« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

達成感

バタバタしている間にもう大晦日。

モーレツに忙しいです。仕事以外でこんなに忙しいと、何か途中でくじけます。

夜中の1時に年賀状出して来たり。元旦に届くかな。

本局の明りは煌々と灯っておりました。皆さん、お疲れ様です。

2011年を振り返ると、ホントに色々ありました。

3月の初展示会と震災に始まり、その後2度の展示会、引越し、4ヶ月経ってやっと落ち着いて来たかな~と言った感じです。

そんな変化の激しい一年間で、考えること見つめなおすことがとても多くて、去年の今頃とは立っている場所が全然違うことに気付きます。

心身ともに、全く違う場所で生きているような。

これは常に現在進行形ですが。まだまだ変化は訪れます。私自身も知らないどこかへ向かっています。

だから、今居る足元をしっかり見つめていようと思います。

こういう思いは、私個人だけのことに留まらず、地域や日本全体へと広がります。

あの震災の影響は本当に想像を絶するものでした。

多くを失った方々が、どうか安らげるお正月を過ごせますように。

私の来年のテーマは、仕事。仕事します。毎日毎日、革と靴と向き合う時間をたくさん作りたいです。

工房の定期オープンも調整しつつ、サイトやブログの見直しなども進めて、色々なことを形にして行きたいと思います。

そんな工房の足固めとして、先日完成したこちら!

001 ダ~ン!ウッドフェンスなり!

どうです、この見事な出来栄えshine

友よ、本当にありがとう。

女4人、ノー知識、ノー経験でここまで仕上げました!

「私達、スゴ過ぎ」とずっと自画自賛(笑)

何度集まってもらったことか・・・。

一面出来るごとに、「お~!」と喜び合い、段々楽しくなっちゃって。

やはり、中学時代のバスケ部メンバーなので、息がピッタリ。

作業も上手いこと分担して、実にスムーズでした。

さずが、あの厳しい練習に耐えた仲間だね(笑)

それにしても最後の作業は12月半ば過ぎでしたからね、寒かったね~。

みんな、ホントにお疲れ様でした。

006柱の杭を打つのが一番大変で、石に当たっては掘り起こし、みんなで土まみれになりました。

これはホント、泣きそうになった。

しかも、後ろの石段や諸事情の関係で、このフェンス、微妙にカーブを描いています(笑)

木のもつ柔軟性のお陰。上手いこと行きました。

色は、アーモンドベージュのような淡い感じです。

これ全部、材料をホームセンターからせっせと運び、ペンキ二度塗りして、・・・あーもうやりたくない。

正確には、まだちょっと作り足す部分はあるのですが、今年最後にこの大仕事は幕を閉じたのでした。

いや~素晴らしい達成感!

これでユニが大家さんの敷地に脱走することなく、安心して庭遊びをさせられます。

冬はこうして日が当たらないので極寒ですが、春になったら柔らかい日差しと共に庭造りを始めます。

DIYはコツをつかんだので、ウッドデッキなんかも造っちゃおうかな。

さてさて、いよいよ2012年ですね。これから掻揚げそばを作ります。

年賀状で寝不足続きなので、明日は恒例の初日の出を見られるか全く自信ありませんが。

今年も本当にお世話になりました。

遠くから、すぐ側で、どこにいても、皆さんが変わらず見守って下さったことに感謝します。

皆さん、そうぞ温かくして良い年をお迎えください。

2011年12月26日 (月)

クリスマス報告

寒い日が続きますね。

我が家の室温も、朝方は2℃位まで行っております。あ~寒い。

014 皆さん、楽しいクリスマスでしたか?

我が家はケーキを焼きました。

まぁ写真を載せるほどの出来ではないのですが。

電動ミキサーを持っていない、というところからツマズイて、スポンジはホットケーキ。

大きすぎて、重たくカッチコチの仕上がり(笑)

食べた人全員、「かったいな・・・」と。

急いでたからごめんね~。

ケンタくんママが、「卵をふわっふわに泡立てるとホットケーキでもふかふかのスポンジが出来るよ」と教えてくれました。

そっか、次回はそうしよう。そしてまず電動泡だて器を買おう。

間には生クリームとチョコレートクリームを交互に。豪華3段仕立て。

世もイチゴをスライスしたり、クリーム塗ったり、上に金平糖をちらしたり、たくさんお手伝いしてくれました。

でも固いから、ってほとんど食べてません。

サンタさんとユニにも、ミニバージョンを作りました。

ユニはクリスマスの朝、大興奮で平らげました。これがクリスマスプレゼント、ということで。

023世に届いたプレゼントはこちら。

サンタさんからは、英語のトレーニングソフトとどうぶつしょうぎ。

お父ちゃんと相談の結果、”ためになるもの”シリーズにしました。

ソフトはマミーイングリッシュの教材に(笑)

どうぶつしょうぎは、以前テレビで特集されていて、当時は欠品で買えなかったのですが、この度無事ゲット。

さっそくやってみましたが、かなり面白いです。

親子ではまってます。

なかなか決着付かないんですよ。実に奥が深くて。

そして私からはワンピースものをゴチャっと。

UNOは前から欲しがっていて、やはりこちらも既に楽しんでます。

お正月とかにみんなでやろっと。

文房具は浅草で買ってきたもの。 青梅ではあまり見かけないものがたくさんあったので、つい買ってしまいました。

今使っている缶の筆箱がガタガタだったので、3学期からはこちらで気分をリフレッシュしてもらおう、と思ってたのに「3年生位からはみんなこういう筆箱使わないんだって・・・」とポツリ。

えっ?そうなの?遠回しに要らないって言った?

でも、開けて「かっこい~」とか言ってるし。ま、壊れるまで大事に使って下さい。

クリスマスに一家で来てくれたケンタくん。

只今一人残ってお泊り中。

一緒に3DSやったり、ユニとの森の散歩でハッスルしたり、岩に登ったり。

久しぶりの仲良しタイムを満喫しています。

離れても変わらない友情、ずっと続くとイイね。

2011年12月22日 (木)

歴史から学ぶ

016 先日、浅草に今年最後の仕入れに行って来ました。

青空に銀杏とスカイツリーが良く映えていたので一枚。

朝からかなりのハードスケジュールで、浅草でも4件の問屋さん、資材屋さんを梯子。

一応予定表なるものを作って、この店は何分間、とか決めながら浅草内をバスで移動。

浅草橋では、おもちゃの問屋さんも結構あって、急いでいるのに、ふとワンピースのカードを手に取ったりしてしまう。

良く駄菓子屋さんでぶら下がってる、紫色の紙袋に入ったカードたち。中身が分からないやつです。

あれを丸ごと420円で売っていて、これ喜びそうだな・・・なんて思いながら。

隣の嵐のカードも魅力的(笑)。お松様が表紙で微笑んでる。

でも、こんなに要らないでしょ、と思い立ってまた歩く。

浅草寺にも寄れず、おいしいものも食べられなかった。

残念。

革の問屋さんでは、とても有意義な時間を過ごしました。

革の歴史なども含めて、深い深い話を。熱く語って下さる社長さん。

革に対する思いをまた新たにして、この仕事に辿り着いたのも”やっぱりそうだったのか・・・”なんて自分のルーツを再認識したりしました。

革一つを取って、こんな話が出来る方はなかなか居ないだろうな。

すごい脱線した内容に感じても、ぐぅ~っとカーブして革に繋がって行く感じが面白かったです。

新しい色も見せて頂いて、またまたちょっと購買意欲が・・・。

徐々に増やして行こうと思います。

革のお話はまた改めて。

017往復の電車の中で完読した本です。

田口ランディさんの「ヒロシマ、ナガサキ、フクシマ」

面白い、って言い方は合っていないのかも知れませんが、とても興味深く、分かりやすい内容でした。

どうして原子力エネルギーが発明されたのか、どうして原爆が投下されたのか、そして戦後間もない核に対する反感の中で、何故原発が日本に来て定着し、これまで推進され続けて来たのか、というルーツについて詳しく書かれています。

自然エネルギーを推進していく中で、これを知っておくのはとても大切なことだな、と思いました。

原発にも理由があった、ということ。

仕方の無い理由も、悪い理由も含めて。

闇雲に反対を叫ぶのでは、未来に対する議論は成り立たないのだな、ということが理解できました。

ランディさんが最後に締めくくった内容がとても印象的でした。

「誰かを悪者にする議論は不毛です」と。

過去や歴史を「わかった」と決め付けず、そこから学び続ける必要性をランディさんは訴えています。

まだまだ「知る」必要が私達にはあるのだと思います。

廃炉に向けてこの先40年近く掛かる福島でも、その生産性のない地味な作業にずっと携わって行く方々が居る中で、原子力業界そのものが社会的に批判され続けてしまったら、その方たちの精神的、肉体的負担は相当なもので、それを学ぶために東海村の臨界事故がある、と書かれています。

すでにそこに存在するもの、それを善悪で括るのでは良い結果は生まれないのかも知れません。

本当に良い方向へのシフトを望むとき、自分の中で事をどう捉えるべきか深く考えさせられた一冊でした。

2011年12月19日 (月)

田中優さんの講演会@青梅

032 先週の土曜日、田中優さんの講演会に行ってきました。

比較的小さな会場でしたが、若い人から御年配の方まで、会場はいっぱいで、本当に有意義な時間を過ごせました。

帰ってからもしばらく興奮冷めやらず、といった感じ。

震災後、カロカロハウスのみどりさんのブログなどを通してこの方の活動を知り、動画なども拝見していましたが、直接話を伺うのは初めてでした。

実に分かりやすく、現実味のあるお話で、大きく頷くことばかり。

今回は”地方を豊にする”という事を中心に、エネルギー政策のお話や資源の活用、ローカル経済についてなど、幅広い内容でした。

何とも筋の通った、未来に光を見出せる様々な政策がたくさんあるのだと、田中さんのお話を聞くと、ただただ驚くばかりです。

聞いていて、楽しくて嬉しくなるのです。

頑張りたい、と思うのです。

自分たちが暮らす街が快適で、豊かな場所になる。

東京一極集中ではなく、様々な都市がそれぞれの場所の特性に合わせて、それらを最大限に利用して緑の点を作る。すると、その点があちこちに出来てきて、日本地図を上から見た時に、緑がいっぱいの国になる、日本全体が豊になる、そういう理論でした。

政治や法律に頼って、日本全体を緑のペンキで一気に塗りつぶされるのを待つのではなく、住んでいる身近なところから変わって行けばイイよ、と。

青梅、奥多摩は東京でありながら東京では無く(笑)、実に自然が豊です。

森や山、川や温泉など、つまり資源の宝庫なので、それらを大いに活用できることなども学びました。

ただただ、納得。深く深く。

今まであまりにも無知で、学びが少ない自分でしたが、震災をきっかけに、地域のこと、環境のこと、国のこと、考えていく歳なんだと、ハッとしました。

ただ生きて行くだけではないんだ、と。

自分の仕事や発信していくことが、周囲の人や環境をより良くしていけるものであることを願います。

変わるべきは変えられるんだな。

まずは自分の生活スタイルから。

因みに、アルミのサッシというのは、非常にエコではないそうです。

熱伝導率が良すぎて、外の寒さがあっという間に家の中に伝わる。

結露がひどくなるそうです。

一番良いのは木のサッシ(熱伝導率が低い)で、二重窓だと尚良しだそうで。

我が家は全て木のサッシですが、隙間風寒くてヤダな・・・と思ってたのに、そう言えば結露が全くありません。

湿度は暖房使っている冬でも常に70%位で、確かに寒いんですけど、それは日が当たらないからで、住んでいてとても快適です。

家の中の空気がとてもクリーンな気がします。

寒さって、慣れますね。身体が勝手に丈夫になってくれるから。

木で出来ている家とは、こんなにも人間の身体にとって好都合なのか、と実感しています。

木が湿気を吸ったり出したり、季節ごとに勝手に調節してくれるんですね。

自然のものは、上手いこと出来てます。

田中優さんのブログはこちらです。全国各地を飛び回っている方なので、機会があったら是非一度話を聞いてみて下さい。

「地宝論」は、圧力がかかり出版されるまでに様々な経緯があったそうです。

これからじっくり読んでみます。

下の動画はちょっと長いのですが、こんなお話をされる方です。参考までに。

2011年12月14日 (水)

今年のツリー

027 今年も生の樅の木でツリーを飾りました。

やはりこの質感が好きです。

家に到着したての頃はほのかな香りもあって、クリスマス気分が盛り上がります。

デコレーションは毎年変わらずドイツで使っていたものですが、今年はブルーの飾りは抜きでちょっと落ち着いた感じにしました。

032 白、茶、緑、ゴールド、と藁。

柱に刺繍の靴下をぶら下げました。

母「今年のサンタさんのプレゼントはこれに入るかもよ」

世「え~入るわけないじゃん」

いえいえ、今年の母ちゃんサンタは入れる魂胆です。

年齢が進むに連れて、プレゼントって小さくて済む気がします。

013 つい先日、早めのクリスマスプレゼントとしておじごおばごに念願の3DSを買ってもらって、もう夢中です。

で、サンタさんからはそのソフトかな・・・?

靴下にすっぽり入るし。

でも、ワンピース関連が欲しがるだろうから、ワンピースUNOとかかるたも検討中。

でも私としてはちょっと他にもあげたいものが。

イヴまであと10日。悩みますね。

2011年12月12日 (月)

タルト・タタン

友人のようちゃんは、お菓子職人。

二人の元気な男の子の子育ての合間に、毎日お菓子を作る。

一体全体どこにそんな時間があるのだろう・・・と思うくらい、凝った素敵なお菓子を焼き上げます。

それをほぼ毎日ブログにアップしている。毎日・・・。本当にスゴイ。

032 見る度に感動して、食べたいな~食べたいな~と思っていたら、何と、クリスマス向けのお菓子セットを送ってくれました!

ホントは遠回しにリクエストしたんですが・・・。

ようちゃん、ありがとね。

アイシングのクッキーが可愛かったので、ちょっとだけ食べてみたいな、なんて思ってたら、こんなにどっさり届いてびっくり。

・チーズクッキー(パルメザンとピンクペッパー)

・ヘーゼルナッツのフィナンシェ

・アイシングクッキー(リースとツリー)

・ジンジャーシフォン(オレンジピールとチョコレート入り)

これは世がぱくぱくっと食べちゃった。私は一口もらって、ユニはカップに付いた残りを担当(笑)

019・ベリーとクリームチーズのマフィン

こちらはアドバイス通り、ほんのり温めてから頂きました。

香りもお味も最高。何のベリーだったかな。歯ごたえがシャリっとあったのが入ってて美味しかった。

023 ・マロンチョコケーキ(くるみ入り)

これもまたほんっとに美味しかった!

リキュールの香りがほんのり。オトナなお味。

コーヒーとの相性バツグンで、幸せなひと時だったcafe

こういうものをサラリと作れてしまうようちゃん。家族のみんなはさぞかし幸せだろうな。

これからは、この幸せの輪をさらに広げてくれること間違いなし。

ようちゃんのブログ、タルト・タタンはこちらです。

毎日溢れるお菓子の香りがページを通して伝わって来ます。

ようちゃんの今後の活躍が楽しみです。

一口の美味しいお菓子とコーヒーで、今日も幸せ貰えましたclover

2011年12月 8日 (木)

ちょっとした工夫&節約その2

前回に引き続き、またまた我が家の工夫を紹介します。

寒くて切ない話でもあるんですが。

024こちら、お風呂です。

前に住んでいた方が、とても凝ったものを作ったらしく、岩貼りにタイルの浴槽。

シャワーと蛇口もフランスかイタリア製みたいで、可愛いデザイン。

旅館のこじんまりとした温泉みたいな雰囲気。

木枠の窓や柱はそのままで、決して嫌いじゃないんだけれど、だけども・・・さみぃ。

ひんやり冷え冷えの浴槽。夏に寝そべったら気持ちイイんでしょうけど、用途は浴槽。

そしてやけに広い。縦長にド~ンと。3人で入ってもゆったりかな。

初回、お湯を200ℓ入れたんですけど、1/3も貯まらず。

足湯・・・。

そもそも今まで生きてきて”お風呂は何リットルか”なんて意識したこと無かったです。

ボタンをピッ。湯量は印を上下させて好みの高さで決める。

お湯が貯まると勝手に止まって、ピララ~ンラララ~ン”オフロガワキマシタ”と機械がお知らせしてくれる。

そういう時代なんですよね、今は。

我が家はお湯の温度は選べますが、その他のことは自分たちで試行錯誤しながら、良い経験をしています。

さてこの大きな浴槽のお湯、場所的に洗濯に再利用できるわけでもなく、たっぷり入れてしまったら毎日ただ捨てることに・・・。

追い炊き機能が無いんです(泣)

しかも、入れてすぐにぬるくなるというアクシデント。8月の出来事。

色々な方のアドバイスを下に、まずは60℃で入れてみる。

おっ、確かに入るときは「あちっ!」って感じでなかなか快適。

でも、世が終わってその後私が入ると、ぬるい・・・。

保温シートも全く無意味。

下からどんどん水になっているのが分かる。座ると冷たい。8月ね、これ。

問題は真冬ですよ。

この冷え冷えタイルとどう向き合えば良いのか悩みに悩みました。

小さな浴槽を買ってきて、中にはめ込むというアドバイスも頂きましたが、横幅が思ったよりも狭く、サイズが合うものが無い。

015 そこで思い立ったのが、”タライ”

農家で大根洗ったり、子供の水遊びに使うコレ。

何とびっくり、サイズがピッタリ。

余ったスペースは洗い場(笑)

お湯は45℃で入れて、70ℓ程でちょうどイイ感じに貯まります。

世にとっては快適な広さで、心地良いらしいです。

がしかし、私は身長167cm。

狭い・・・。どう考えても。

折れ曲がって、縮こまれば、結構浸かるけど(笑)

嫌だわ・・・こんな自分。

まあとりあえず半身浴です。

気温が10℃を下回らない日は快適なんです。

汗もかくし、健康には一番良いという励ましも頂きました。

でも、真冬にタライは無理。

021そこで登場。ミスターファンヒーター。”呼んだ?”

お~ファンヒーター。これこれ。これがあったね。

脱衣所からドアを開け放ち、浴室までほんわか温めます。

そうすると、半身浴もへっちゃら。

着替えも快適。

1月、2月もこれで乗り越えられるとイイナ。

あったかアイデア、ございましたらまだまだ募集中です。

008 ちなみに、今年買った小型ヒーターです。

±0というシリーズで、ベストデザイン賞だったかな?を受賞したそうで。

シンプルだけど、ちょっと丸っこくて、機械過ぎない感じです。

我が家のような木造の家にはピッタリかな、と。

色はライトブラウンというのを選びました。

010スチーム機能も付いていて、3段あるのでかなり温かいです。

大型のヒーターをなるべく使わず、居る場所だけを温めて、たくさん着込んで、今のところ上手く使い分けています。

と言ってもユニに取られちゃうんだけど。

ユニ姫、あったかマットと小型ストーブで呑気なもんだ。

本当の本当は薪ストーブやペレットストーブを使いたいんです。

ただ、この家があまりに古くて、木そのものが炭化しているかも知れないとの事で、今年はちょっと様子を見ることにしました。

パチパチ燃える木の香りに包まれて、ホンワカあったかいなんて幸せだろうな・・・。

2011年12月 6日 (火)

ちょっとした工夫&節約

今日も寒いですね。

昨日大家さんと話したら、「まだまだ序の口よ(笑)」だって。

ふむ・・・これが序の口か・・・。困った。

先週からずっと胃の調子が悪く、とにかく空腹時に重苦しく痛むので、ネットで症状を検索。

すると・・・なぬ!十二指腸潰瘍に当てはまるではないですか。

ごわい・・・。病院に行かなくちゃ。

で、行ったんですけど、何と胃が弱ってるだけでした。ふっ。

先生に仕事に出てるか、と聞かれたので「自宅兼仕事場です」と答えると「じゃあストレスは無いね~。ハハハハ~」だって。

ハハハハ~。ストレスフリーってわけでも無いけどねっ。

胃酸を抑える薬と、胃腸を整える薬をもらって、今はスッキリ元気です。

ネットでの検索って、便利なんですけど独りよがりには注意です。

私のように思い込みが激しい性格は特に。

前置きが長くなりましたが、1ヶ月ほど前に工房南側の縁側にやっとカーテンを取り付けました。

冷気をかなりシャットアウトです。

幅が特殊で、3m近くあって長いので、カーテンもカーテンレールもなかなか見つけられずにおりました。

雰囲気に合わせるために、木製のものが良くて色々探していましたが、お値段がなかなか高価です。

どうしよっかな・・・と迷ったままホームセンターをぐるり。

3mの棒でイイんだけどな・・・。

お庭コーナーを何気なく覗くと、発見!竹の竿。真っ直ぐで3m。

009ジャーン。こんな風に取り付けました。

冷気をよりシャットアウトするために、カーテンの丈は長めの2mにして高い位置に取り付けました。

011アップにするとこうなってます→

金具は両端と中央に一ヶ所。合計3箇所で支えてます。

カーテンをリングタイプにしたので、これだけでO.K.

竹の竿 85円×2本=170円。

金具 128円(2個入り)×3セット=384円

合計554円。お得ですね。

夕方になるとサザエさんちみたいに、木製の雨戸を6枚ガラガラガラ~と閉めて、このカーテンをシャッと。かなり快適です。

北側は木製のブラインドなので、かなりスースー寒いのですが、窓際に居なければ、ま、いっか(笑)

ホームセンター、ぐるぐる回ってみるもんですね。

意外とアイデアがヒラメキますよflair

 

2011年12月 2日 (金)

ターコイズ

昨日より、寒い・・・。

身体が冬眠状態で、今朝は思いっきり寝坊しました(ん?)

世にブーブー言われつつ、仕方なく車でダーッと送って来ましたよ。

昨日の保護者会も、一瞬白目剥いてたしね・・・。

1月とか2月の寒さは耐えられるかな・・・。

とは言っても、制作頑張ってます。

003 月曜日にお渡しした、ターコイズ×イエローのベビーシューズです。

このイエローの革はちょっとくすんだカラシ色で、そこがまたターコイズの奥深さとマッチしています。

明るくて可愛い、元気の出る組み合わせ。

ターコイズ、人気あります。

男の子にはやはりブルーの靴がパッと浮かびますね。

普通の青ではなくて、ターコイズという所が個性も出て良いんですね、きっと。

先日のブログでもお伝えしたように、履き慣れてくるとだんだん濃い青に変化していくのもgood。

次はオリーブで注文を頂いているので、引き続き頑張ります。

オリーブも大好きなので楽しみです。

041こちらは、工房にお越し頂いた際に持ってきて下さった中華饅頭のセット。

上野池之端の東天紅です。

箱も可愛いし、このお饅頭に焼き印されたパンダさんもまたキュート。

肉まんが男の子、あんまんが女の子です。

皮が厚くてモチモチ、ふかふかしてて、すごく美味しかった~。普段食べるコンビニのと全然違った。

ご馳走様でした!

湘南経済新聞さんでの記事をきっかけに知り合いになったお客様ですが、何だかすっかり意気投合して、プライベートなお話もアレコレしながら仲良くさせて頂いてます。

年も同じで誕生日も近く、不思議なご縁だな~と感じます。

今回はお休みを取ってわざわざ上野から御夫婦で来て下さり、本当に嬉しかったです。

素敵なお二人なんだな、これが。

靴を通して色んな方に出会って、こうしてお饅頭も食べられて、心はほっかほか(笑)

2011年12月 1日 (木)

サイクリング?

寒いですねぇ。5枚重ね着してるから平気だけど。

ユニは暖房の前から離れません。

ここに越して来てから、足元を温める小型のヒーターを既に三つ購入しました。

隙間風がスゴイので、各所に必要なんですよ。

こんな寒い日とは打って変わって、昨日はポカポカ陽気でした。

038 我が家の横がこんな小道になっていて、左側には小川が流れています。

右側が大家さんの敷地。

で、この小道をずんずん行くと、森の中。ユニとのお気に入りのお散歩コースです。

一度だけマウンテンバイクの二人組みとすれ違ったことがあり、大家さんに聞くと「途中から舗装されてサイクリングができるよ」と。

というわけで4時間授業で早く帰ってきた世と早速出掛けました。030

写真がぶれてますが、結構薄暗いです。

1キロ程、ガタガタ道をえっちらおっちら進みます。

ほとんど上り坂だから、キツイの何の。

019で、小さな橋のところでギブ。

早すぎ。

「どうする・・・?この先、まだ行く・・・?」

「っていうか、この下の川で遊べばいいんじゃない?」

「そうだね、ここってさ~ハイキングに向いてるよね」

満場一致で引き返すことに。

多分ね、頑張ったらその先に爽快な景色が広がってるんだろうけどね。

天狗岩、っていう標識も気になったし。

でも、次回。今度は歩いて行きます。

自転車、無理。だって私のは折りたたみのママチャリ使用だし。マウンテンじゃ無いし。

022というわけで、しばし川に下りて冷たい水を触ってびっくりして帰りましたとさ。

おしまい(笑)

次は、リュックを背負って、お弁当とおやつをもって、ユニも連れて、半日掛かりでチャレンジ。

ガイガーカウンター買おうと思ってあれこれ調べてます。

色々あって、決めかねます。

近くにある豊かな自然の中で、安心して遊ぶにはやはり必要だと感じます。

ちょっと高価だから痛いけど、自分で自分を守らねば。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »