« ルーシー・リー展 | トップページ | Lady Black »

2010年6月30日 (水)

紫陽花

いやぁ~、ワールドカップ。

ニッポン、頑張ってくれました!素敵でした!

みんな、カッコ良かったなぁ・・・。涙が出るほど。

最後のPK戦は、もう座っていられなくて、一応私も川島と一緒に両手広げてゴール守ったんですけどね。

人それぞれグッと来たポイントがあるんでしょうが、私の周りではディフェンスの素晴らしさから、川島、中澤、トゥリオを絶賛する声が多くあがっていました。

私はですね、PK4本目を冷静に入れた本田にノックアウトですよ。

その前から興奮マックスで緊張も相まって苦しかったんですけど、やはり本田のあの瞬間血が沸騰しましたよ。ブワッって。

とにもかくにも、全員最高!「We are all ONE!」って感じで。

もう4年後が既に楽しみ。

皆さんきっとすんごく大きくなって帰ってくる気がします。

サッカー観戦新たな趣味にしよ~っと。

024_2 話は変わりまして、先日ケンタ君親子と鎌倉の成就院で紫陽花を見てきました。

少し終わりかけだったけど、キレイでしたよ。

004_9紫陽花は、やっぱり紫が一番好き。

それも、すごく濃い紫が。

すぐ近所にとてもキレイに咲いている家があって、それを見るだけで充分癒されるんですけどね。

成就院は、そんなに派手にたくさんあるというわけでは無いのですが、由比ガ浜の海とのこの眺めが人気みたいです。

009_5 行ったのは夕方でしたが、やはりかなりの人で、落ち着かないと言えば落ち着かないんですが、結局お子ら坂道全速力でしたからね。

鑑賞も何もありませんよ。

025_2この赤い紫陽花、可愛かったな。

通り過ぎてしまいそうなほど、ほんのちょっぴり、ひっそりと間に挟まれて咲いてたんですけど、うん、良かったです。

他には、ピンクとか八重とか、ぷくぷくしたのとか。

011_5 012_9

来年はどこのお寺にしようかな。

時間が無くて行けなかった長谷寺にしようかな。

朝一番の空いている時間にしよう。

さてさて休憩、ということで向かった行きたかったカフェは水道工事でお休みで、次に向かった第二候補のカフェも、このモンスター二人連れなため遠回しに断られ、ぷらぷら歩いてたまたま見つけた広くて明るいカフェに腰を下ろす。

034_2_3 ふ~、やっとこさ。

飲み物すらおとなしく待てない二人は、とうとう”こびと”に変身。

「ハイホ~notesハイホ~notes

そのうちケンタ君は猪木になっちゃった。

035_3_3 「あんだコノヤロー」

世「高木ブーと申します」

まぁそんな感じ。

喉が渇いて疲れたこびとは、クリームソーダとコーラフロートを飲んで、近くの駄菓子屋にも寄って、御満悦で家に帰りましたとさ。 おしまい。

« ルーシー・リー展 | トップページ | Lady Black »

育児」カテゴリの記事

コメント

サッカー、楽しみましたー!
いやー、最後は泣けましたね。

最近、ベルマーレのスタッフが駅前で
チラシを配っているので、
一度、観に行ってみるか?とか思ったりーーー。

ponkichiさん

ホント、感動しましたね~。
立ち上がったり、声出したり、何か一緒に戦った気分でしたよ。
ベルマーレ、良いですね~。
世も一緒に是非、是非soccer

こんばんわ~

さっき息子の所から帰ってきたばかりです。
7月1日に院試面接があって、背広を着なくては
いけないのに着れないものだから、掃除がてら
手伝いに行ってきました(疲れたあ~)

ワールドカップ、私も睡眠不足を覚悟でずっと
見ていましたよ!

DFの中沢&闘莉王は本当に素晴らしかったですね♪
彼らのお陰で点を与えなかったものね。

サッカー、普段はあまり興味が無い私ですが
遠藤選手のファンになっちゃいました(=^^=)

眠そうな目で頑張って走っているのがとっても
素適でした(笑)

4年後が楽しみですね~

世ちゃん、鎌倉なんて風流ね!
明月院の近くに猫作家の友人が住んでいます。

ではベルマーレ、ぜひぜひーーー♪

未未子さん

お兄ちゃんのお掃除、お疲れ様でした~。
遠藤選手も活躍してましたよね。
ドアップを何度も観た気がします。

明月院も行ってみたいのですが、あじさい寺と呼ばれるだけあって、一番混むような気が・・・。
お近くに住まわれているなんて羨ましいですね。


pyonkichiさん

はい、一度是非~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541202/48762489

この記事へのトラックバック一覧です: 紫陽花:

« ルーシー・リー展 | トップページ | Lady Black »