« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月25日 (日)

夏の空

あづい・・・。あづずぎる・・・。

クーラーのない我が家は、家中の窓全開です。

今のところ続けているジョギングも、朝の時間帯はついにギブアップ。

無理無理。

6時、7時でも無理。

4時、5時は起きれない。

というわけで、世がバスケに通っている時間帯を利用して、夕方に変更。

6時半位に家を出ると、ぎりぎり暗くなる前に戻れます。

002_2夏の夕暮れ時の空は、本当にキレイ。

このグラデーションを眺めながら、頭の中を思いっきり空想モードにして、好きなことを考えながら走るのもなかなかです。

世と一緒に夕方海岸沿いをサイクリングするのも、好き。

凹んだり、ネガティブになったり、時には消えて居なくなってしまいたくなることもありますが、少し前を無心に走る我が子の背中を見つめながら、又は、後ろから聞こえる「おかあ~」という彼の声に耳を傾けながら、いやいやかなり幸せだ・・・と我に帰るひと時です。

前に、後ろに、抜かして、抜かされて、そんなふたりの何でも無いやり取り。

自分がどこに向かっているのかなんて、実際全然分からないんですけど、海と空を見ると、”ま、いっか”と思えます。

積み重ね=答え=時には変化する、だから。

2010年7月14日 (水)

足にとって大事なこと~夏編~

先日、yahooニュースでこんな記事を見つけたので、皆さんにも御紹介。

”夏の靴には危険がいっぱい”というAll Aboutの記事です。

http://backnumber.dailynews.yahoo.co.jp/?m=2892579&e=model_fashion

ミュールの危険性や、関連記事には外反母趾の原因などについても書かれています。

華奢なヒールや、スッと足が入る形はとても魅力的なのですが、あれを颯爽と履きこなすにはモデルさんのような訓練も必要かと思います。

そして、長時間にはもちろん向きません。

私も女性らしくヒールのあるものは時々履きたいな、と思うので、全然否定はしませんが、足に負担にならない最低限のバランスを。

足は身体の土台です。

安定感あってこそ、美しい姿勢を保てて、健康でいられるので、ひょこひょこ歩きになってしまうデザインは気をつけましょう。

踵からしっかり着地して、そのまま重心を移動しながらつま先で地面を蹴り返すという基本の足裏運動を意識して、カッコ良く歩いて下さいね。

夏の靴は足を覆う面積が狭いので、どうしてもパカパカ、ペタペタしてしまいがちですが、そんな中でも長時間履くような時は、なるべくフィット感のあるものを選ん欲しいな、というお話でした。

まぁ育児するようになると、そういう靴はめっきり履かなくなるんですけどね。

若い頃って、無茶してましたね~。

Have nice summer daysfoot

2010年7月13日 (火)

僕はスイカに恋をした

雨、良く降りますね。

選挙。う~ん・・・。昨日も夜遅くまで特番観てて寝不足です。

でもって、ワールドカップ。

スペインね~。

いやぁ~後から言うのズルですけど、スペインかな、って思ってたんです。ホントに。

今回のワールドカップは、日本が参加したっ!みんなで闘った!って感じがして本当に良い大会でしたね。

そんな怒涛の中、世は皮膚科に行って、足裏のイボを取る手術を。

魚の目と違って小さいものがいくつも出来ていて、歩くと痛い。

ウィルス性のもので、放っておくとどんどん増えるとのことで、マイナス何十度もの液体窒素で焼くという治療法。

これも一応手術の範囲らしく、承諾書にサインをする。

いや~な予感・・・。絶対痛いはず・・・。でも言わない。その瞬間まで言わない。

うつぶせになった世の手をさする。

先生がモワモワと煙の出る大きな綿棒みたいなもので患部をちょんちょん、とやっている。

あぁ・・・やっぱり。世、ひきつっている。

しかも、今回は時間が長い。以前の手の麻酔の何倍も掛かっている。

世、苦しそう・・・。でも、声も出さずに歯を喰いしばっている。

この子は強いなぁ・・・。おかあは感動したよ。

先生達もびっくりしていた。

低温火傷の状態なので、終わった後もすごい痛みらしく、駐車場までおんぶして帰る。

病院のドアを開けて外に出た途端、わんわんと泣き出す。

そうだ、そうだ、泣いてイイ。泣きなさい、泣きなさい。よくがんばった。

しかも恐ろしいことに、あと数回同じことをやらなければならない。

帰りにスーパーに寄って、お菓子を何でも好きなの買ってイイよ、と。御褒美ね。

何でも、っていう言葉にロマンを感じたのか、10分以上悩んでましたが(笑)

そして、大好きなスイカも買ってあげた。

007_2  世は、スイカが大、大、大好物であります。

今年最初に食べたときは、とにかく大興奮。

カブトムシ並みに、赤い部分は全て食べつくし、私の残りまでたいらげ、「あ~まだいくらでも食べられるよ」だって。

どんだけ好きなんだ。

そして、皮を高く上に掲げて、「この黒と緑の縞々が最高なんだよね~」

「あまりに好きすぎて、オレ絵が描きたくなった」

010_2 ノートに、ガシガシと勢い良くスイカの絵を描き始めました。

お~、ガンバレ~。

白いノートににその熱き想いをぶつけて下さい。

「出来たart

絵に描いたスイカですら愛しそう。

そんなに好きだなんて知らなかったです。

で、外側だけでは物足りず、お隣にもう一つ。

014_2 そとがわ、と、なかがわ。

スイカ、スイカ、スイカが大好き。

僕はこの夏スイカに恋をして、足の治療を頑張るんだheart

2010年7月 7日 (水)

ひこうき草で七夕

002_5 七夕なのに、あいにくの雨。

世に織姫と彦星の話を聞かせた。一年に一度しか会えない、という所を強調して。

今年はお花屋さんでは売り切れのため笹が手に入らず、うちにあった植木鉢に短冊を飾りました。

世、4枚。私、3枚。

世の4つの願いのうち、3つはすぐに変わりそうな予感・・・。

004_10

で、残りの一つは、ちっちゃい頃から言ってるから、きっと変わらぬ願いなのかな・・・と。

”ひーろになりたい。 せい”

世ちゃん、おしい!後一本でヒーローに及ばずっ!

ヒーローになるようガンバロー。

ちなみにこの植木、ひこうき草と言います。

お花屋さんで見つけて可愛いと思って買ったのですが、レジでお店のお兄さんが、「蛾みたい・・・って言う方が多くて、結構不評なんですよね・・・」って。

え・・・買った後にそんなん言われても。

本当に蛾みたいに見えてきたし・・・。

でもね、二等辺三角形の葉に赤いラインが可愛いんですよ。

蛾じゃない。蛾じゃない。飛行機、飛行機。

織姫さん、彦星さん、現代には飛行機というハイテクなものがございます。

どうぞコレにお乗りになって、天の川を越えて会いに行って下さいな。

2010年7月 6日 (火)

Lady Black

026_2 2足続けて、黒のフラワーサンダルが完成しました。

黒はやはり艶のある印象です。

こちらは、黒×サンドベージュ。

そして、御本人の提案でステッチは紫です。

玉虫色のビーズに合わせて紫のステッチにすることで、全体のイメージがより女性らしくなってます。

なるほど!という感じです。

始めは「黒いお花なんて暗いでしょうか・・・?」と話していましたが、御本人がとても落ち着いた女性らしい方だったので、絶対似合うだろうな、と思いました。

027_3_2

今までの中で、一番オトナなイメージですね。

こちらは、これから行くイタリア旅行でミラノなどに同行予定だそうです。

嬉しいなあ・・・イタリア上陸boutique

靴の本場、イタリアでも頑張るんだぞっ、Waldweg。

031_2そして、こちらはガラリと印象が変わりまして、

黒×イエローです。

ステッチは山吹色。

この黒×イエローというのは、本当に”福”を連想させますね。

「いつも黒い服を着るから、サンダルも黒、なんだけど、どこか明るくしたい」というリクエストです。

023_2 本当にゴージャスな感じになりました。

こちらはですね、名古屋の方なんですが、キャビンアテンダントのお仕事の為、主にホノルル、バンコクなどにも上陸予定です。

確かに熱い国に似合う感じですね。

ん~、いい具合に海外に向かってます(笑)

靴はやはり旅のお供に選ばれてこそ、です。

履きやすくてお気に入り、その大切なポイントを抑えないと。

皆さんの旅が、快適で、思い出深い、素敵な出会いに満たされたものでありますようにshine

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »