« 桜 桜 桜 | トップページ | 展示会、再び »

2011年4月19日 (火)

未来を切り開く

先日のyahooのサイトのトピックスに、とても良いコラムがありました。

とても希望の持てる、力強い内容だったのでご紹介します。

野尻哲也さんという方のコラムです。

問われる日本のエネルギー将来像(1)

問われる日本のエネルギー将来像(2)

問われる日本のエネルギー将来像(3)

またまたちょっと長いのですが、どうかじっくりと目を通してみて下さい。

希望が見えます。

田中優さん同様、こういう事を声を大にして発言してくれる方が増えたら、やっぱり日本の未来は明るいな、と単純ではありますが、素直に思えたのです。

福島の原発のことがあって、多くの人が原子力発電というものを改めて考え、知るきっかけになって、さぁここで方向転換を、と強く思い直したりもしています。

でも、じゃあこの先どうするか、という議論になると、エネルギー資源の乏しい日本は原子力に頼るしかない、という意見も意外に多かったりしますが、これから先、開発に同じ時間とお金をかけるとしたら、自然エネルギーと原子力、どちらを選ぶのが賢明か、という事ですよね。

私は、知識が乏しいながらも、ウィキペディアなどのお世話になりながら、太陽光、風力、地熱、水力、それぞれ少しずつですが勉強してみました。

可能性、たくさんありますね。

メリット、デメリット、もちろんあります。

でも、それぞれが補い合えば、多くの道が開けます。

野尻さんのコラムにもあるように、日本には”人”という資源があります。

日本人は、世界に誇れる高い技術を持ち、世界各国に自然エネルギー発電の技術を輸出しています。

その日本が、これからのエネルギーを転換していくことが不可能なはずは無いです。

国のエネルギー予算の見直しと共に、大手の企業が中小企業と手を組んでそれらの開発に取り組めば、原子炉で働くよりもずっと安全な雇用が生まれるのではないかと思います。

そして、システムが変わることによって私達が電気を選ぶ権利を持ったり、とにかく少しずつ前に前に踏み出せれば、この困難を糧に、日本は大きく生まれ変われるのでは無いか、と、私は勝手でも何でも希望を持っています。

東北がまた素晴らしい景観を取り戻し、日本は自然エネルギーによって美しい空気と安全な水と食糧で満たされ、それを世界に示すことによって、”ああ日本は素晴らしい国なんだ”とたくさんの外国人が訪れ、私達も誇りを持てる国になったら、今の子供達の未来にどれだけの財産を残せるか、と。

ドイツに住んでいた頃は、お店は早い時間に閉まってしまうし、会社も早く終わるし、そもそもヨーロッパは全体的に夜は薄暗いし、何だか寂しいな・・・と思ったこともありましたが、慣れると案外快適でした。

長い冬の夜、キャンドル囲んでお茶を飲んだり、それぞれの家庭の窓から漏れる柔らかい灯りに幸せを感じたし、みんな早寝早起きだったし。

ドイツの森は豊かで、そこを散歩する文化が残っていることも素敵だし、日本にも未来に引き継いで行きたい豊かな文化と自然がたくさんあります。

この狭い島国の地下が、六ヶ所村を拠点に放射性廃棄物で埋め尽くされて行く未来を子共達に託すなんて、絶対にあってはならないと思います。

お金よりも健康を。

007_2 この子達が歩く大地は、常に心豊かな希望で満たされた、美しいものであって欲しいと切に願います。

それにはまず、エネルギーを使い過ぎない暮らしを当たり前のものとして楽しむことと、自然エネルギーに大いなる可能性があることを知る努力をすることなんですよね。

« 桜 桜 桜 | トップページ | 展示会、再び »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Ryokoさん、こんにちわ

以前、山口県の母の実家を訪問した折
叔父が車で山の方へ連れて行ってくれました。

山頂に近づくと空を覆う真っ白な物体が幾つも
現れました。それは風力発電所でした。

青空にくっきりと浮かぶ風車は
何故か昔見たオランダの風車と重なるものがありました。

自然に守られているんだと幸せな気分になりましたね。

戦後復興で、自然をどんどん切り捨てていった日本。
この震災を機に、見直すべきことが沢山あると思いました。

私達に牙を剥く事がある自然ですが、それを上手に
生かして行く事が人間に課せられた使命ではないでしょうか。

未未子さん

こんばんは。
山口県は映画を観てから思い入れが少し強くなり案した。
美しい所が日本にはたくさんあるんですよね。

風力発電は、デザインもどんどんスッキリと斬新なものが増え、様々な改良が重ねられているそうです。
期待したいですよね。

天災の恐ろしさは本当にたくさんあると思います。
でも、それ以上に自然から受ける恩恵の方が多いのも事実ですよね。
生かし生かされる、そういう関係性を大切にしたいですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541202/51439509

この記事へのトラックバック一覧です: 未来を切り開く:

« 桜 桜 桜 | トップページ | 展示会、再び »