« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月25日 (金)

エミケン紅葉祭とBrown Market

059 これまた先週末のお話。

奥多摩の氷川にあるエミケン家具工房さんでのエミケン祭と、青梅駅前でのオシドリ良品店さん主催のBrown Marketを梯子して来ました。

どちらもとても楽しい企画でした。

世も一緒だったのでドタバタしてしまい、時間があったらもっとゆっくり見たかったんだけどな。

2020さんの器とか、yutaさんの真鍮の作品、椿堂さんの木工作品などなど。

魅力的な作家さん多し。次の機会を楽しみに待とう。

茅ヶ崎にも色々な作家さんがいて皆さんそれぞれ街を盛り上げようという雰囲気が伝わって来ましたが、ここ青梅もそんな勢いがあります。

皆さんそれぞれ繋がって、奥多摩や飯能など地域を拡大しながら素敵な輪が出来ています。

私も少しお話させて頂いて、気さくな方ばかりで楽しかった。

そうそう、ヤナギコーヒーさんのお豆、すごく美味しかったです。

ホントはあれこれ試飲したかったんですけど、時間が無くて「酸味の無いものを・・・」とリクエストしたら、こちらのmandhelingというのをおススメしてくれました。

ホントにまろやかでした。

016_2 エミケンさんの会場では、キッズスペースが完備されていて、世にとってはツボなクライミング系。

目がキラキラしてました。

017そしてそしてこんな工作もやったよん。

進藤電気さんのデコピカ。

おでこにバンドで留めるライトです。

理科系、大好きなものですから、見た瞬間「やりたい」って。

024_2初の半田鏝が非常に楽しかったそうです。

煙がムワ~ッとね。

危険な香りが好奇心をそそります。

イケメンのお兄さんが「器用だね~」と何度も誉めてくれました。025_3

完成品は、こちら。

スイッチとかではなくて、おでこにピタッとつけると光って、離すと消える、という便利なしくみ。

電池交換すればずっと使えます。

うっかり暗いところでマンガ読んだりゲームしたりすることがあるので、これをずっと首に掛けてて欲しいくらい。

夕方のユニの散歩とか、私も使えるな(笑)

エミケン代表の佐藤さんはとても気さくで面白い方で、お客さん一人一人に明るく挨拶をしている佇まいがイイなあ・・・と思いました。

人をグイッと惹き付ける魅力のあるお人柄でした。すごい面白いパパさんなんだろうな。

つい先日世の机と本棚を購入した古道具マルポーさんも出店してました。

マルポーさん、すごく良い御夫婦です。

世の机はまた後日アップします。

というわけで、作家さんが盛りだくさんな一日。

私もガンバルぞ、と土砂降りの中だったけど清々しい気持ちになったのでした。

2011年11月22日 (火)

展覧会

058 先週の土曜日、世の学校の展覧会がありました。

芸術の秋、ってことですね。

世からのお誘いのメッセージ。

”ぼくはどっちもめんどくさかったから どっちともざつに作りました。でもこれからしあげをがんばります。だからぜひ来てください!”

めんどくさくても、ざつでも、はい、行きますよ。

006 雨が降っていましたが、会場の体育館はカラフルで賑やかでした。

懐かしいな、こういう雰囲気。

”めんどくさい”と”ざつ”が頭の中を交差して、作品を探しながらドキドキ。

笑おう、どんなに下手でも笑って済ませば良いのだ。

で、ありました。008

その①、テーマは”かいじゅうと遊ぶともだち”だったかな。

世の題名は”ゲリラ”(笑)

どこで覚えたんだか。

あ、笑うほど下手でも無い。

海にしたんだね。ワンピースの影響か、茅ヶ崎を思い出したかな。

遊ぶっていう楽しげなテーマなのに、ゲリラってとこが笑えますが、登場人物が多くて楽しさは伝わります。

011こちらはその②、粘土で作る動物。

”とりととんでるぼく”

シ、シンプル・・・。でもカワイイなぁ。

動物=鳥っていうのがちょっと珍しい発想だな。

翼も分厚くて、飛行機っぽい感じです。

あまり考えなかったことが伝わって来ます(笑)

めんどくさい、というのがここら辺に表れてますな。

絵を描くのも工作も好きなんですけどね、実はそーでもないのかも。

この日は学校開放でもあって、授業の風景も自由に見学できました。

国語を覗いて来ましたが、何かね、案の定一番後ろの席で先生の話を聞いてないしね。

袖に鉛筆を貫通させるのに夢中になってましたが。

帰ってきてから注意したら「オレは算数が好きなんだ」とか言って。

一時間目の算数も観ておくんだった。

056 只今、紅葉はこんな感じです。

すぐ側の和田橋からの景色。

川と空の蒼に挟まれて、色付いた木々が綺麗です。

世と、035 最近見つけた岩場で遊んで来ました。

今は、将来ロッククライマーになりたいそうで、かなり満喫してましたが。

VS嵐のクリフクライムをやりたい、やりたい、と観る度に言います。

でも、本物の岩は非常に難しいらしく、かなりてこずってました。

そりゃあそうだ。

最近書きたいことが色々。

またすぐ更新予定です。

2011年11月18日 (金)

ステッチで遊ぶ

記事を書いていたらうっかり全部消しちゃって、そこからやる気が起きずにおりました。

改めて書き直します。

032_2 先日お渡ししたベビーシューズです。

弟さんの赤ちゃん、つまり甥っ子さんの出産祝いに、お母様、妹さんと共にオーダーして下さいました。

ネイビー×キャメルです。

以前にもお作りした組み合わせですが、今回はステッチで個性を出したい、とのリクエスト。

いくつか候補を上げさせて頂いて、その中からエメラルドグリーンを。

贈り主さんファミリーのイメージからなるほど、というチョイスでした。素敵です。

035_2ライトの関係で上手く写っていないかも知れませんが、ブルーがかったグリーンなので、ネイビー、キャメルどちらにもマッチしています。

ベーシックなものももちろん素敵ですが、こうしてオリジナル感を出すのもオーダーメイドならではですね。

色の選択、ってその方の内面が伝わって来て面白いです。

ステッチで遊ぶといえば、先日お作りした、ターコイズ×キャメル、ステッチはレンガの方の組み合わせも可愛かったです。

そのママさんから、その後の報告メールを頂きました。

024履いて履いて、履き倒して下さっているそうです。

嬉しい・・・(泣)

ターコイズブルーの革は、しっかりと日に焼けて味のある深い色合いに。

0202歳4ヶ月のりん君は何でも自分でやりたがる時期で、この靴で、履くこともマスターしたそうです。

そしてきちんと履けると、「 じぶんではいたの、りんで!」と言うそうです。

カワイイ・・・。何てカワイイんだろう。

世のこの頃のことをすっかり忘れてしまいましたが。

こうやって思い出を刻んで、靴はより味わい深いものへと変わって行きます。

サイズアウトしてからも、どこかにちょこんと飾って、この頃のことを思い出して頂けると嬉しいです。

我が家にも、世に初めて作った靴(2歳半位)→入園式のワラビー→卒園式、入学式のブーツと、節目節目で作った靴が並んでいますが、時を刻んだ感じが懐かしいです。

2011年11月11日 (金)

11月便り

今日は2011年11月11日、一並びのしかも満月、ということで色々と思いを巡らせながら過ごした方も多いのでは。

私は意外と過去の整理したい思いなんかが蘇ったり。

ぐ~んと冷え込んで雨の良く降る一日でしたが、仕事にとても集中出来て、ベビーシューズが一足仕上がりました。

素敵な色合いだったので、また後日アップしたいと思います。

018 さて11月、我が家の晩秋っぽい風景をチラホラ。

玄関先のツタがとても可愛いオレンジ色に紅葉して、緑の葉と上手くマッチしています。

世を見送った後のユニ。

私が掃き掃除をしている間、この辺りをクンクンと嗅いでチェックして、家の中に戻るのが日課。

024そしてこちらは初挑戦の干し柿。

大家さんがお試しに、と渋柿を二つ下さって、作り方も伝授してもらいました。

皮を剥いて、熱湯に5秒ほどくぐらせて、後はひたすらお日様と冷たい風つまり乾燥が大切、とのこと。

でも今年は暖かいからどうかしらねぇ・・・と。

雨の日の今日は、冷蔵庫でスヤスヤ眠ってます。

果たして美味しく出来るんでしょうか。

かなり大きな実なんですが、シワシワでちっちゃくなるのかな。実験楽しみ。

022そしてこちらは住吉神社での酉の市の熊手。

一番シンプルで小さいのにしました。

七福神がど~んと飾ってあるのは、ちょっと賑やか過ぎたので(笑)

遅い時間に行ったのでほとんど人が居なくて、くじ引きやら甘酒を皆さんが囲んで賑やかに振舞ってくれました。

「はい、僕のはちょっとにしておくからね~。もっと飲みたかったらお母さんに貰ってね。ん?お姉さん・・・?」

ぶーっ!甘酒吐きそう(笑)

「たくさんお客さん掻き集めてね~ぃ」

「は~い、ガンバリま~す」

というわけで、この一年お世話になります熊手さん。

玄関上部のお札、破魔矢コーナーに一緒に並んでいます。

さてさて、紅葉が間もなくピークを迎えます。

どこから見るのがキレイかな~なんて考えながらユニの散歩をしている毎日。

2011年11月 7日 (月)

りんご飴

何だかんだと忙しくしていると、ブログのことをすっかり忘れてしまっていました・・・。

引っ越してきてから本当に忙しくて、もう2ヶ月以上経つのに家のこともまだまだ終わらずにいます。

只今、庭のウッドフェンスを製作中。

と言ってもまだ材料調達とペンキ塗りが半分終わっただけ。

いや~大変。知識も無いのに、予算節約で入り込んだ迷宮・・・。

不動産屋さんのアドバイス、助かってます。

中学時代の同級生がワイワイガヤガヤ手伝ってくれるのも大きな救い。ありがとね。

しかし、一体いつになったら完成するんでしょうねぇ。

他にもまだカーテン付けてない窓や、買い足したい家具もあるし、でも何でも良いわけじゃないから気に入ったのを見つけるまでずっとダンボールで我慢我慢。

かと言って、ゆっくり買い物する時間も無いという・・・。

という訳で、「さぁ皆さん、いつでもお越しください」という完璧な状態には当分なりませんので、マイペースな工房ですが、いつでもお越しください(矛盾してる)

029 先週末、青梅の産業祭りに行ってきました。

母と世と3人で。

何十年ぶりだろう・・・。

そうそう、オウメンジャーが居ました(笑)

青梅は結構お祭りが多いので、色々行ったら楽しいかも。

人混みが嫌いな世は、ずっとヤダヤダ言っていて、でも最後はりんご飴がぶりつき。

ラムネも飲み、ジャンボ唐揚げ、焼き鳥、焼きそば、くじ引き(しょぼいナイフをゲット)、風船・・・満喫してるじゃん。

028石にペイントする、ってのも熱中してました。

母親目線で考えると、これは絶対好きだし楽しい、ってことも、行くまでに結構面倒くさかったりします。

性格が、好奇心旺盛で前向き!って方では無いので、出来ればやりたくない、大変なことノーサンキュー的な部分が見受けられます。

よく言えば控え目です。

現代的なんだな、と思うのですが、私が熱いタイプなので将来的にウザがられる可能性大です。

習い事はまた空手を始めました。

茅ヶ崎の時とガラリと変わって、厳しい道場です。

どうなるか分りませんが、必死に型を取る後姿に母さんは感動しています。

やる時はやる、そういう秘めたものを持っていると信じたいです。

そしてもう一つの習い事、マミーイングリッシュ。

私との個人レッスンね(笑)

通うのが面倒なので、とりあえず教えられる範囲で私がティーチャー。

今日は、アルファベットの小文字。

イケアの黒板出してきて、それらしき時間を過ごしました。

不思議なことに、一応先生として認めてくれています。

Vの発音とかね、下唇軽く噛んでますよ。GとZの違いとかね。

ふはははは・・・いつまで持つのか。早く何か教材に頼らないと。

お祭りの話に戻りますが、”100gを当てましょ~”というブースが。

ザルに100gぴったりの小豆を入れたら景品がもらえます、というもので、3人でチャレンジ。

世→94g

私→113g

母→78g

何か性格が出ててすごいヤダ。

だいぶオーバーしている私と、かなり足りていない母。世、ナイス。

母は、以前に大病をしてからすっかり変わってしまって、でもその年を取った穏やかな感じが何かイイナ・・・と思っています。病気と共に、何かを削ぎ落としたかのような。

話が噛み合わず、歩くペースもかなりゆっくりで、お祭り会場でも先を行く世を追いかける私をトコトコ追いかける母、という様子でした。

子供の頃は叱られてばかりでしたが、その母の面影は全く無く、いつもニコニコ、トコトコ、という感じです。

父の入院中も、父よりも母が心配でずっと実家に通っていました。

完全に私が世話をする、という立場になったのに、それでも母は母で、私が疲れて具合が悪いとすっ飛んで来てくれます。

ユニの散歩にも世と行ってくれて、引っぱられて転んで、流血騒ぎで近所の人に運ばれて帰って来ました。

お母さん・・・何もしなくてイイから。

私は自分のことをあまり好きではありませんが、母が私を愛してくれている、という事実は大きいです。愛を知る、というのは求めてもそう簡単に得られることでは無いかも知れないし、でも親子の間ではごく自然なことなのかも知れないし。

愛を教えてくれた人は大事にしないと、なんて思います。

私もりんご飴が大好きでお祭りの時によく買ってもらったので、同じくりんご飴が大好きな世にも、やっぱり買ってあげます。

そうやって、変わらずに伝えて行ければapple

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »