« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

おかえり

何とも過ごしやすい毎日。

寒くないってこんなに幸せなことだったかなぁ・・・。あ~幸せ。

002先日、嬉しい里帰りの子が一足。

もうすぐ3歳になる鈴くんに作ったターコイズブルーです。

タ、ターコイズブルー?って感じですね(笑)

いい具合に日焼けして、ダークネイビーみたいに変化してました。

ボタンも取れて、型崩れもしていましたが、何とも愛らしい一足に成長していました。

それもそのはず。

この靴、毎日履いてくれているそうです。

鈴くんがとても気に入ってくれて、他の靴は長靴以外受け付けないとか。

公園で毎日元気に走り回って、お砂場も、ミニバイクのブレーキにも、とにかくどんな時も鈴くんの足元はこの靴だそうで。

ママからのお手紙を読んで、嬉しくて両手でギューッとしてしまった。

修理もかなりの大手術に及びました(笑)

利かなくなったマジックテープと取れたボタンの付け直しだけの予定でしたが、これはそうもいかん、と思い立って、アチコチお直ししました。

長靴で何とかしのぎます、とのことだったので、大急ぎで仕上げました。

009ソール交換やステッチの縫い直し、型も復活したので、これでまだもう少し鈴くんと一緒に歩けるかな。

革靴だから、と勿体無がらずにこうしてどんどんガシガシ履いて頂けるととても嬉しいです。

こんな風に時を刻む靴をこれからも作り続けたいな、と思えた幸せな修理でした。

2012年4月24日 (火)

キッズウィークエンド

031先週の土曜、青梅ブンブンの会さんのイベント、キッズウィークエンドに少しだけお手伝いとして参加してきました。

福島の子供たちを青梅に招待する企画。

小学1年生から6年生まで、合計41名の子供たちが青梅に。

お天気は少し肌寒かったのですが、みんな元気いっぱいでした。

白丸湖からのラフティングを終えて朱トンボさんでバーベキュー。

食後は竹灯篭、Tシャツ、ガラス絵、お箸作りのワークショップでした。

私は竹灯篭担当。男の子ばかりでした。

何せ子供が好きなものですから(しつこい)、接することがもう楽しくて仕方ないわけです。

まずは竹にチョークでデザインを書き入れ、その後のこぎりやドリルでカットして行きます。

035これがですね、またみんな後先考えず難しいこと書くわけですよ。

爆発的に流行っているスギちゃんの決め台詞「ワイルドだろ~」の文字を入れたがるのですが、どうなんだろ・・・無理なんじゃね?みたいな(笑)

でも、まぁのっけから無理とは言わず、そこは何とかやりたいのだ!ということで、大人達は必死になっていました。

小さな穴を繋げて文字にする攻撃。

わたしが担当した子は、途中で全然文字に見えないことにうっすら気付きつつ、最後までやり遂げてましたが(笑)エライ!

おばちゃんが力不足ですみません。

みんな本当に一生懸命で、譲り合い、協力し合い、何かジーンとしましたよ。

036出来上がった作品は、個性豊かな素敵なものに仕上がりました。

夜は、ビカビカ明るくなくてイイんだよね。

この手作りの灯篭のほのかな灯りを見つめながら、みんなどんなこと思うかな。

がんばっておっきくなってね。

オトナがね、がんばんないとね。

原発の再稼動なんてさ、この子たちを前に安全だ安心だ、なんて言って推し進められるはずがない。

外遊びが未だに出来ず、スクールバスでの通学だからお友達ともなかなか行き来ができず、室内でゲームばかり。

みんなの中にエネルギーがたくさん眠っている。

それをどんどん発散しないとね。

元気に、健康に成長してもらいたい。

その為に、私がすべきことは何だろう。

この子達に「ありがとう」って言ってもらえる未来はどんなだろう。

2012年4月22日 (日)

美味しいお客様

肌寒いですね・・・。4月はちらほらこういう日があるから気が抜けなくてやなんだな。

忙しすぎて、ブログの更新も全く追いつかず。

先週のぽかぽか日曜日、桜も見ごろだった青梅に友人のようちゃん、えっちゃんがたくさんのお土産を持って工房に遊びに来てくれました。

子供たちもみんな男の子だからとても賑やかだった。

以前にこちらで紹介したお菓子名人のようちゃん。

今回もびっくりなお土産を。

018オレンジのタルト!

これ、手作りですよ。

中のカスタードクリームもほんのりオレンジ風味。

もうとろけるような美味しさでした。

世もびっくりしてました。

こんなすごいものが手作りできるのか、と。

私はできない。

ママたちのおやつで半分頂き、残りの半分は世とじっくり味わいながらも2日で消え去ったのでした。

あ~また食べたいな。

020そしてタルトだけでもびっくりなのに、こちらのマカロンも!

ブルーの方がヨーグルトクリームにジャムがほんのり。

爽やかな甘さ。

ピンクはチョコクリーム。これも最高!

これ作るの、すごく難しいんだろうな・・・。

021そしてそしてこちらのアイシングクッキーもっ!

これね~近くで見るとすごいんですよ。細かくて。

バレンタインの顔クッキーでへこたれた私には有り得ない完成度。

もったいなくて食べられないのですよ。

世は見つけては「もういい?」って聞くんですけどね。

まだ・・・だな。

どのお菓子たちも可愛くて美味しくて、我が家のテーブルが春いっぱいになりました。

ようちゃんが「手作りはやっぱりフレッシュさがイイのかもね」って。

えっちゃんとうんうん、と頷く。

そうなんですよね。出来立てをすぐ食べる、ってやはり素材の良さが伝わります。

甘いものは気持ちが潤いますね。

ようちゃん、えっちゃん、楽しいひと時をありがとね。

2012年4月16日 (月)

久しぶりの国分寺

003先週、HouseさんのHouse展にお邪魔してきました。

会場は国分寺の住宅街にひっそりと佇む一軒家。

素敵な空間でした。

001増満さんの作品は昨年の夏にくつくつくつ展にて拝見していましたが、今回はHouseさんの世界観溢れる空間に触れて、とても勉強になりました。

Houseさんの靴は、温もりのある強さをもっているような気がしました。

ちょっとだけご挨拶させて頂きましたが、やはり芯の強さを感じさせる方でした。

自分はまだまだだなぁ・・・と思いつつ、でも頑張るぞ、と小さく誓いながら電車に乗ったのでした。

因みに今回、会場で販売されていた青木隼人さんのguitar solo #1というアルバムを購入しました。

音楽はあまり詳しくないのですが、これがですね、大変心地よい優しいサウンドで。

大変好都合なことに、作業ににめちゃくちゃ集中できます。

ので、現在工房でずっと掛けてます。

現在、レディースのショートブーツを製作中。ベビーシューズのショートモカシンをアレンジして、気軽に履けて、でも要所要所はしっかりとした作りにしました。

その後は猛スピードで5月に参加するマーケットと展示会の準備に掛かります。

詳細はまた追ってお知らせします。

さて国分寺。

20年振り位かな・・・。懐かしかった。

青梅がヤダ!と言って飛び出して、初めて一人暮らしした街です。

っていうかそんなに離れてないし(笑)

アルバイトしながら貧乏生活してたので、楽しかった記憶があまり無いのですが。

初めて入ったスーパーが大きくてアメリカみたい、と思ったのを覚えています。

実際はきっと全然違ったはず。

確か・・・パーク?だったかなぁ。今行ったら多分大きくなんて感じなくて吹き出しちゃうかも。

久しぶりの国分寺は、駅の様子とか街中とか、すっかり変わっていて驚きました。

ねじまき雲さんも新たにカフェをオープンされたそうなので、またふらりと訪れたいです。

2012年4月12日 (木)

幸せの経済学

003二週間ほど前に、青梅ブンブンの会さん主催のイベントでこの映画を見てきました。

映画の前には、物々交換や地元の方のフード販売、震災地復興支援活動なども。

世は、今まで集めたポケモンカードなどを整理して箱に入れて出品。

代わりにキャップやミニ消しゴム、ミニ色鉛筆などを貰って帰りました。

楽しいし、すごく良いことしてる気分でした。

物々交換。昔の人みたいで、お金に縛られてなくて、もっと大規模でやりたいな、なんて思いました。

これいくらかな?って値札を見なくていい、あといくら持ってるっけ?とお財布の中身を気にしないで済む開放感。

マネーフリー。タダ、ってことじゃなくて、心がお金に支配されてない感じでした。

前日、これは誰の元に行くかな、なんて考えながら品物をきれいにして、説明のタグを付けて。

楽しかった。

001会場となった青梅織物会館は、とても古い建物で前から入ってみたいな~と思ってた所。

レトロで素敵でした。大雨だったので、外観の写真撮れず。

すぐお隣には、様々な作家さんの工房が集まったさくらファクトリーがあります。

こちらも素敵なんだな。

目の前は以前紹介した繭蔵さんです。

さて映画の感想。

良かったです。そしてグッと集中しないと難しく感じる部分もあり、授業を受けるみたいな気持ちで観ました。

ラダックという小さな国で、それまでみんなが幸せだと思って暮らしていたのに、西洋文化が入ってきて知らなかったものを知って、さてその後どうなるか。

若者が、自分たちの民族を欧米人より劣っていると感じ始める。

かっこいい、素敵、美しい、美味しい、楽しい、便利、早い。

それらの言葉が私たちの人生にどう作用するか。

経済成長、経済成長、呪文のように唱えるリーダー。その人の下で、私たちは幸せになれるのか?

この映画でのキーワードは、GHN(国民総幸福量)とローカリ(ライ)ゼーション=地域化です。対義語としてグローバリゼーション。

どちらも、この先とても大切な意味をなす言葉だと思いました。

興味を持って、意識して、実行しているような生き方にしたいです。

一人一人が、家族だったり、隣近所だったり、住む街だったり、なるべく小さな規模でしっかりと繋がって、その中で充実感、安心感、そういったものを高めて行ければな、と。

すぐ側の人と、しっかり繋がる。

そしたら、遠くの誰かを、遠くの国を支配しようなんて、その資源を利用しようだなんて、大それたことは考えなくて済むのになぁ・・・。

今あるもので何とかしましょう!って気持ち、結構大きなパワーを生むと思うんですが。

2012年4月 6日 (金)

春休み、終わり!

いよいよ新学期が始まりました。もう3年生。早いな。

長いような、短いような春休みがやっと終わりました。嬉しい(号泣)

引っ越してきて7ヶ月とちょっと。まだまだこちらでは近所を自転車でかっ飛ばして遊び回る友達が居ないこともあり、「暇だ暇だ」を連発する日々でした。

お手伝いとして、朝晩ユニの散歩を担当してくれて、それは大変助かったのですが、毎日毎日すぐ側を一人と一匹がチョロチョロ、チョロチョロ。

春休み前半、じっちゃんに買ってもらった新しいソフトをやり過ぎた為、DS禁止令を出したら暇に拍車が掛かった世。

一時もじっとしていられない様子。

剣玉の連続技を見させられ、空手の型を見させられ、どうぶつ将棋の相手をさせられ、二階の屋根からは干していた布団や枕が落ちてきて、ゴムでくくられたボールが家中をガゴンガゴンと鈍い音を立てて飛び交っている。

ユニとのプロレスを何度も止めて、ユニは世のことを好きなんだか迷惑なんだか、とにかくより一層私にまとわりついて離れない。

神様、仕事を、どうか仕事をやらせて下さい・・・(泣)

よし、と思い立って”賢くなるパズル”という名のドリルを2冊買い与える。

賢くなれ~、賢くなるのだ~。

面白がってかなり集中したけど、2日目からは don't open.

賢くなる作戦失敗。がっくし。

だもんで後半はヤケクソで世との時間をいっぱい過ごしました。

先日のかず君に続きドイツからも嬉しい訪問があり、世は朝からせっせとパウンドケーキ作りに挑戦。ヨーグルトとココナツを入れて、サクッと爽やか。

ちょっと焼きが足りませんでしたが、美味しいと褒めてもらって良かったね。

お忙しい中、わざわざ青梅までお土産たくさん持って来て下さって、本当に感謝です。

021そしてそして、クレープコロモさんでの楽しいイベントにも参加。

コロモdeカフェ。

美味しいクレープを頂きながら、作家さんの素敵な展示も見れちゃうイベントなのでした。

吹きガラスの平岩愛子さん、陶芸家の遠田草子さん、キノコランプの高野幸雄さん、銅版造形作家の持田史人さん。どれもこれもハイクオリティーで素晴らしい作品ばかり。

美味しい&美しいで、私のテンションはマックス!だったのですが、すぐに飽きちゃう少年が居たな・・・。

もっとじっくり見たかったな・・・。

019でも、そんな子供も楽しめる楽しい消しゴムはんこ教室もありまして、コロモさん何ともナイスな空間です!

作家の沼倉智弓さんが、優しく丁寧に指導してくれました。

世は色々悩んでユニのはんこを作ることにしました。

「子供の作ったものって、意外とあらかわい、ってな仕上がりになるんですよね~」なんて話しながら世の制作を見守る。

002じゃーん、完成はこちらで~す。

が・・・がわいい!

