« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月29日 (月)

おそろい

結局風邪引きました。

のどが痛いので、生姜紅茶ばかり飲んでます。

先日、期日に何とか間に合って納品したお揃いの子供靴。

022_2オシャレな友人のダブルKちゃん兄弟。

先日のSecond Shoesの記事を見て気に入ってくれたママが、お友達のハワイでの結婚式に出席するため、兄弟お揃いでオーダーしてくれました。

弟ちゃんが大きいので、サイズは二人一緒の19cm。

踵にローマ字で名前も入ってますが、間違えないように色の組み合わせを逆バージョンにしました。

003_2

お兄ちゃんのは、赤い裏地にターコイズブルーのステッチ。

弟ちゃんのはミントブルーの裏地に赤いステッチです。

014_3 ベビーシューズのデザインをキッズにするとどんな雰囲気かな・・・と、想像も付かずひたすら作業に集中してましたが、出来上がってみると、全く違和感なく仕上がりました。

履き口はたっぷり広く、そしてベルトでしっかりと留められます。

納品に行ったら、二人ともワイワイと賑やかに履いてくれて、一言感想。

「ユルくもキツくもな~い」

可愛い・・・。そして嬉しい。

これって”ぴったり”って言ってくれてるんですよね。

弟ちゃんの方が骨細で、足がやや薄かったので、中にコルクを敷いて調整しました。

ネクタイに赤が入っているから、と言っていたので、全身のコーディネートがとても楽しみです。

どんなスタイルで、オスマシして式に出てるのかなrestaurant

これからの季節、ちょっとしたお出掛けや初詣などにも活躍しますように。

卒園式や入学式にもおススメですよ。

2010年11月15日 (月)

消防車と馬に乗った日

忙しくて全然更新できず。

でも女子バレーは観ましたよ!メダル、おめでとう!

そして、世が風邪を引き、私も移ってそうな気配・・・。

がしかし今は寝込んでいる場合では無いので、気合いでウィルスを跳ね除けます。

少し日が経ってしまいましたが、先日市役所隣の駐車場でやっていた消防フェアにかず君と行って来ました。

男の子にはグッと来るこのイベント、行ったことある方も多いんじゃないでしょうか。

001_7_2 順番に消防車に乗せてくれたり、消火器体験、救護体験、煙体験、などなど、為になる体験が盛りだくさんです。

震度7の地震を体感したり、非難食を試食させてくれるコーナーもありました。

何と言ってもメインイベントは、はしご車体験です。

朝とお昼、2回の抽選会、それぞれ先着300人がくじを引けて、当たりはなんと40人だけ。

地上から20メートル(だったかな?)の高さまで延びるはしごを体験できるのですが、近くで見るとあら~高い。

コンサートで宙吊りになって歌う嵐の気分を体験できる!と、母さん念力を込めてくじを引きましたが、見事にハズレ。

かず君も、かず君ママも、世も、みんな揃ってハズレ。

悲しい・・・。

悔しがってたら、側に居た消防士さんが「いや~、怖いからやんない方がイイよ」だって。

ふふ・・・怖いんだ。

でも、絶対「オモシれ~」とか言うんですけどね、この二人は。

というわけで、はしご車への期待はまた次回のイベントで、ということにして、ちょっと移動して里山公園へ。

以前に紹介したお客さんの高橋パパさんが、新たに里山公園近くにて”ホースキャンプ里山”をオープン。

基本的には里山公園の入り口で乗ることが出来るみたいです。

012 大きな白馬を先頭に、その後ろにポニーちゃんが二頭。

ここでも誰が白馬に乗るかで揉めて、すったもんだのあげく、お決まりのジャンケン。

ジャンケン・・・(笑)

誰かさん、やっぱり負けました。

ホント、弱いです。

白馬は高さもあって、乗ると本物の王子様みたいですよ。

かず君カッコイイcrown

014 今回は泣きべそもかかず、楽しそうにスタートして、満足気に戻ってきました。

10分くらいぐるりと1週してくれて、一人500円です。

お天気の良い日は行列も出来る程の人気だそう。

我が子の”白馬の王子様”写真を撮りに出かけてみるのも良いかも知れませんよcamera

2010年11月 6日 (土)

レトロなブーツ

011_5 新作のベビーシューズが完成しました。

ちょっとアンティーク風なショートブーツです。

サイドはくるみボタンで留めるスタイルです。

マジックテープと違って多少の手間は掛かるかもしれませんが、慣れて革が柔らかくなればスムーズかと。

もう少し改善して、もしかしたら二つボタンにするかも知れませんが。

デザイン1と同様、踵にはしっかりとした芯が入っていて、当て革の部分にお名前と誕生日など、お好きな文字をお描きします。

木型も、12~14cmは甲高の子と薄い足の子、それぞれに合わせて2タイプ御用意しています。

男の子と女の子、また体格によって足の厚みは全然違います。

小難しいことを言うわけではありませんが、赤ちゃんの時期ほど、足に合った靴を履かせることは大切だったりします。

自分自身で合う靴、合わない靴の判断が出来ないので。

歩き始めは、大切な土台作りの時期です。

考え始めると、人間はどうして二足歩行なのか、それを支える足とは何ぞや?なんて所に行き着いたりもします。

”歩く”ということを大事に考えて、そして子供たちにとって楽しいものにしてあげられたら、と。

まだまだ道の途中ですが。

013_3_3 今回は、アイボリー×チョコレートで作りましたが、組み合わせもオーダーでお好きなように変えられます。

この組み合わせを考えるのが、楽しい。

革とお揃いのくるみボタンの色合いもポイントになります。

只今(って言うかずっと・・・)Waldwegのサイトを準備中。

まだ少し時間は掛かりそうでうが、頑張って作品案内なども充実させたいと思います。

今しばらくお待ちください。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »