« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月26日 (土)

”One pair of Shoes for One Step”

005 昨日から、カロカロハウスさんにて、”この指とまれ”というイベントが始まりました(4月5日(火)まで)。

みどりさん曰く、なりふり構わず、みんなで集まって、繋がって、元気だそうよ!というイベントだそうです。

出来上がったフライヤーのメッセージは、ちょっと胸が熱くなります。

何か出来ないか、何かしたいね、とたくさんの人が立ち上がってる中、ここでも温かい気持ちが集まってます。

被災地の方々も、原発の方々も、そして自分達だって、元気出したい時だよね。

この先長いから、息を切らすことがあったとしても、誰かに会うと、ちょっと声を聞くと、やっぱり力が湧いてくる。

そんなそんなイベントです。

普段のカロカロさんとは全く違った、新たな試みだそうで。

色んな方々の応援グッズが集まってます。

黒糖スイーツ、揚げたてドーナツ、ピタサンド、アンパン、イタリアンブレッド、コーヒーなどの食品も。

私もいくつか買いましたが、美味しかった!

そしてクラフトは、リメイク刺繍小物、ニット小物(友人chiezo作)、手織りマフラー、サンキャッチャー、手紡ぎ糸、陶芸品(私の後に展示会予定だった梅原さん)、などなど。

007ハンドマッサージ、ロミロミマッサージ、ハンコ教室もあるよ。

賑やかで楽しいです。

Waldwegのサンダルも、置かせて頂いてます。

今回はサンプル3足のみですが、革やステッチの色見本が置いてあります。

気になっていた方は、サクッと見に来て下さい。

期間中私はギャラリーにはおりませんが、

3/29日(火)

4/3(日)

4/4(月)

4/5(火)

の四日間はオーダー、採寸を承れます。

事前に連絡頂くか、ギャラリーのみどりさん、くどまーさんにお問い合わせください。

002チャリで5分、すぐ行けます(笑)

私はやはり靴を通して応援したいな、と思い立ちました。

メッセージを込めて一足一足作っているので、そこから何かが繋がれば、と。

今年は、サンダルの売り上げの20%をチャリティーにしたいと思います。

どの位応援できるのか、それは未知数ですが。

被災地の皆さんが、私達が、日本が、一歩一歩明るい未来へ進んで行けますように。

”One pair of Shoes for One Step”

そんな思いを込めて作り続けます。

2011年3月21日 (月)

天じ会ドンマイ

002 洗面所の鏡は、世からの伝言板になっています。

お風呂に入った後は、鏡がばっちりくもるから、時々メッセージが書かれています。

この日は、展示会が途中で終わってしまって落ち込んでいた私に、

”天じ会、ドンマイ”

と。

くぅ・・・母ちゃん泣いちゃったよ。

ホント、ドンマイだな。

展示会=天じ会。

天(神様)は、じ会(次回)を用意してくれているね、と勝手に解釈。

展示会までの間、この世からの鏡メッセージにはとても励まされました。

とにかく忙しくしている私のために、ひとりでお風呂にちゃっちゃと入って、歯を磨いて、ユニとベッドに・・・の繰り返しだった毎日。

寝かしつけの本も読んであげられて無かった。

「おやすみ~」だけ言いに行った後に鏡を見ると・・・。

”おかあ、ガンバレ”

”サンダル、まにあうよ”

”あとすこしだよ”

後は・・・何だったかな。

本当にジ~ンとする瞬間だった。

お陰で毎日頑張れた。

世ちゃん、ありがとです。

3月11日、展示会の初日に大地震が来て、大津波警報、周囲の避難、余震、原発問題、停電、と、とにかくずっと緊張を強いられる日々でしたね・・・。

この震災と平行して前半展示会を続けていたので、何とか気持ちがシャンとしていました。

そして一旦中止となって、我が家に篭もった数日間。

テレビからの情報を消化しきれないままとにかく受け止めて、どこ行っても混乱するから、質素な食生活で世とユニとじっと過ごした毎日。

だんだん息苦しくなって、もういっか、と思って隣の空き地でキャッチボールをしました。

すると、いつも通りの光景に、気持ちがフワッと軽くなって、蓋をしていた感情が徐々に戻って来ました。

展示会・・・終わっちゃったなぁ・・・と、妙に悲しくなって。

1年以上も前から予約を入れたこの日程。

ある一つの目標みたいにそこに集中して、まあコツコツとやって来たわけですが、人生は思い通りには行かない、ということを体験したわけです。

悔いはひとつもないけど、やっぱ悲しいものですね。

で、こうやってネガティブな感情が湧いてきて、それをとことん味わったわけです。

天災というのは、誰も悪くない。

だからこそ、辛いこともあるのです。

この悲しみは、怒りは、どこへ向かうの?

