« 相棒が増えました | トップページ | 工房で飲む珈琲 »

2012年9月13日 (木)

扉の向こう側

まだまだ残暑、厳しいですね。

でも我が家は既に冬の心配に入りました。

怖い・・・怖いよ~あの寒さが。

今年は絶対にインフルエンザになんか掛かるものか。

お日様にたくさん当たって、エネルギーチャージするのだ。

今回は、ふと思ったことを。

035我が家のトイレのドアです。

木の棒を横にスライドさせて入る作りです。

何年物なんですかね。

丸い木の札は、ずーーーーっと前にシドニーの蚤の市で買ったお気に入りのものです。

男の子がおまるに屈んでいる絵が描かれています。

私が住んだ歴代の家に飾って来たトイレ札。

この扉の向こうには、また更に時代をワープしたかのような景色が広がります。

木枠の窓の外に、ぎっしりと積まれた薪置き場と、山椒と柿の木など。

この風景を目にすると、何となくホッとします。

以前に使用したお客様が、「ここのトイレは一回入ったほうがイイ!」と言って、連れの方にも行くように勧めていたのが可笑しかった。

さて、この扉、夜になると真っ暗に・・・。

簡易的に付けたライトがセンサーでボワーッと光るだけ。

最初に見た瞬間、あちゃ~と思いました。

世が夜トイレに行けないな、と。

真冬の夜中に付いて来てとか絶対ヤダな、と。

ここに越して来てもう1年が過ぎましたが、その間訓練を重ね、トイレに付いて行く距離を徐々に縮めて今ではめでたく一人で行けるようになりました。

でも、階段を全速力で駆け下りて、一階のあらゆる電気を付けまくり、ドアを開けるときに必ず「おかあ~」と叫びます(笑)

その声がたまらなく可笑しくて愛しくて、二階でいつも耳を澄ましています。

「おかあ~。おかあはさ~ワンピースの中でどのキャラクターが一番好き~?」

ものすごい大声で自分のテンションが高くなる話題を投げ掛けます。

「サンジー」

大声で二階から答えるのももう疲れました。

おトイレしながらいつもこの会話。

怖いのね~。まだ怖いよね~(笑)

世の癖なのか、トイレに行く前は昼でも夜でも必ず「トイレ!」と報告します。

「はい、どうぞ~」と言うまで何度も言うので、その儀式が無いと安心しないらしいです。

このトイレのやり取り、いつまで続くのかな。

声が届かないくらいの豪邸に住む日までかな。

いや、その前に世が成長して、声変わりもして、あの「おかあ~」コールはもう聞けなくなるんだな。

そう思うと、あまりに可愛くて一度録音しておきたい程。

そして反抗期になったら、それを聞かせて応戦するつもり。

« 相棒が増えました | トップページ | 工房で飲む珈琲 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

ふふふ。私もこのトイレ、感動した一人です(笑)!!素敵だよね。でも怖いよね、夜は。うちのもきっと絶対一人じゃいけないだろうなぁ(笑)。ほんと、もうすぐ “あー、こういうの終わりかな”って思うこと、増えてきたね。わかる、わかる。是非、録音しておいて~。

ようちゃん

昼でも薄暗いからね。子供にはたまらなく怖いよね。
初めて来た子は大抵ビビリます(笑)
中に入るとまたアナザーワールドなんだけど。

子供の成長において、今すごく微妙な境目な気がするよね。
可愛い、って形容詞はもうすぐ使えなくなるんだよね・・・。

世くん、かわいいーーー。
ホントにいつまで呼んでくれるのでしょう?笑
うちのトイレも同じ鍵の方法です。
若い子は開け方がわからなかったりする!笑

pyonkichiさん

おっ、やっぱり同じドアですか?
若い人、確かに分からないみたいですよね。
ドアの前にしばらく立ち尽くす人続出です。

世は怖がりなので、あと数年は叫んでくれそうですが・・・(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541202/55646522

この記事へのトラックバック一覧です: 扉の向こう側:

« 相棒が増えました | トップページ | 工房で飲む珈琲 »