« 延期のお知らせ | トップページ | ”One pair of Shoes for One Step” »

2011年3月21日 (月)

天じ会ドンマイ

002 洗面所の鏡は、世からの伝言板になっています。

お風呂に入った後は、鏡がばっちりくもるから、時々メッセージが書かれています。

この日は、展示会が途中で終わってしまって落ち込んでいた私に、

”天じ会、ドンマイ”

と。

くぅ・・・母ちゃん泣いちゃったよ。

ホント、ドンマイだな。

展示会=天じ会。

天(神様)は、じ会(次回)を用意してくれているね、と勝手に解釈。

展示会までの間、この世からの鏡メッセージにはとても励まされました。

とにかく忙しくしている私のために、ひとりでお風呂にちゃっちゃと入って、歯を磨いて、ユニとベッドに・・・の繰り返しだった毎日。

寝かしつけの本も読んであげられて無かった。

「おやすみ~」だけ言いに行った後に鏡を見ると・・・。

”おかあ、ガンバレ”

”サンダル、まにあうよ”

”あとすこしだよ”

後は・・・何だったかな。

本当にジ~ンとする瞬間だった。

お陰で毎日頑張れた。

世ちゃん、ありがとです。

3月11日、展示会の初日に大地震が来て、大津波警報、周囲の避難、余震、原発問題、停電、と、とにかくずっと緊張を強いられる日々でしたね・・・。

この震災と平行して前半展示会を続けていたので、何とか気持ちがシャンとしていました。

そして一旦中止となって、我が家に篭もった数日間。

テレビからの情報を消化しきれないままとにかく受け止めて、どこ行っても混乱するから、質素な食生活で世とユニとじっと過ごした毎日。

だんだん息苦しくなって、もういっか、と思って隣の空き地でキャッチボールをしました。

すると、いつも通りの光景に、気持ちがフワッと軽くなって、蓋をしていた感情が徐々に戻って来ました。

展示会・・・終わっちゃったなぁ・・・と、妙に悲しくなって。

1年以上も前から予約を入れたこの日程。

ある一つの目標みたいにそこに集中して、まあコツコツとやって来たわけですが、人生は思い通りには行かない、ということを体験したわけです。

悔いはひとつもないけど、やっぱ悲しいものですね。

で、こうやってネガティブな感情が湧いてきて、それをとことん味わったわけです。

天災というのは、誰も悪くない。

だからこそ、辛いこともあるのです。

この悲しみは、怒りは、どこへ向かうの?

被災地の方々は、正にその何とも言えない苛立ちと虚無感と闘っているのでしょうね・・・。

誰かにぶつけられたら、ちぃっとは楽なんですが。

で、そんなネガティブさと付き合って泣いてみたりすると、またフッと心が軽くなって、次のステップへ。

被災地の方々が受けた被害に比べれば、私は別に何も失っていないわけです。

この日に、お店のオープンを予定していた人、翌日が結婚式だった人、出産だった人、家を新築した人・・・。

人生の一大イベントが重なってしまった人がどれだけ居ただろうか、と考えました。

命を失ったり、御家族や住む場所を失った人々がたくさん居る中で、悲しいなんて言ってる自分を情けなく思って、さてここからだ、と勇気が湧いて来たわけです。

自分に何が出来るかな・・・と、ずっと考え中。

何か、やります。

とりあえず今日は、工房を片っ端から整理整頓しました。

J-waveから流れて来る歌や言葉に涙しながら。

山下達郎の蒼ぼう(漢字に変換できず)とか号泣だったわ。

そして、誰のだったか忘れちゃったけど、クリス知子さんが読んだ”花”という詩が胸に刺さる。

”私は、私の人生から逃げられない。だから、ここに精一杯の花を咲かせよう”

だな・・・。

逃げられない。

そんな失敗も、災難も、間違いも、何かの為に繋がっているのだから、次に進もう。

色々と声を掛けてくれる友達にも感謝してます。

こうなって、ああなって、あそこでこうして、ああぁぁ~だからこうなったのね、という方向に向かっているのでしょう。

次なる展示会、準備します。

詳細をなるべく早くお伝えできるよう頑張りますが、もうちょっと時間が掛かりそうです。

しばらく、お待ちください。

そして皆さんも、頑張って下さい。

« 延期のお知らせ | トップページ | ”One pair of Shoes for One Step” »

革仕事」カテゴリの記事

コメント

初めてコメントします。
でもいつもブログを楽しみにしています。

いつも前向きで明るいRちゃんも、今回はつらかっただろうな・・・ってとても強く伝わってきて、コメント書きました。

「天じ会は」込み上げるモノがあるね。。。
世ちゃんには、いつも驚かされ、感動させられます。
優しくて、頼りになるね。うらやましい♪

今回の震災で結婚式を延期にした知人がいたよ。
大事なイベントを延期にするのって、勇気と優しさだと思う!
自分の都合だけを考えたら、突き進めることだってできるんだもの。

予定を変更して日を改めて開催するって、たくさんのエネルギーを必要とするけど、犠牲を払ってでも延期を決定するのって、みんなに対する思いやりなんだと思うよ。
だから、展示会を延期にしたRちゃんも、結婚式を延期にした知人も、素晴らしい決断をしたんだと思う。

だから・・・私からも「ドンマイ!」
落ち込まないで、って言われてもむずかしいだろうし
こんな簡単な言葉では言い尽くせないほど、長い時間かけて丁寧に準備してきた大切な日だったろうし、何よりも残念な気持ちは強いと思うんだけど、
でも、なんていうか、がんばって!

後半に行こうと楽しみにしていた人や、ブログでの展示会の報告を楽しみにしていた人も、きっとたくさんいるから。

がんばれー
がんばれー
がんばれー

リンタロさん

コメントど~もね~。
温かい言葉と応援、ホント感謝です。
地震、リンタロは大丈夫だった?
怖がって無かった?

全ては自分の都合だけじゃないもんね。
前半あのような状況でも来て下さった方、延期を決断してくれたオーナー、後半お会いできなかったけど次を待って下さっている方々にとても感謝です。
結婚式を延期された知り合いの方は、きっと前向きに、「この先何でも乗り越えられる夫婦になれるね~」なんて話しているかも知れないね。

私もたくさんの人々と共にがむばります!
リンタロさんもがんばって!

勝手な判断で申し訳なかったなと思います。でも、お返しできる時が来ると、お返ししなくちゃなと思います。大きくしてお返しできる日をお待ちくださいませ。

midoriさん

お返しなんて、とんでもないです。
今回の様々な出来事を、midoriさんの近くで体験し、学べたことが何よりもの収穫です。
子供がいる母親である、という立場を何よりも理解し、尊重して下さった事、本当に感謝しています。
私は、midoriさんの背中を見て色々と学ばせて頂いてます。
ありがとうございます。

世ちゃん、やさしいなーーーー。
良子さんが真摯に向き合っているからこそ、
世ちゃんからもこんな言葉が出てくるのではないかと。
こどもってすごいね!といつも驚かされます。
気分転換したくなったらいつでも誘ってくださいね。

pyonkichiさん

母親が忙しすぎるのはどうなんだろう・・・といつも気になっているのですが、そんなことも言ってられない状況になると、無理やりにでも何でも、とにかく着いて来てくれてます(笑)
子供は強いですね。

気分転換、しましょう、しましょう!
今日からカロカロさんで素敵なイベント始まってるんですよ。
私もちょこちょこお邪魔したいと思っています。
pyonkichiさんも是非一緒に!
そして、ランチも行きたいですね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541202/51183896

この記事へのトラックバック一覧です: 天じ会ドンマイ:

« 延期のお知らせ | トップページ | ”One pair of Shoes for One Step” »