子供ってすごい。

ユニはホントは耳が立ってるんですけどね。「垂れてる方がかわいいから」との理由だそうです。

沼倉さんの忍者スタンプも感動ものです。他にも色んな作品があって、あまりに”かわいい!”を連発し過ぎて何かしつこくなるからちょっと控えたけど(笑)

世、この感性を活かして靴のスタンプも作ってくれないかな・・・。

肝心のクレープは、世は限定のブルーベリードリーム、私はペッパービーフを頂きました。

熱々が美味しいので即かぶりついちゃって写真な~し。すみません。

だってめちゃめちゃ美味しかったんですもの。

というわけで、こちらの動画をお楽しみ下さい。青梅に来たら是非食べて帰ってね。

河辺駅から徒歩5分です。

2012年4月 4日 (水)

かず君、参上!

春休み、育児ネタが多いです。

育児ばっかりやってます・・・。

宿題も無いのでダラリのんびりと日々を過ごす世ですが、先日、大の仲良しのかず君親子が茅ヶ崎から遊びに来てくれました!

もう何日も前から興奮して、会う人会う人に話していた世。

7ヶ月ぶりの再会~。

青梅駅に迎えに行って、車の中では前方ママ達だけがトーク炸裂。

後ろは照れてシ~ンとした二人(笑) 遠距離恋愛かっ。

がしかし、そんな二人にもネタを与えればあ~ら不思議。会えなかった時間は一気に飛んでった。

ランチするお店に着いて、車を出た途端元気炸裂の二人。どうやら密室は好まないらしいです。

040奥多摩の川井にあるどんぐりんこのテラス。パンシチューで有名なお店ですね。石ちゃんも取材に来たとか。

073前回ビーフシチューを頼んだから、今回はキーマカレー(ハンバーグ入り)を頼みました。

どっちも美味しいよ。

写真で伝わるか分かりませんが、かなりビックです。

一人では食べ切れません。

親子で一個をシェアしてちょうど。

076お日様も気持ちよく、川景色を眺めながらの食事。

かず君ママはわ~とかキャ~とか言って喜んでくれたんだけど、この二人は食事の内容なんてど~でも良くて、ちょっと食べたらすぐ下の川原に遊びに飛んで行きました。

あれこれ相談しながら探検してます。

とにかく二人は興奮していて、そのはしゃぎようが見ているこちらまで自然に笑みがこぼれるほど。

我が家に戻ってからも、かなりのレトロさにすっかり昭和の子に変身して、二階の屋根に寝転びながら梅ジュースを片手に漫画を読む二人。

夕方はユニの散歩で山に行き、これまた大興奮な二人。

世も友達が来てくれる事によって今の環境の楽しさを再確認出来たし、親子共々本当に幸せなひと時でした。

かず君親子、サンキューです!今度は必ず梅ソフト食べようねっ。

2012年4月 1日 (日)

梅便り

Photo_24月。風は強いのですが随分暖かくなりました。

もう桜の話題の時期ですが、青梅ではまだまだ梅が綺麗に咲いているので、ちょこっとご紹介。

こちらは、宮ノ平駅近くの明白院(めいばくいん)のしだれ梅です。

二本ど~んと大きな木が並んで立っていて、大変見事な佇まい。

意外と梅も華やかさでは負けてませんね。

次から次へと立ち止まって写真を撮る人々で賑わっていました。

犬の散歩ついでに立ち寄れる距離に住んでいるなんてラッキー。

ただし、こちらの梅はやはりウィルスの関係で来年、再来年辺りには切られてしまうそうです。

すんごい残念。どのくらい歴史があるのかな・・・。

こういう木ばかりで本当にがっくり。

来年はもしかしてぎりぎり見られるかも知れないので、是非とも見納めに来てください。

Photo_3そして、こちらも何とも素敵な大家さんちの梅なり。

とても立派な紅梅です。

何年物かわかんない、って大家さんは言ってました。

こちらはウィルス、ぎりぎりセーフ!

この先も毎年綺麗な花を愛でることが出来そうです。

我が家のすぐ横なので、来年、再来年と、春になったら是非。

まだ1週間は綺麗に咲いてくれると思うので、今からでも間に合います(笑)

梅って、結構長いこと咲き続けてくれるし、香りもバツグンだし、風情もあって何か好きだな。

この辺りが梅の観光地ということもあって、今まで育って来た青梅ライフよりも一層この花を満喫しています。

今度は梅の公園にお散歩してこの春の梅の見納めにしようと思ってます。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »