊予定です。

是非遊びにいらして下さい!

2013年1月15日 (火)

おおきに~京都の旅その3~

116さて、京都の旅最終章です。

最後は、色々案内してもらった美味しくて、素敵なお店をいくつか。

ケンタママ、これでもかとてんこ盛りで案内してくれたのですが、載せ切れなくて残念。

写真のカラフルなおはぎはお多福さん。

左上から下に向かって、白餡、古代米、青梅、ゴマ、こしあん、梅、青海苔、きな粉、というわけです。

カラフルですね。

有名なお店らしいので、売り切れかな~とドキドキして行ったら、全然のんびりやっていて、中はおばあちゃんの家みたいで面白かった。普通の家に買いに行った感覚。

味は、どれも甘さがちょっと強いですね。濃いお茶と頂きたい感じです。

個人的には梅、青梅が甘酸っぱくて美味しかったです。

120お次は高級料亭”六盛”のランチ。

手おけ弁当というのをご馳走してもらいました。

どれもね~お味が優しくて、文句なしに美味しくて、やだぁ・・・もう京都なのね、という感じ。

茶碗蒸しかと思ったら赤出汁のお味噌汁が入ってたりね、全てお上品でした。

お麩、高野豆腐、といった普段自分ではあまり料理しないものが、!!!という美味しさ。

大変ありがたい、心清らかに頂くお昼ご飯でした。ケンタパパ、ママ、ありがとう。

121そして、そこからぐんぐん、ガシガシ歩いて、京大の横を色々観察しながらおしゃべりしつつ、老舗のカフェ”進々堂”に到着。

残念ながら中は撮影不可だったのですが、レトロで素敵でしたよ。

どこか大衆っぽさが漂っていて、平日は分厚い本を広げた教授や京大生なども多いそうです。

目の前ですからね。

カレーセットが確か有名だったと思うのですが、私達はお腹いっぱいだからのんびりお茶。

長椅子と長テーブル。木が全て飴色になっていて好き。

123_2そしてちょこっと電車に乗って、こちらの本屋さん”恵文社”さんへ。

老舗の本屋さんで、奥と隣で雑貨も販売しています。

世界の素敵な本屋さんベスト10にも選ばれたそうですよ。

世界で10位以内ってすごい。

日曜日ということもありましたが、中は激混み!

ここは一体何屋さん・・・?という位。

今世の中では本離れが進んでいますが、こういう素敵な本屋さんがあると、ついつい足を運んで一冊買って帰ってしまうのですな。

本はやっぱりあの手に持った感じとか、ページをめくる感触、イイですもんね。

本の品揃えも素敵なものばかりで、空いてたらもっとゆっくり見たかったな。

125最終日はお土産買いにあちこち連れて行ってもらったのですが、写真は有名所のお茶屋さん”一保堂”

やっぱり一度行っておきたいな、とリクエスト。

素敵な暖簾と店構え。

でも、あれあれ良く見ると、こういう構えの建物、青梅にも結構あるんだけどな~。

何が違うのかな。気合かな(笑)

やっぱりね、きちんと手を入れてこうして残して行くって素敵ですよね。

京都はお正月に大福茶というのを飲むらしく、一保堂では玄米茶でした。試飲させてもらって、とても美味しかったのでお土産に。

今年のお正月は我が家も京都の大福茶を頂いたとさ。めでたし、めでたし。

全く一貫性も何も無く、京都巡りをざーーーーっと書きましたが、本当に楽しい旅でした。

市内巡りももちろん楽しかったんだけど、やっぱケンタ一家との時間だな。

茅ヶ崎の頃を思い出して、いっぱいいっぱいお喋りして。

あの頃はすぐ会える距離だったから、どんな小さな下らないことでも話してたのに、こうして久しぶりに会うと、重大な重要な事柄だけを報告する事に集中したりして。

でもまぁそれも最初だけなんだけど。

つい先日、ネットでパックスナチュロンのヘアトリートメントを買おうか迷って、確かケンタママが前に買ってベッタベタになるって言ってたよな・・・と思い出す。

近くに居たら、「ねぇあのトリートメントさ」って話題にするんだけど、遠くに居ると、そんなどーでもいい事は話さなくなるね。

メールも電話もあるけれど、トリートメントごときでメールしないわな(笑)

こういうの淋しい気もするけど、関係が進化してる、って思って楽しもう。

ケンタと世は、相変わらず仲良しで、別れ際もぐずってぐずって、離れて暮らしている事を呪われて(笑)、でもそうやって友情を育んでいて母達は嬉しいよ。

という訳で、京都を大変気に入ったので、また行くのであります。

終わり。

2013年1月14日 (月)

上賀茂神社~京都の旅その2~

090京都の続きです。

ケンタパパが子供達を見てくれて、一日ケンタママに京都をあちこち案内してもらいました。

まずは朝一番に近所の上賀茂神社に。

上賀茂神社が近所ってどんだけ素敵なんだか。

世界文化遺産に登録されている、歴史ある神社。

派手でもなく、地味でもない、そのしっとりとした存在感はとても美しかったです。092

神社に詣でる目的は、そのご利益ばかりである自分を戒め、この建築物の美をしかと焼き付けました。

修繕中だった箇所は残念でしたが、そんなに人も多くなく、ゆっくりと見て回れました。

089下賀茂神社と同様、縁結びの神様としても有名だそうです。

ケンタママ、必要ないと思うけど何やらお祈り中(笑)

私は幸せを運んでくれるという双葉のお守りを買いました。とても可愛かった。

096入り口のところに守り神としての白馬さんが居て、人参をあげました。

すっごく可愛かった。

動物子供が大好きなのもで、どわーっと触りたかったのですが、神様ですのでね、失礼のない程度に、と。

先日書いたように、この後引いたお馬さんみくじも大吉で、上賀茂神社大好き!

この日はちょうど第4日曜日で、月一の手作り市が開かれていました。

104_2お店の数、どれくらいだったんだろう・・・。

150~200店?もっとかな。

すごく見ごたえがありました。

のんびりやっているお年寄りや、若い作家さん、ベテランの方、とにかくバラエティー豊かで、ずーっと居ても全然飽きない!

色んな豆をボタンにしているおじいちゃんが居て、そら豆ボタンを買ったのですが「水につけるとふやけるから気をつけてね」だって。

ふやけるボタン(爆)どんだけ発想が自由なんだか。

ケンタママと笑いながら歩きました。

写真のジャム屋さんは、その色とレパートリーの多さにびっくり。

こうして並んでとてもキレイだったな。

紫芋とりんごとか、組み合わせも様々で。

京友禅の紙じゅ落社さんでもお土産をたくさん買いました。

観光客も多い市なので、皆さん「どこからですか~」なんて会話も飛び交って、とても親しみやすいイイ市だったな。

青梅でも百年市というプロジェクトが進行中なので、こんな市に育って行けたら素敵だなと思いました。

2月2日に第一回イベントを予定しています!

というわけで、京都の旅はまだ終わらない・・・。


2013年1月 8日 (火)

おいでやす~京都の旅その1~

047そうだ、そうだ、今年最初の写真はこれを載せようと思っていたのだ。

初日の出が嬉しくてすっかり忘れてました。

12月の連休に、京都に引っ越したケンタ一家に会いに行って来たので、その記録をちょこっと。

京都って、修学旅行以来な訳ですが、やはり乙女が行きたい街No.1ですよ。

大人になってから行きたい街です、ココは。

裏通りをテクテク歩いていても、その町並みやら、窓枠やら、こんな風な粋なお飾りにグッと来ちゃうのです。

世はつまらなそうにぷらぷら、ぶつくさ文句言いながら着いて来るわけです。ツボが違うのさ、ツボが。

初日は着いてすぐに大阪のワンピース展を観に行く羽目になって、悔しいから私もTRUCK さんに。

ずっと行きたかったんですよね。このお店。

カフェBirdでのんびりお茶して、お隣の家具、雑貨店へ。

いや~何がイイって、空いてる・・・。東京と全然違う。

あんな素敵な店、東京じゃ激混みですからね。しずかーに、のんびーり贅沢に休めました。

残念なのは、完全にNO PICTURE!撮影禁止。外観も。

私は個人的にはTRUCKよりもBirdが好きだった。

ぐーーーーんと高くて大きくて、ニューヨークのアパートみたいな窓。

薪ストーブも暖かくて、イイナ、ああいう家。住みたいな。

ワンピース展もびっくりガラ空き。貸切り状態で観れましたよ。

ぎゅうぎゅうの東京展に行った世もびっくり大興奮。

ワンピース、やっぱりイイぞ。カッコいいぞ。

038_2あ、京都ね、京都。

イノダ珈琲のモーニングはガイドブックには必ず載ってる超有名観光コースですが、とりあえず一度は行ってみよ!ということで。

クラシカルな素敵な建物でした。

居るだけで幸せ。

朝食と珈琲のお味はさて置いて、レトロな空気でお腹いっぱいになって、街中を散策。

早朝、前日の雨がまだ乾ききらない匂いが清々しささえ醸し出していました。

京都、好きだ。

052イノダ珈琲の後は京都芸術センターに行きました。昔の小学校をリノベーションした場所。

素敵だったな、ここ。おススメですよ。

どこもかしこも絵になって、そして誰も居ない(笑)

