« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月30日 (月)

夏休みが終わる頃、僕は7歳になったんだ

013_3今日は松潤の誕生日。昨日はマイケルの誕生日。そんな盛りだくさんな頃、世はマコーレカルキン君と共に先日7歳の誕生日を迎えましたbirthday

あっついので、今年は我が家でのお誕生会は断念し、おかあもケーキ作りに挫折し、気持ちを切り替えて作ったスイカゼリーはとてもブログにてお見せできるほどの代物では無く、ここはお約束のケンタとパーッとお祝いでしょ。

ということで、pyonkichiさんのブログに載っていた江ノ島のDIEGO BY THE RIVERに行ってきました。

015_7 江ノ島を遠くに望む、川沿いの素敵なカフェです。

中々混み合っていましたが、子供連れでも気持ち良く接して下さって、とても居心地が良かったです。

この写真のシュークリームが絶品です。

しっかり目のシューに、溢れるほどのカスタードクリーム。おススメです。

お誕生日用のメッセージまで書いてくれました。

世は、トマトソースのパスタ。トマトの味が濃厚でとても美味しかったです。

ケンタ君はハンバーグステーキ。

本格的な大人なハンバーグで、アボガドが添えてあってこれまた美味。

二人で交換こして、楽しげに食べていました。

008_5 ケンタママはアボガドとベーコンのパスタ。

これもおススメ!

でもって私はチキンステーキのゴルゴンゾーラソース。010_3

ゴルゴンゾーラ、大好き。

子供たちも美味しい、と言ってソースをポテトに付けて食べてました。

と言うわけで、お料理はみんなおススメなんです。

020_3 閉めはカラオケ。

一昨年も行ったんだよな、このメンバーで(笑)。

あの時は、犬のおまわりさんとか、何とかレンジャーとか歌ってたのに、7歳は大人ですよ。

B’zとか嵐とか歌うんですから。

025_2 しかもこのポーズ(笑)

男っぽいねぇ~。

毎年、毎年、こうして一緒に誕生日を祝ってくれて嬉しいね。

帰ると、お友達から心のこもったメッセージやプレゼントも届いて、幸せいっぱいの一日。みなさん、本当にありがとうございます。

翌日、おとうにはお祝いとしてケンタ君と一緒に富士急ハイランドのピラメQノライブに連れて行って貰いました。

生で観たピラメキ体操はとても面白かったそうです。

ピラッピラッ~notesピラッピラッnotesピラめいたっflair

生中継をテレビで必死に観ましたが、全く映っておらず。

そりゃそうだ、あの人数じゃ。1万人とかだったらしい。

そんなこんなで、盛りだくさんな夏休みは終わります。

明日から学校。

早起き出来るかな。

宿題は、今日ギリギリセーフで終わらせました。

1年生からギリギリ、ってのは母の監督不行き届きな気もしますが、まぁEasy Goingでどうぞ。

世ちゃん、7歳も幸せに。

 

2010年8月25日 (水)

IKEAで勝手に撮影会

暑い・・・。から家に居たくない・・・。

何もやる気がしない・・・。

この夏は”家に居ないのが一番”がテーマ。

そんな理由で、ケンタ君親子とIKEAへ。

買い物というより、あそこは一種レジャーランドですので。

すごかったですよ~。キッズルームの待ちが。120人とかだったかな。

で、仕方なくフロアの買い物に子供たちも付き合ってもらいましたが、買い物と名の付くものは大嫌いなケンタ&セイ。

途中途中に置いてあるあの黄色い遊ぶポイントも、もう卒業のお年頃。

さて・・・どうするか、と思ったんですが、あ、ごっこ遊びしてみよう、と。

033 まずは、キッチンでお料理三昧。

塩がどうとか、ご飯をよそって、とか、アレコレやり取りをしている様子。

035_2_2 お次はカフェごっこ。

セイ作る。

ケンタ運ぶ。

レジ係もめる。

もめた結果、二人並んでレジに立ち、私「おいくらですか~?」ケンタ「3500円です」私「えっ、高いなぁ・・・」セイ「じゃあ100円で」私「やすっ!(笑)」

044_2最後は、ミニ嵐になりきり会。

スタジオっぽい所を自分達で探して、「撮って撮って~」と。

ケンタ→松潤

セイ→大野君

という役割に勝手に私が任命。

042結構なり切ってます。

ぷぷぷ。

真面目な表情しちゃって。

カメラ向けながら笑いをこらえるのが大変でした。

本人達、結構真剣なので。

043_2 「自然に自然に~」とおかあカメラマンが笑わせて、二人の仲良しショット。

ホントの兄弟みたいに、遠慮なく本気でケンカして、ゲラゲラ笑って。

こういう友達、大切にして欲しいな、と思います。

帰り際の恒例のバイバイタッチ。

「ケンタ、そろばんガンバレ!オレもバスケがんばるから!」

「おぅ!オレ、そろばんガンバル!セイもバスケがんばれ!」

聞いてて思わず微笑んでしまいます。

2010年8月20日 (金)

富士ハーネス

005_5 先日、賛助会員である未未子さんに誘って頂いて、静岡県富士宮市にある盲導犬訓練センター富士ハーネスへ見学に行って来ました。

山に囲まれた、広々とした素晴らしい環境。

016_5入り口では大きなラブラドールのぬいぐるみがお出迎え。

予約無しで自由に見学することが出来ます。

新しく清潔な施設で、ワンコたちも快適そう。

施設に行く前に、近所のお店で、B級グルメで有名なあの富士宮焼きそばを食べました。001_7

麺が、美味しいですね。

弾力と腰があって。

お店それぞれで味が違うそうなので、何件か梯子してみてもいいかな、と。

14時からのデモンストレーションを見学しました。

こちらはピーアール犬のインクちゃん。

008_5 お利口で可愛かった~heart

インクちゃんは充分優秀なのですが、盲導犬には合格できず、ピーアール犬として働いています。

盲導犬になれるのは、訓練を受けても10頭に3~4頭の割合だそうです。

子犬の時に、お母さんのおっぱいを飲むのにあぶれてしまう位控えめな子が向いているそう。

様々な条件を満たして、世に出て行くのですね・・・。スゴイ。

この白いハーネスをしているときは完全にお仕事モードなので、街中で見かけても、声を掛けたり、頭を撫でたりしてはいけないそうです。

そして、犬は信号の色を見分けることが出来ないので、車や人の往来で渡る渡らないを判断するそうなのですが、スムーズで無いなと感じたときは、「青ですよ」などと、ちょっと声を掛けてあげるのも助けになるそうです。

011_5 感動したのは、この高い場所(駅のホームなど)での例です。

ご主人様が「Go straight」と指示を出しても前には進まず、身体を横にして、ご主人様の行く手を遮り守ります。

自分がくぐれても、ご主人様の高さではぶつかってしまいそうな障害物がある所では遠回りします。

完全にご主人様の身になって、目になって街中を歩きます。

本当に素晴らしいパートナーです。

024_2最後に順番に疑似体験をさせてもらいました。

こちらもピーアール犬のビスケちゃん。

施設内を一周するのですが、私たちはどんな道を行くのか大体わかっているので、そんなに不安はありません。

でも目を瞑って歩きながら、様々な思いが湧いて来ました。

パートナーの盲導犬を絶対的に信じて、一緒に並んで歩くその道はどんな風なのかな・・・と。

慣れるまでは不安がたくさんあるでしょうし、慣れてからも安心しきることはあるのかな。

深い、深い関係なんでしょうね。

体験してみて、気付いたことがいくつかありました。

あまり側に寄り過ぎてしまうと、犬の足を踏んでしまうのではないか、という心配。

これに関しては、「犬は痛覚が人間より鈍いので、スニーカーなどで踏まれる分には大丈夫なんですよ」と係の方が教えてくれました。

ヒールなどは厳しいそうですが。

そして、一緒に歩きながら、私はどうしても話しかけてしまいます。

「暑いね~。風が気持ちイイね~。」などなど。

でもそういう声掛けは、盲導犬は指示と混乱してしまうので、しない方が良いそうです。

共に歩くときは、基本的には指示の言葉(英語)のみです。

そして、ハーネスを外したときにたくさん遊んで話しかけて甘えさせてあげるそうな。

とにかく犬好きなものですから、小さなことにもかなり大げさに感動してましたが、親子でとても良い体験が出来ました。

未未子さん、本当にありがとうございました。

久しぶりに犬に接して、ももをたくさん思い出しました。

ももはラブラドールによく似ています。

耳が垂れていて、ちょっと気弱な瞳。

引退した18歳のさくらちゃんという子が寝たきりになって横たわっていました。

ほんの1年前にはもももこうして寝ていました。

犬をとても飼いたいのですが、まだももをまた飼いたい、という気持ちです。

もも~、会いたいよ~dog

2010年8月15日 (日)

川散歩と木の花

青梅レポート第二段。

040 澤乃井にあるままごとやの辺りを散歩してきました。

今回は食事はしませんでしたが、その近辺には川沿いの散歩コースがあって、とても気持ちが良いのです。

039ままごとやでは、とても美味しいお豆腐のコース料理が食べられます。

川を眺めながら、風情ある建物で頂くお豆腐は絶品でございます。

道を挟んですぐ向かいには、日本酒の酒蔵澤乃井があって、見学も出来たりします。確かお土産に日本酒がもらえるよ。

奥多摩、青梅はとにかく水がキレイです。

実家の水道水ですら、夏でもひんやり冷たくて、顔を洗うととても気持ちがイイのです。

042 この日は小雨が降っていて、人も少なくのんびり歩きました。

何せ観光地なので、夏や紅葉のシーズンはかなり込み合います。

川沿いに続く細い小道を、世も虫や植物を観察しながら楽しそうに歩いていました。

途中民家の庭先で自家製のお野菜や梅干しなどが売られています。母がパックに入った300円の梅干しをゲット。私は100円のゆかりを。おにぎりにしたら美味しそう。

この近辺は、川を渡ると櫛かんざし美術館玉堂美術館や、少し先にはパワースポットでもある御岳山があります。

美味しい水と空気で、マイナスイオンを浴びて心身共にリフレッシュ出来ます。

070帰り際に、茶房ギャラリー 木の花に寄ってお茶をしました。

こちらは、古い日本家屋をカフェに改築したもので、おうちに招かれたような、とても落ち着く空間です。

054オーナーのおばあちゃんもとても優しくて、ランプや一輪挿しなど、細かい所にも気が配られていて、そして、空いています(笑)

混んでない、ってホッとするポイントなんですよね。

055 

何せ大きなお屋敷です。

畳のお部屋と、大きな堀り机の部屋があります。

お庭をのんびり眺めながら、それぞれアイスコーヒーのケーキセット、レモンスカッシュ、抹茶セットを頂きました。

063 060 チーズケーキの上に載った、二匹の鮎が青梅らしい演出です。

お抹茶のセットのお菓子は”笹のしずく”という名前だそう。

涼しげ。

069 ちなみにお隣は、並木という石挽きのお蕎麦やさんです。

お蔵を改築してあります。

青梅は水が良いので、美味しいお蕎麦やさんも多いです。

お豆腐、お蕎麦、カフェ、と盛りだくさんですな。

話は変わって、今日は終戦記念日ですね。

小学生の頃、廊下に被爆された方々の写真が展示されていました。

とても怖くて悲しい思いでその写真を見たのを今でも覚えています。

子供の頃に感じたことも大切ですが、親になってみて、大人である自分がもっと学ばなければと感じます。

語り継がれるべき何かを忘れずに、多くの犠牲を強いられた当時の方々に敬意を払いたいと思います。

2010年8月14日 (土)

青梅散歩

青梅から戻りました。

のんびり、だらだらと癒されて来ました。

今回は、世と青梅の街中を散歩してみました。

永山グラウンドからねじまき雲さん、イル・テンポ・ボーラさんと足を運んだのですが、どちらもお休み。がっくし。

蒸し暑くて、喉が乾いて、二人でトロトロ歩いていると、何となく青梅の商店街の風景をゆっくり見ることが出来て、あ、あの建物好きだな・・・なんて思いながら写真をパチパチ。

それにしても、不思議な街。 015_7

011_5_2 レトロな建物がたくさんあって、決して活気は無く、街並みはいつまでも変わらず、ただただそこにのんびりと構えているような暮らしぶり。

012_2 014_3 看板が何せユニークです。

皆さんユーモアでやっているのか、町興しのために本気なのか、その真意だけは掴めませんが、ちょっとふざけてノリでやっちゃった、という感じがして微笑ましいです。

016_5 映画とお店の名前をコラボした看板が多いです。全く関係なくて笑えます。

この4枚、洋品店、青果店、うどん屋、スーパーの看板ですからね。

映画哀愁、侍ニッポン、素晴らしき日曜日、東京物語。

こういうのを見つけながら歩くと、結構楽しいです。

商店街も、昔ながらの食器屋さん、草履屋さん、洋品店、呉服屋さん、籠屋さん、和菓子屋さん、レコード店などが並んでいます。

お客さんが入っているのをあまり見かけたことが無い店もありますが、ず~っとずっと変わらずそこにあるので、商店街には無くてはならない存在なのでしょう。

で、しばらく歩いてヘトヘトになった私たちは、駅前のシャノアールを発見し、こちらで名物ビックパフェを。

023_3ここももう何十年も前から変わらない。

中、高校生の頃、友達と良く食べました。

世がすぐ食べちゃったから写真には無いけど、ホントはポッキーが2本刺さってます。

022_2 これは、オトナでも一人で食べるのは中々大変です。

かなりの高さ。

それにしても、このいかにも喫茶店という感じのシャノアール。

レトロなシャノアール。

広くて待たされることはまずありません。

おススメです。

025_2時間の都合で閉まっていた、恒例の”夏への扉”には行けませんでしたが、やっぱり好きな風景だな・・・。

この夏への扉の前には、超高層マンションが建ってしまったんですけど、それでもやはり街の至る所は昔のまま、時が止まったようです。

レトロブームに乗っかって、色々と町興し的なこともしていますが、それでもどこか乗っかり切れてない感じが好きです。

オシャレなんじゃなくて、力の抜けた控えめな街、青梅。

2010年8月 9日 (月)

デビュー戦?

先週末は、総合体育館にて茅ヶ崎市のバスケの大会がありました。

初めての公式戦です。

入部して3ヶ月ほどしか経っていない世にとっては、バスケのルールとは何ぞや?という段階なので、とにかく訳が分からない状態の中、二日間朝の8時から夕方6時まで良く頑張ったと思います。全部で4試合。

体育館の中は、それはそれは暑いのです。

長時間居ると息苦しくなって来るほど。

もちろん5,6年生が中心の大会なので、1年生などはベンチの一番端っこで応援するのみです。

先輩のプレーを良く見なさいよ。

しっかり声を出して応援しなさいよ。

先輩がベンチに戻って来たらウチワで扇ぐんだよ。

なんて教えたって、暑さと退屈で顔がボ~ッとしています。あぁ・・・。

013_3 そんな1年生にも、最後の最後にコーチの計らいで、ちょこ~っとだけ試合に出るチャンスが。

相手チームも低学年だけの交流試合です。

みんな必死にボールに向かって突進していく中、オロオロとどう動いたら良いのか分からない、といった様子。

011_5

肉食系のガッツリ男っぽい性格かと思っていたのですが、どうやら草食系だったようです。

こぼれ球を何回かだけ持つことが出来ましたが、手にした途端突撃してくる相手の選手にボールを手渡してしまう場面も(泣) 何でじゃ・・・。

殆どの時間、ゴールからゴールへとただただ走るだけだったけど、歯を喰いしばって真剣に走る姿をおかあはちゃんと見ていたよ。

帰りの自転車で、ふたりで反省会。

「出番が無くて、嫌な気持ちだった。」とポツリ。

021_3じゃあ出番って、どうやったら出来るんだろう。

考えよ。

コーチの話を良く聞いて、先輩のプレーを必死に見て、チームメイトとの絆を深めて、一生懸命練習して、やりたいプレーをいつかのびのびと出来るようになりますように。

先は長いぞ。

ゆっくり、ゆっくり、頑張って。

子供たちのプレーを見て昔を思い出し、久しぶりに血が騒ぎました(笑)。

バスケってイイなぁbasketball

2010年8月 3日 (火)

夏休みのお手伝い

今日も、最高に暑い。

毎日、暑い。

もう慣れたけど。毎晩ぐっすり寝てるし。

先日のフリマ、みなさんありがとうございました。

今年は、ビーチフェスタ自体も人出が少なかったのでますますのんびりでしたが、おしゃべりが楽しかったです。

早いもので夏休みももう2週間が経ちました。

世は、「もう終わっちゃうじゃないか・・・」と、少し気が早いけど既にカウントダウンモードです。

今年の夏休みは、特に旅行なども予定してませんが、毎日これだけ遊べば充分でしょ、というくらい遊んでます。

クーラーの無い我が家は、午前中がかなり重要で、とにかく起きたら一番に宿題をすることが何となく日課です。

朝顔の観察と水やりをして、計算とか書き取りのページをちょっとずつ進めて、今は読書感想文とやらに戸惑ってます。

宿題の内容って、いつの時代も変わらないんですね・・・。

012_2そんな中、家のお手伝いはどうするのかな・・・なんて期待しないでいたら、皿洗いをやりたがってくれたので、ラッキーshine、と思ってお任せしてみました。

以前から台所には立ちたがることが多くて、お料理なんかはアレコレやってくれます。

野菜を切るのと、卵を割るのと、炒めるのが好き。

目指せ!ケンタロウ!

014_3そんなこんなで、母さん疲れた・・・ってな顔してお皿洗ってたら、「オレにやらして 」と。

「え~いいのにぃ~」

とか言いながらバトンタッチ。ありがとね~。

真剣、真剣。頑張ってます。

とてもピカピカに洗ってくれて、夏休みのお手伝いはこれに決まりね!と思ってたら、コレ以降、一度もやってくれません・・・。

気まぐれというものだったようです。

でも、夏休みは後4週間程あるもんね。

お料理も、後片付けも得意な男子、って素敵だもんね・・・と期待は膨らみます。

母さん諦めません。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »