« 繭蔵 | トップページ | 秋空の下で »

2010年10月15日 (金)

青梅鉄道公園

028_4 青梅ツアーはまだまだ続く。

次に行ったのは青梅鉄道公園です。

世はもともとあまり乗り物には興味が無いので、ここには数回来ていますが、そんなに大盛り上がりという程ではありませんでした。

がしかし、ケンタ君と一緒だとはしゃぐはしゃぐ。

鉄砲玉のようにどこかへ飛んで行ってしまう二人。

たくさんあるSLや新幹線の中を行ったり来たり、昇ったり降りたり。

ヘトヘトになって必死で付いて行けば、「来ないで」とか言われたり。何だよ。

042_3

やはり圧巻はこの機関車。

D51(デゴイチ)です。

カッコイイよ。

032_2 こんな風に石炭入れる真似したり。

これ運転するの、本当に大変&難しそう・・・。

3連休の中日、雨も上がって蒸し暑い陽気でしたが、混んでるようで混んでない、ってのが青梅のいいところ。

どこ行っても、何となくのんびりな寂れ加減。

046

このジャンボライオンの乗り物がまたレトロで。

どのくらい前からあるのか知りませんが、壊れないところが素晴らしい。

パンダもあるよ。変な顔でかわいいよ。

世が前に行こうと操作すると、ケンタ君がバックボタンを押しちゃって、二人でゲラゲラ。

だから、そういう乗り方は御長寿のライオンにはキツいってば。

051 中には大きな模型の展示があって、一時間に一回デモンストレーションがあります。

鉄道好きな男の子にはたまらないでしょうね~。

レトロな歌に合わせて、電車がぐるぐる走ります。

notesふふ~ん、ふふ~ん、は・し・る~。高い山を何とかかんとか~notes 歌詞ほとんど忘れちゃった。

でも、忘れられないメロディー。

売店では、こんな風に車掌さんの帽子を貸し出してくれます。

はい、ポ~ズ。シャキ~ン!

ご満悦のお二人。

このすぐ目の前に永山のグラウンドがありまして、ただの広~い広い運動場&公園なんですが、小さな山の上ですので、景色も良くて空気も美味しく、開放感ばっちりです。

周囲をぐるりとハイキングしたりも出来ます。

これからの紅葉の季節には、辺り一面が色付いてこちら方面はおススメですよ。

奥多摩ドライブはちと渋滞が予想されますが、お子さん連れなら、永山&青梅鉄道公園コースはちょうどイイかも知れません。

« 繭蔵 | トップページ | 秋空の下で »

育児」カテゴリの記事

コメント

ほほほ、その歌は
「びゅわーんびゅわーん、は・し・る〜note
 青い光の超特急〜 じそーく250キロ〜飛んでくようには・し・る〜note」じゃなかったかね?

みんみんさん

そうそう、絶対そう!
何かすごいスッキリした~。
って言うか、私が書いた歌詞、一個も合ってないし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541202/49752624

この記事へのトラックバック一覧です: 青梅鉄道公園:

« 繭蔵 | トップページ | 秋空の下で »