マエダ珈琲(ここも最高に素敵)、図書室(アートの本多し)、自習室、ギャラリーと、アートな空間と地元の人の学びの場と、その兼ね合いがとても良い雰囲気でした。

図書室を出る時に、ありがとうございました、って言ったら、紳士的なおじさまが「またおこしやす」とか何とかこう絶妙な美しい京都弁を投げ掛けてくれて、ほわ~っとした気持ちに。

何て言ってるかわからなかったけど、すごく優しい気持ちになる言葉。

ケンタママ曰く、そういう言葉は年配の方とかお仕事柄必要な人しか使わないみたいなんですが、観光客の私にとっては、期待を裏切らない感じで嬉しかったな。

051そんなこんなで風情をうっとり楽しんでいる私をよそに、ぐんぐん前に前に進んで、「ケンタ、ケンタ」を連発している男子。

この後ホテル前で待ち合わせ。

久しぶりの再会。

今回の目的は、これだもんね。

観光じゃなくて、再会。

清水寺も、金閣寺も、関係な~い。

観たくも何ともな~い。

ケンタと遊んで遊んで遊びまくる時間のスタートです。

私はその間観光したよ~。

ということで、ケンタママの京都案内は次回に。

2013年1月 4日 (金)

祝、2013年

006新年明けましておめでとうございます。

2013年、始まりましたね。

今日から仕事もスタートです。

三が日もやっぱり忙しくてドタバタしてましたが、何か今年は良いスタートが切れた気がしています。

何と言っても初日の出に起きれた事(笑)

去年は挫折したので。

目的地の永山公園には間に合いそうに無かったので、途中の万年橋という大きな橋で何人かの方と並んで拝みました。

山と空のコントラストがそれはそれは美しかった。

川が静かに動いていて、その風景にこの土地の豊かさを心底素晴らしく思ったのでした。

縁があって住む街は、人はそれぞれ胸の底から特別な想いが込み上げるのでしょうね。

ふとした瞬間に。風の匂いとかも。切なくて涙が出そうになったり、何とも言えない幸福感に包まれたり。

093年末、大掃除をしながら、急にイイ予感に襲われて、2013年はスゴイことか待ってるかも・・・と思っていたら、何と初詣のおみくじ”大吉”。

大吉は京都で上賀茂神社のこのお馬さんみくじを引いたときにも出たんですよ。年末年始、続けて大吉。

ひょえ~怖すぎ。今年の私はラッキーウーマン。

何があるのか2013年。ふふっ・・・。

友達との集まりで自慢気に話したら「大吉って良すぎて良くないんだよね」だって。

「知ってるけど言わないで」と反論しながらみんなでゲラゲラ。

良すぎて良くないってさ・・・意味分からんな。

でも、「調子に乗るな」的なメッセージは必ず最後にありました。心を正しく、とか。

はい、脱線せずに今年もしっかり己の道を歩みます。010

毎年恒例の干支を絡めた写真撮影もドタバタでした。

もうふざけちゃって困った困った。

靴下で白ヘビ(笑)べたな感じでごめんなさい。

ユニはかじって脱ごうとするし、落ち着いたら今度は意味が分からずキョトンとした感じがオモシロイ。

ダボダボの白ヘビ。

世は面白がって変なポーズばかり。

手がヘビ。食べちゃうぞ。

良いことも、悪いことも、必要ならば起きますが、そんな全てを受け入れて、乗り越えて、消化して、人生の宿題を一ページずつ終わらせる。

2013年もそんな変わりない、意味深い一年にしたいと思っています。

私にとって歩む道はやはりここしかありません。

大切な毎日、一歩一歩です。

繋がっている全ての人に感謝です。常に皆さんの幸せを願っています。

今年もどうぞよろしくお願いします。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »