« 青梅鉄道公園 | トップページ | Second Shoes »

2010年10月16日 (土)

秋空の下で

053

青梅最終日はやはり川。

夏のような気温だけど、川沿いの空気は清々しい。

「青梅は緑がいっぱいなんだね~」とケンタ君。

そうです。いっぱいなんです。

060

日差しはかなり暑いけど、川の水はひゃっこくて、「足が痛い、足が痛い」となかなか長時間水の中に居られなかった二人も、だんだん慣れて来て、徐々に深いところへ。

059こんな風に石投げをしてはゲラゲラ笑って大盛り上がりの様子。

でも、心はすでにもうあの真ん中にある大きな岩に向かっている。

深いところを渡ってあそこまで行くには、確実にこのズボンの裾は濡れてしまう・・・。

行きたい。でも濡れると怒られる・・・。

葛藤の末、彼らの選択は・・・。

062やっぱり辿り着きました~。

この岩、すごい大きいんですけどね。

男の子は本当に登るのが好きですね。

降り注ぐ日差しが本当にシャワーのようで、写真でもその雰囲気が伝わるかな。

キラキラした秋の思い出だね。

帰りの車は爆睡で、あっという間に茅ヶ崎に着いて、第一回青梅ツアーの幕は閉じたのでした。

« 青梅鉄道公園 | トップページ | Second Shoes »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541202/49762452

この記事へのトラックバック一覧です: 秋空の下で:

« 青梅鉄道公園 | トップページ | Second Shoes »