« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

秋ですね

002 大家さんからお庭の柿を頂きました。

我が家の横にも大きな柿の木が一本。

2階の窓からも良い眺めで、実がたくさん色付いています。

「中には渋いのもあるけど、どんどん取ってイイのよ~」って。優しい大家さんです。

世と『ラッキ~、柿食べほ~だい~』と浮かれ気味。

寒くなっていくのは嫌だけど、もうじき虫が活動停止になるのは嬉しい限り。

今も窓際で迷い込んだ蜂がブンブン言ってます。

色んなものが飛んでくるので、もう怖くなくなりました。

逃がすのもお手の物。

片付けもほぼ終わり、やっと工房で作業が出来るようになりました。

現在、急ぎのベビーシューズが2足あるので頑張っています。

”One Pair of Shoes for One Step”の集計も終わり、日本赤十字社とふくしまキッズ林間学校にそれぞれ振り込ませて頂きました。

ふくしまキッズは、冬季の活動もあるそうです。

この支援もそうですが、一回だけでは終われない、長い長い道のりなんだな、と感じます。

季節は巡って、時は過ぎて、情報も少なくなって、あの震災も原発事故も過去のものに感じつつあるかも知れなくても、本当はまだまだず~っと進行形で、これから更に考えたり行動したりすることがたくさんあるんだと思います。

そう言いながら、日々の慌しさに追われ何にも出来ていない気がしてならないのですが。

ただ、子供達には元気に大きくなって欲しいな、と切に願います。

きっと乗り越えられると信じたいです。

母親目線で子供を通して未来を考えたときに、自然な思いがこみ上げます。

原発って、本当の本当は何のためにあるんですかねぇ・・・。

と、色々読むと疑問は尽きないです。

秋深し。

夜長に読書、しようと思います(現在は世と共にワンピース読み進め中)

2011年9月26日 (月)

ロクちゃんとの再会

朝晩めっきり冷え込んで、私は既に晩秋の装いです。

ここは川も近いし、街中と比べても若干気温が低いのかも知れません。

山の木々も何となく秋モードになって来ました。

紅葉が楽しみですmaple

この3連休中に用事があって出掛けた先が、ユニの妹(6匹兄弟姉妹の末っ子ちゃん)のロクちゃん家の近くだったので、急遽連絡を取って会いに行ってきました。

017 見てください。このそっくり加減を(笑)

横顔なんて全く同じでした。

が、しかし、意外な展開が・・・。

二匹とも、全くジャレたり遊んだりせず。

最初の御対面からかなり警戒し合って唸りかけてたんですが、しばらく匂いを嗅いで・・・で、やっぱり警戒モード。

とにかく近寄ろうとしない二匹。

接触するとケンカになりそうに。

のん君との再会と全く違うので、みんなで「え~っ!なんで~っ!」と。

どちらかと言うとロクちゃんの方が側に来ようとしてくれるのですが、何せビビリのユニが消極的な感じで。023

ロクちゃんはユニより一回り小さくて、小柄な美人さん。

キリッとお利口そうなお顔です。

ユニの方がちょっとポワンとのんびり屋さん、という感じに見えました。

とにかく始終弱気モードで、目じりが若干下がり気味(笑)

姉妹でもこういうことってあるんですね。

「女同士の気難しさかしら・・・」と笑いながら話してましたが。

ロクちゃんファミリーの皆さん、お忙しい中お時間を作ってくださり、本当にありがとうございました。

とても明るく賑やかな環境で、ロクちゃんとっても幸せそうでした。

今回にめげず、次回は青梅で~と約束してお別れしました。

茅ヶ崎では会うとじゃれ合うお友達も居たのですが、この近所では中々見つからず、散歩の途中であちこちからワンワン吠えられて若干めげてるユニ。

だからロクちゃんとはきっと久々の楽しい時間だぞ~と思っていたのに予想と違いました。

不思議なものです。

さてさて、工房も随分作業がしやすくなったので、やっと仕事が始められます。

念願の大きな作業テーブルがど~んと鎮座しています。

これで革の裁断もよりスムーズに。嬉しい・・・。

徐々に頑張ります。

2011年9月18日 (日)

カワイイ我が子よ、旅をせよ

何ですかね、毎日暑いですけど。

今回の3連休、おとうと沖縄旅行を予定していた世は、またしても台風で夢破れて、8月に引き続き沖縄行きはとうとう果たせず。

今年は縁が無いんですな。

というわけで、気を取り直して電車でおとうの家まで出掛けて行きました。

003 私は乗り換え最後の所まで送って、後はほんのちょっとの時間でしたが、初一人電車。

ホームに入ってきた電車にざわざわと乗って、あっという間に扉がプシュ~ッと閉まり、すぐ出発。

泣く暇も無く。

おじさん達の間に割って入って、リュックを背負ったまま少し前よりに座ってました(笑)

心配でこっちが泣きそーだっつーの。

ギリギリまで一人はヤダ、って言ってたんですが、今はまっているワンピースのルフィーを自身に置き換えて、よっしゃ、と気合いが入りました。

海賊になりたくて、たった一人で航海に出たルフィー。

というわけで、世もまた一人で人の海に旅立って行ったのでした。

ガンバレ~。

転校といい、電車といい、人人人、ここ最近は人がテーマの世です。

どんどん飛び込んで、そしてその出会いを楽しみ、強くなってます。

子供は逞しいです、ホントに。

写真は、最寄の無人駅。

歩いて行ける駅は無人です。のどかな所です。

001 そして今朝、ユニの散歩中に大家さんの敷地内の八幡様にこんな幟が。

何だかすごく厳かで立派な空気が漂っていました。

何かの行事なのかな。

ちょっと中に入って、手を合わせて来ました。

お賽銭忘れたにも関わらず、商売繁盛をお願いしてスミマセン。

明日、入れに行きますので。

幟をよ~く見ると、天保11年、って書いてあります。

調べてみたら、江戸時代、1840年とのこと。

となると、大家さんの家はかれこれ170年以上続いている、ってことですよね。

すごい・・・。

ちょっとお茶飲みながら歴史話をお聞きしたい。

となると、御隠居さんのために建てられたという我が家もその位古いんでしょうか・・・ね。

すごい事ですね、これは。

何かこう・・・背中をしゃんとして住まわせて頂かないと。

と同時に、冬の寒さを今からかなり心配しております(しつこい)。

だってこの前大家さんが、「母屋は床から風がヒューヒュー吹き抜けて、0℃とかあるのよ・・・。」って。

0℃って・・・外じゃなくて中が・・・ですか?

そうだった。青梅は寒いんだった。湘南の冬と全然違うんだよね・・・。

2011年9月14日 (水)

ポスト

暑い日が続きますね。

空気が澄んでいるので、日差しが痛いです。

毎日黙々と片付けています。

ダンボールもぐ~んと減って、かなり快適。

005 3週間待った念願のポストが届きました。

徳島県のひのきの無垢板で手作りされたものです。

ば~んと派手な色にしようか、スタンド式のずっしりしたものもイイナ・・・など色々迷ったんですけど、やはり建物に馴染むのが一番でしょう、ということでこちらに。

003フランス製のチェッカーガラスを使ったという扉が気に入ってます。

入り口の雰囲気はこんな感じです。

うん、なかなか良かった。これにして正解だった。

ユニが定位置でこちらをキョロリと覗いてます(笑)

ユニ、ここでいつも外をじ~っと眺めてます。

目の前がバス停と信号なもので、結構人が行ったり来たりしているのですが、立ち止まって中をうかがう人が居たりすると「ブワァン、ウワァン、ウワァン、ウワァン!!」と激吠え・・・。

番犬、頼もしいんですけどね。お願いだ。看板犬にもなっておくれ。

この前散歩の時に、道の向こう側に畑道具の入った籠を背負ったおじいちゃんみたいなおばあちゃんが居て(これポイントね)、ユニ、何故かそのおばあちゃんに向かって吠えまくり。

叱ったんですけど吠え止まなくて、そしたらおばあちゃんが「ワンじゃない!ワンワン言うんじゃないよ!」って。超怒られました(笑)

笑っちゃいけないんですけどね、下向いて笑ってしまった・・・。

何か、おかしかった。

話が逸れましたが、とりあえずポストが付いて何かと楽チンになりました。

少しの間でしたが、「郵便で~す」って直接受け取るコミュニケーションも良かったんですけどね。

何せユニが吠えるので、ポストの方が便利です。

2011年9月 8日 (木)

散歩道と通学路

何だか毎日やることが多すぎて、頭がパンクして気付くとボーっと立ち尽くしていたりします。

それでも、冬は極寒を予想される我が家ですが、夏は本当に涼しくて、暑い最中でも作業がはかどります。

キッチン、寝室、リビングと、ある程度形になって来ましたが、工房は大きな物が多いのでちょっと配置に悩んだままストップしています。

明日と週末、まーくんや友達がヘルプに来てくれるので、移動を頼む気満々。

中が終わっても、お庭のフェンスやら駐車場やら、まだまだやること盛りだくさんです。

因みに、駐車場は4台ほど完備しております。

何せ田舎ですので、青梅駅からバス(バス停目の前で意外と便利)か車でお越し頂く環境です。

分りやすいようにきちんと整備したいと思います。

044 世、楽しく学校通ってます。

お友達はすぐに出来ました。子供って本当に早い。

初日は二人でかしこまってドキドキしながら登校しました。

担任は前の学校と同じく、ベテランの優しそうな女の先生。

良かった~。安心してお任せできる感じの先生だ。

ホッとしたのも束の間、その後すぐに体育館での始業式の時に、舞台で全校生徒の前で御挨拶。

同じく2年生にもう一人女の子の転校生が居て、その二人で舞台に。

「ジャンケンでどちらが先か決めますか?」と教頭先生に聞かれましたが、「いえ、ここは男子がビシッと先に行かせて頂きます」というわけで世から(笑)

人の文字を手のひらに三回書いて食べるんだよ、とアドバイスして、こっそり実行しながら体育館へ向かいました。

私も後ろで見ていて良いですよ、とのことだったので、一緒に始業式に参加しました。

いやぁ・・・こっちの方がドキドキしましたよ。

でも、本人意外と冷静で、ちょっと低めのしっかりした声で「宜しくお願いしますっ!」と挨拶。

パチパチパチ~っと拍手。

うん、男らしくて良かった。安心した。

先生の計らいで教室でも少し見学させて頂いて、クラスの雰囲気の明るさに入った瞬間ホッとしました。

教室の前に立って、世くんへの質問、ということでみんな元気に手を上げて質問してくれて。

「どこから来たんですか?」

「習い事は何ですか?」

「好きな色は何ですか?」

「友達は何人居ますか?」

「好きなゲームは何ですか?」

「好きなアニメは何ですか?」

淡々と単語で答えてましたが、ちょっと恥ずかしそう。

初日、話題作りのために着て行ったワンピース(アニメ)のTシャツが良かったらしく、そこから色々話しかけてもらったりしてすぐに友達作って帰って来ました。

家に戻ってきてから、「オレの青梅での不安はもう無くなった」とか言って、急に食欲増進してました。

あ~、良かった。こっちもホッとした。

中休みのサッカー、班作り、席替え、みんなどんどん誘ってくれるらしく、世もすぐに打ち解けたとの先生からの報告。

042_2 まだ近所にお友達が居ないので、朝はたま~にユニの散歩がてら一緒に行きます。

茅ヶ崎の時より少し遠くなって、更にこの重たいランドセル。

「学校は楽しくても、通うのが最悪」だそうで。

ちょっとね、こだわってクラリーノじゃなくて革(しかもコードバン)のにしちゃったんで。

ごめんなさい。

カンケンバックはペラッペラで軽かったもんね・・・。

おじいちゃんに「昔は何キロも風呂敷ぶら下げて通ってた」とか聞かされて、「風呂敷って何だよ~」とかゲラゲラ笑ってました。

そのうち慣れて、身体も大きくなれば何てことは無いと思うんですが。

因みにこの塀は大家さんのお屋敷。ダーッと続いてます(笑)

039この道をずっと登って、少し小高い開けた場所に来るとこんな景色。

ここはユニのお気に入りお散歩コース。

山、山、川、山、川、というようなのどかな環境です。

こんなに緑豊かな環境なのに、放射線の汚染はどの程度なのかな・・・なんてことも考えたりもします。

福島の原発から遠くなった訳ではないので。

むしろ、少し近付いたんですよね。

目に見える景色には何の変化も無いのに、そのことを思って気持ちだけがふと沈むことがあります。

でも私はここで暮らすこと、この道を歩くことを選びました。

山の景色は本当に落ち着きます。空気もサラッとしていて。

色んなこと思いながらも、毎日てくてく歩いてます。

2011年9月 2日 (金)

ありがとうの会&お誕生会@茅ヶ崎

皆さん、お元気ですか~?

引越しも無事に終わりまして、ネットも開通、徐々に普段通りの生活が出来るようになって来ました。

あとは注文したガスコンロが届けば料理も出来るぞ。

新居はまだまだダンボール山積みでお見せできる写真が無いので、ちょっと振り返って楽しかった集まりのお話。

先月末に8歳になった世。

茅ヶ崎でのあの家やたくさんの友達と離れがたく、「何で引越しなんてするんだ」と時々プリプリつぶやく姿に、母は大変申し訳なく思っていたわけです。

引越し後にお掃除のために一度茅ヶ崎に戻って来たので、そのタイミングと世の誕生日が重なることもあり、ここは盛大に楽しい集まりをやろうじゃないか、と計画しました。

ケンタママの協力の下、会館の大広間を貸し切って、とにかく食べて遊ぼう、という会。

”みんな、今までありがとう”っていう思いを世なりに伝えたかったと思うので。

021 親子合わせて30人位集まってくれて、とにかく広いこの部屋で、だるまさんが転んだ、ハンカチ落とし、ドッヂボール大会など。

024あまりに広くてエアコンが全然効かなくて、部屋の中はかなり蒸し暑かったんですが、みんなヘッチャラで汗だくのまま駆け回って大笑いして。

私、子供が大好きなものですから、こうやってたくさん集まってくれると俄然やる気が出ます。

学校の先生にずっとなりたかったのもあって、ついつい大声で「はい、集合~!」とかやっちゃう。

引越しと平行しての準備は本当に目が回るほど大忙しで、”何でやるって言っちゃったんだろ・・・”って何度も後悔したんですが(笑)、引越しに伴って世に掛ける苦労を思うと、ここは頑張らねば、と思い直したもりしたわけです。

最後に最高の思い出を作ってあげたかった。

終わりよければ全て良し、そうやって茅ヶ崎を後にしたかった。

001バースデーケーキもあまり豪華な手の込んだものは用意できず、大きなロールケーキ4本にろうそく8本。

シンプルすぎて笑えます。

とにかく目立つのが恥ずかしいらしく、ここに座るのもヤダヤダと逃げ回っていたのですが、みんなに「ハッピバースデー トゥー ユーnotes」を歌ってもらってろうそく消しました。

実は結構ご満悦。フフ・・・。

010 ケーキの後は、みんなからたっくさんのプレゼント。

「オレ、1週間分のプレゼントを貰った気分だよ」

1週間?どういう・・・?

ケンタ君が解説してくれたんだけど、それでもイマイチ意味が・・・。

多分、一生ぶんのとか、そういう気持ちだったということだよね。

みんな色々考えてくれて、記念になるものとか、使っていて思い出せるもの、世の大好きなもの、などなど。

本当にありがとね。すごく嬉しそうな世。私も嬉しい。

これだけ集まっても、特にケンカも無く、みんなホントに仲良く楽しそうで、良い友達ばかりで幸せだったね。

呼べなかったお友達も合わせて、みんなみんな本当にありがとです。

033 「遊びに行くね、また会おうね」そうやって言い合える友達がたくさん居るってイイよね。

みんな、元気でね。

ひとりひとり、世はそれぞれのお友達との大切な思い出をちゃんとしまってあると思います。

忘れないからね。

さて、世の転校報告はまた次回に書きたいと思います。

とりあえず、元気に通ってます!ご安心を(笑)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »