« 川散歩と木の花 | トップページ | IKEAで勝手に撮影会 »

2010年8月20日 (金)

富士ハーネス

005_5 先日、賛助会員である未未子さんに誘って頂いて、静岡県富士宮市にある盲導犬訓練センター富士ハーネスへ見学に行って来ました。

山に囲まれた、広々とした素晴らしい環境。

016_5入り口では大きなラブラドールのぬいぐるみがお出迎え。

予約無しで自由に見学することが出来ます。

新しく清潔な施設で、ワンコたちも快適そう。

施設に行く前に、近所のお店で、B級グルメで有名なあの富士宮焼きそばを食べました。001_7

麺が、美味しいですね。

弾力と腰があって。

お店それぞれで味が違うそうなので、何件か梯子してみてもいいかな、と。

14時からのデモンストレーションを見学しました。

こちらはピーアール犬のインクちゃん。

008_5 お利口で可愛かった~heart

インクちゃんは充分優秀なのですが、盲導犬には合格できず、ピーアール犬として働いています。

盲導犬になれるのは、訓練を受けても10頭に3~4頭の割合だそうです。

子犬の時に、お母さんのおっぱいを飲むのにあぶれてしまう位控えめな子が向いているそう。

様々な条件を満たして、世に出て行くのですね・・・。スゴイ。

この白いハーネスをしているときは完全にお仕事モードなので、街中で見かけても、声を掛けたり、頭を撫でたりしてはいけないそうです。

そして、犬は信号の色を見分けることが出来ないので、車や人の往来で渡る渡らないを判断するそうなのですが、スムーズで無いなと感じたときは、「青ですよ」などと、ちょっと声を掛けてあげるのも助けになるそうです。

011_5 感動したのは、この高い場所(駅のホームなど)での例です。

ご主人様が「Go straight」と指示を出しても前には進まず、身体を横にして、ご主人様の行く手を遮り守ります。

自分がくぐれても、ご主人様の高さではぶつかってしまいそうな障害物がある所では遠回りします。

完全にご主人様の身になって、目になって街中を歩きます。

本当に素晴らしいパートナーです。

024_2最後に順番に疑似体験をさせてもらいました。

こちらもピーアール犬のビスケちゃん。

施設内を一周するのですが、私たちはどんな道を行くのか大体わかっているので、そんなに不安はありません。

でも目を瞑って歩きながら、様々な思いが湧いて来ました。

パートナーの盲導犬を絶対的に信じて、一緒に並んで歩くその道はどんな風なのかな・・・と。

慣れるまでは不安がたくさんあるでしょうし、慣れてからも安心しきることはあるのかな。

深い、深い関係なんでしょうね。

体験してみて、気付いたことがいくつかありました。

あまり側に寄り過ぎてしまうと、犬の足を踏んでしまうのではないか、という心配。

これに関しては、「犬は痛覚が人間より鈍いので、スニーカーなどで踏まれる分には大丈夫なんですよ」と係の方が教えてくれました。

ヒールなどは厳しいそうですが。

そして、一緒に歩きながら、私はどうしても話しかけてしまいます。

「暑いね~。風が気持ちイイね~。」などなど。

でもそういう声掛けは、盲導犬は指示と混乱してしまうので、しない方が良いそうです。

共に歩くときは、基本的には指示の言葉(英語)のみです。

そして、ハーネスを外したときにたくさん遊んで話しかけて甘えさせてあげるそうな。

とにかく犬好きなものですから、小さなことにもかなり大げさに感動してましたが、親子でとても良い体験が出来ました。

未未子さん、本当にありがとうございました。

久しぶりに犬に接して、ももをたくさん思い出しました。

ももはラブラドールによく似ています。

耳が垂れていて、ちょっと気弱な瞳。

引退した18歳のさくらちゃんという子が寝たきりになって横たわっていました。

ほんの1年前にはもももこうして寝ていました。

犬をとても飼いたいのですが、まだももをまた飼いたい、という気持ちです。

もも~、会いたいよ~dog

« 川散歩と木の花 | トップページ | IKEAで勝手に撮影会 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

Ryokoさん、こちらこそお世話になりました!
念願の富士ハーネスへ行けてとても嬉しかったです。

盲導犬訓練とは実際にどういうものなのか少し分かったような気がします。

ももちゃんみたいな子が沢山いて
私も思わず目頭が熱くなりました。

もしかしたら、一緒にいたかもしれませんね。

ももちゃんが踏んずけられていた足の感触を今でも
はっきりと覚えています。

少しづつでも前へ踏み出せるといいですね。

未未子さん

こちらこそ、本当にありがとうございました。
未未子さんの動物達への多岐に渡る活動、とても素晴らしいと思います。

盲導犬という特殊な犬に触れて、また更に犬好きになりました。
ももの感触も思い出せたし、車中にしたももの思い出話も楽しかったです。
そして何より、盲導犬の活躍や大変さがわかり、とても良い勉強になりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541202/49198809

この記事へのトラックバック一覧です: 富士ハーネス:

« 川散歩と木の花 | トップページ | IKEAで勝手に撮影会 »