被災地の方々は、正にその何とも言えない苛立ちと虚無感と闘っているのでしょうね・・・。

誰かにぶつけられたら、ちぃっとは楽なんですが。

で、そんなネガティブさと付き合って泣いてみたりすると、またフッと心が軽くなって、次のステップへ。

被災地の方々が受けた被害に比べれば、私は別に何も失っていないわけです。

この日に、お店のオープンを予定していた人、翌日が結婚式だった人、出産だった人、家を新築した人・・・。

人生の一大イベントが重なってしまった人がどれだけ居ただろうか、と考えました。

命を失ったり、御家族や住む場所を失った人々がたくさん居る中で、悲しいなんて言ってる自分を情けなく思って、さてここからだ、と勇気が湧いて来たわけです。

自分に何が出来るかな・・・と、ずっと考え中。

何か、やります。

とりあえず今日は、工房を片っ端から整理整頓しました。

J-waveから流れて来る歌や言葉に涙しながら。

山下達郎の蒼ぼう(漢字に変換できず)とか号泣だったわ。

そして、誰のだったか忘れちゃったけど、クリス知子さんが読んだ”花”という詩が胸に刺さる。

”私は、私の人生から逃げられない。だから、ここに精一杯の花を咲かせよう”

だな・・・。

逃げられない。

そんな失敗も、災難も、間違いも、何かの為に繋がっているのだから、次に進もう。

色々と声を掛けてくれる友達にも感謝してます。

こうなって、ああなって、あそこでこうして、ああぁぁ~だからこうなったのね、という方向に向かっているのでしょう。

次なる展示会、準備します。

詳細をなるべく早くお伝えできるよう頑張りますが、もうちょっと時間が掛かりそうです。

しばらく、お待ちください。

そして皆さんも、頑張って下さい。

2011年3月16日 (水)

延期のお知らせ

皆さん、いかがお過ごしですか?

私は久しぶりのお休みで、家のことをアレコレ片付けています。

テレビから流れてくる情報、被災地の方々の現状、様々な思いが駆け巡ります。

昨晩の地震は茅ヶ崎は震度4、津波の影響はありませんでしたが、とにかく何一つ人ごとでは無くて、自分のとるべき行動に付いて考えています。

058 このような状況なので、ギャラリーオーナーのみどりさんの判断で、後半の展示会が延期となりました。

後半にお越し頂く予定を立てて下さっていた皆さん、本当にすみません。

時期についてはまだ決まっていませんが、心を新たに次の機会に備えたいと思います。

何かもう・・・マイペースにやってる場合じゃないぞ、と私も思いました。

今起こっていることは、すごい事なんで。

何を信じて、どう行動するかは個々の判断次第です。

とにかく母親として息子を守らなければならないので、まずは一緒にいて考えて行きたいです。

今回の展示会は、初日からドタバタで、残念と言うよりは、このタイミングについて色々考えますね。

でも、最初から大成功、っていうんじゃなくて良かったなと思ってます。

どんだけ前向きなんだ、って話ですが、嵐も最初のコンサートは空席が目立った、って言いますからね(笑)

ここから少しずつ階段上がれればイイな、と。

この先ずっと続けて行きますから、10年くらい経って懐かしく振り返りたいです。

次回は、被災地の方々も落ち着かれて、原発の問題も何か大きな解決を迎え、人々の中に平和の光が見えて来た頃だとイイナ・・・と思います。

被災地の方々を見習って、焦らず、ゆっくり進みます。

またより多くの皆さんにお会いできますように。

ギャラリーの情報はカロカロハウスのサイトをご覧下さい。

2011年3月14日 (月)

いつもどおり

今日は予定されていた停電は無く、いつも通りの一日でしたが、電車が止まったし、スーパーなども慌しかったようです。

私はマイペースで展示会を続けています。

地震があって人々の関心ももちろんそちらへ向いていて、展示会を観ている場合じゃない、という感じなので・・・暇です(笑)

でも、不思議と落ち着いて淡々と過ごしています。

何で地震と被ったのか・・・と悔しく悲しくなるような気持ちは湧いてきません。

まぁここまで頑張って来たので、今回の展示会に関して気持ちはスッキリとしています。

広いスペースを見つめながら、こうして普通に生活出来ていることにとても感謝しています。

被災地の方々の苦労や苦痛、不安、悲しみ、虚無感、恐怖など、様々なことを思います。

本当に胸が痛みます。

そんな中で、こうして無事に今居る場所に立っている自分が、たった今、そしてこの先どう行動すべきかを冷静に考えたいと思うのです。

どんなに人通りが少なくても、停電かもしれなくても、オーナーのみどりさんは「いや、通常どおりやりましょう」と言ってくれます。

「これには意味があるよ。このタイミングを選んだことをむしろスゴイと思うよ」と。

背中を押してくれる言葉をどんどん投げかけてくれるのです。

大きな人だな・・・と思い、ここが初の展示会場であることをとても嬉しく思います。

スタッフの方々も、犬のアワちゃんも、何かこう・・・ものすごく良い空気感で。

この先きっとずっと深く胸に刻み込む展示会になるだろうし、こうして仕事を続けてい行ける感謝を忘れないだろうし、まだ終わってないのに、既に”終わり良ければ全て良し”的なゴールを思い描いています(笑)

067_2 空間が良い所為か、サンダル達はとても良い表情を見せています。

こちらはブラック×ワインです。

ステッチはベージュ。

お花のビーズをベージュにして、この3色がバランス良く仕上がっています。

色使いがはっきりしていて、大人っぽい感じ。

004_3 こちらはコーヒー×パープル。

ステッチもパープル。

私のお気に入りの組み合わせです。

全体的にマットな印象。

ちなみにこのブタちゃん。

ブタの置き物が好きで、見つけると何となく買ってしまうのですが、このブタちゃんはお店の人が「鼻を触るとお金が貯まりますよ」と言ってました(笑)

どこに居るか探して、見つけたら触ってねdollar

015こちらは、キャメル×ミント。

ステッチ、ビーズはターコイズです。

このミントの革はファンが多いですね。

爽やかで、夏にはピッタリな色です。

麦藁帽子とコーディネートしやすそう。

デニムとの相性も良さそうです。

さてさてまだまだたくさんありますので、続きは次回に。

明日の火曜日はギャラリーはオープンしてます。

水曜日、木曜日とお休みして、またまた金曜日より後半が始まりますよ~。

2011年3月12日 (土)

始まりました

地震が・・・大変なことに・・・。

皆さん、大丈夫でしたか?

私はギャラリーに居ましたが、会話をしていたくどまーさんが視界の中でゆらゆら揺れて、一瞬”あ・・・めまいが・・・”と思いました。

怖かった。

私達があれだけ怖かったんだから、被災地の方はどれ程のものなんだろう。

世は、帰宅途中で外に居たのですが、猛烈に恐ろしかったらしく、私の顔を見た途端わんわん大泣きしてました。

うんうん、そうだよね。

ユニは・・・平気っぽかった。

023無事に初日を迎えました。

と言っても、ギャラリーの目の前で事故はあるは、午後は大地震が来たし、何だかハプニング続きのドタバタな初日でしたが、これもまた私っぽいな・・・と諦めてます。

スムーズな生き方じゃ無いんですよね、多分。

それでも駆けつけてくれた皆さん、お花を贈って下さった皆さん、本当にありがとうございます。

お隣のショップ、サポネリアさんを訪れた流れで立ち寄って下さった方、「ニュースを見て来ました」と入るなり話しかけて下さった方、フワッと入ってこられてさり気なく見て行かれた方、どんな方とでも接した時間、その空間が私にはとても嬉しかったです。

002 サンダルは、是非足を入れてみて下さい。

まだまだ寒いので、タイツだったりブーツだったりする方も多いのですが、どうか試着する気満々で、靴下でお越し頂くことをおススメします。

ご自身の足の形を気にされる方もいらっしゃって、確かに手と比べると露出の少ない部分ではあります。

ちょっぴり抵抗もあるかも知れません。

でも大丈夫です。

色々な方の足を見てきておりますので、み~んな違うし、良し悪しなんて無いものだと思ってます。

気にされている部分があったら、一緒に考えながら足にぴったりと合うサンダルにして行きましょう。

とりあえず、見て、触れて、履いて、私と話をして下さい。

また随時展示品を一足一足紹介して行きます。

まだまだ地震の不安は続きますが、被災された方々が一日も早く平和な日常を取り戻せますように。

様々な情報が飛び交い、ギャラリーに居てニュースをタイムリーにキャッチできない私は、時々不安になったりもするのですが、とりあえず目の前のことにしっかりと向き合いたいと思います。

2011年3月10日 (木)

News!

いよいよ始まります。

今日ドタバタと搬入しながら、友達が応援に駆けつけてくれたり、カロカロハウスのみどりさん、くどまーさんにアドバイスを頂いたり。

皆さん、本当にありがとうございます。

そして、湘南経済新聞さんが記事を掲載して下さいました。

http://shonan.keizai.biz/headline/1199/

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110310-00000023-minkei-l14

個展のコンセプトや私の思いを真っ直ぐに伝えて下さっている内容です。

本当に感謝です。

18足のサンダルが並んだ、シ~ンとしたギャラリーを見つめながら、あぁ始まるんだ、と緊張で胸がくぅ~っと痛くなりながら、ドアを閉めて帰って来ました。

見て、楽しんで頂く。

それが一番の思いです。

私は毎日、ほぼ一日中ギャラリーにおります。

色々と、遠慮なく聞いてください。

たくさんの方にお会いできますように。

遠方で来れない皆さん、また写真等アップしますのでどうぞお楽しみに。

2011年3月 6日 (日)

展示会のお知らせ

いよいよ、今週の金曜日から初の展示会が始まります。

011_2 Waldweg サンダル展 2011

at kalokalo house in 茅ヶ崎

    2011.03 11(fri)~22(tue)

       open 10:00~18:00

16(wed),17(thr)はギャラリー定休日

夏にはちょっぴり早いけど、色とりどりのサンダルがギャラリーを飾ります。

今回は、フラワーサンダル、フリンジサンダル、メンズサンダルの展示です。

革のサンダルって、こんなにカラフルなんだ、と楽しい気持ちになって頂けると思います。

それぞれ、ベースとなる9色(ブラック、チョコ、コーヒー、ネイビー、グリーン、キャメル、ワイン、イエロー、レッド)の革に、裏地、ステッチ(各10色程)をお好きなように組み合わせて頂き、オリジナルの一足をお作りします。

個性的なもの、ベーシックなもの、選び方によって全く違う表情に仕上がります。

型紙を元に、鼻緒の長さも測らせていただきますので、よりご自身の足にフィットした快適な一足になります。

オーダー頂いたものは、4月から6月の間に順次カロカロハウスでのお渡しか、直接配送となります。

そして今回、展示品は全て10%OFFにて販売致します。

サイズと色の好みが合えば、お買い得です。

是非、あなただけの一足に会いに来て下さい。

心からお待ちしています。

皆さんの夏が、Waldwegのサンダルで、楽しく幸せなものになりますように。

2011年3月 1日 (火)

お洒落は足元から

いよいよ3月に突入です。

な~んか寒いですねpenguin

展示会まであと10日・・・。

焦って来てます。必死です。

さて、癒しのお写真を一枚。

002 世がね・・・「ユニだって絶対に寒いに違いないよ」って言うもんですから、「そうだね、そうだね」って事になって、小さくなった靴下をお散歩のときに履かせてみたんですが・・・。

どうなんでしょう・・・これは?

一応ね、黒で目立たないようには配慮してます。

忍者っぽく(笑)

”長靴を履いた猫”もとい”靴下を履いた犬”

可笑しかった~。

玄関でゲラゲラ笑っちゃって、この写真を撮る手も震えてましたから。

親バカですけど、ちゃんと履いてるユニかわいい~heart

二人とも、どうしてそんなに笑ってるの・・・?ってキョトンとしてて。

013 要らないかも知れませんが、一応アップで(笑)

犬だってね・・・足元ばっちり決めたいわけですよ。

冬は足が冷えるわけですよ。

でも、玄関先10メートルで脱げました。

歩きづらいらしいです。

ダメだったか。残念。

犬のお散歩用の靴、ってデザインしたくなりました。

でも、「歩きやす~い。サイコ~。」って言ってくれるワンちゃん居なそう。

例えばこの靴下がロングブーツだったとして、コレ履いてお散歩してるワンちゃん居たら、ギョッとします・・・・ね。

犬と靴・・・繋がらないかな。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »