« 海がテーマの展覧会Part2 | トップページ | 個性の花が咲きました »

2012年6月22日 (金)

作って作って、また作って

ご無沙汰してます。

この前の台風もすごかったけど、今朝もじゃんじゃん降ってました。

世の長靴は丈が長くてちょっと畑仕事風なので、履いた姿が若干かっこ悪かわいくて好きです。

ランドセルは革なので黄色いシャリシャリのカバーを掛けて、何となくダサい感じで友達とじゃれ合いながら歩いていく後姿を見送るのが幸せだったり。

朝が弱い私は、パジャマに眼鏡姿という完全に素敵なお母さん失格ですが。

毎日ホントに忙しくて、朝全く起きれません。

自分の顔も洗わずに朝ごはん作る、みたいな感じです。

この前、市で開催していた「秋田の子は何故成績が良いのか」という講演会に参加しました。

これと言って真新しい情報はありませんでしたが、まとめて言うと、昔ながらの暮らしぶりが残っていることが大きいみたいです。

・お母さんがお夕飯を作っているすぐそばの食卓で毎日宿題をする。

・家のお手伝いをする。

・毎日(週末も)必ず短時間勉強する

・読書をする

・朝ごはんを食べる

・夕飯のときに会話がある

などでした。

朝ごはん、お夕飯、のことで言えば、朝ごはんが出てくるような、親が子供のために環境を整えている家庭で育っているかどうかが大切なんだそうです。

知ってる、知ってる。分かってる、分かってる、なんて思いつつも、朝が弱い部分を強く反省しています。

とりあえず、服を着替えて味噌汁は出来たてを提供したいところ(笑)

晩の残りを温めなおし、は、キャロライン風(大草原の小さな家の母さんね)ではな~い。

冬は寒くて起きられず(室温0℃の日も!)、夏は仕事で疲れて・・・っていう言い訳をやめるだす。

因みに、秋田は平均的にまあまあ出来る子が多いけど、けっしてずば抜けて出来る子が居るとかそういうことでは無いそうです。

上も下も居なくて、そこそこちゃんと出来る子が多い、ということで。

昔ながらの温かい家庭の暮らしをして行けば、とにかくベースは整うということですね。

ずば抜けるとかそういうのは、その次のステップなんでしょうかね。

うちの子はどうなのかな・・・(笑)

とりあえず私は出来たての味噌汁をしつこく作ろうかな。

021忙しく毎日サンダル作りに励んでます、ってことだけ報告しようと思ったら脱線しました。

青梅ではフリンジサンダルの方が人気です。

山だから足をより多く包みたいのかな、なんて勝手に理由を考えたり。

工房移転して初めての夏。こっちではサンダル売れないかな・・・また一からやり直しかな・・・なんて不安もありましたが、人が人を呼んでくれて、色んな繋がりが出来て、お陰様で嬉しい忙しさです。

本当にありがとうございます。

ユニも元気です。

縁側と玄関前が定位置で行ったり来たりのんびりしてます。

森はダニが多いから、この季節はちょっとお散歩お休み。

山に囲まれたこの街の景色や空気がご馳走で、雨にも負けず毎日朝晩川原や街中をのんびり歩いてます。

« 海がテーマの展覧会Part2 | トップページ | 個性の花が咲きました »

育児」カテゴリの記事

コメント

いい日記でした。胸がキュンキュンしたよ。
子供こそ最大の「作品」だよね。
これからの日本には「勉強のできる子」よりも「頭のいい子」が増えてほしいです。今世の中を見回すと「教養のあるバカ」のなんと多いことか。高学歴で一般常識を知らない連中が引き起こすたくさんの悲劇。今まで日本が目指していた高学歴至上主義の弊害がどんどん露呈してきたみたいで、、、
あちゃー、「素敵な日記をありがとう」と言いたかっただけなのに。難しい話はまたいずれ。
早起き頑張れ!

Ryokoさん、こんにちは!
貴女のような素敵なお母様なら、心配しなくても大丈夫ですよ(^^)

世ちゃんにはちゃんと「おかあちゃんの偉大さ」が伝わっていると思うから♪

今はある程度の大学へ行っておけば、その先はコミュニケーション能力と個性のある子の方が勝ちます。

小さい頃からのお受験戦争は結局の所、引きこもりを増産しているだけなんですけどね(^^;)

それがわかってない親が多くて困りますよね。

世ちゃん、今はいっぱい外で遊んで体力と精神力を養いましょうね!

ケンさん

単純に子育ての反省や不安を綴っただけなのに、そんな風に感じて下さってありがとうございます。
講師の先生が塾について話されてたんですが、そこに通って勉強する時間を、外で遊んで色んな事を感じて学んで欲しい、と。
「ススキの葉を下から上にスッと触ると手が切れる。そんな経験から心が豊かになる」って。
素敵なお話だな、と思いました。
生きる力は卓上では培われないと言うのは事実だと思います。
我が子には痛みを知る人間になって欲しいですよね。
タイゾー、リュウゾー君はもう既にたくさんの事を経験していますよね。
素晴らしい環境です。


未未子さん

そんな風に言って下さって大変恐縮です。
世のためにどんな母親で居るべきか、理想ばかりが先走り、全然追いつけていないことにがっくりすることばかりです。
不安や自信の無さはなかなか拭えません。

お兄ちゃん、お姉ちゃんを見ていると、未未子さんがどんな思いで子育てをされて来たのか良く分かります。
二人とも、立派にそれぞれの道を幸せに歩んでますね。
コミュニケーション能力と個性、大切に伸ばしてあげたいです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541202/55024710

この記事へのトラックバック一覧です: 作って作って、また作って:

« 海がテーマの展覧会Part2 | トップページ | 個性の花が咲きました »