« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月15日 (木)

春の空

寒い・・・。4月なのに、冬みたいに寒い・・・。

卒園、春休み、入学と子供のイベント続きでしたが、夜を仕事タイムにして地道に作業を続けました。

013_2 1歳3ヶ月になった男の子のベビーシューズ出来ました。

水色×黄色。

チャーミングなママさんが、思いっきり春らしく明るくしたい、と。

春の空とタンポポみたいですね。

今はつかまり歩きがとても上手だと聞きました。

さてさて僕ちん、あと一歩、もうちょっと前へ踏み出してごらん。

その手を離して、空へ飛び立つような気持ちで。

あなただけの、特別なこの靴で、これからたくさんお散歩しよう。

怖いことなんて、何も無いよ。

転んでも、その痛みは春のお空に飛んで行くよchick

2010年4月11日 (日)

今年の桜

011_5 今年の桜は長かったですね。

花冷えが多かったから。

先日、ギリギリセーフで満開の桜をお友達と見てきました。

私のお気に入りの穴場スポット。

去年、たまたま通りかかって見つけたところ。

平塚の渋田川沿い。

すんごい、すんごい、すんごいキレイ。

ホントだよ。

行ったらびっくりするよ。

あまり知られていないのか、こんなに良いお天気でも人はそんなに多くないです。

006_7

008_7

場所取りなんて無縁の話でございます。

川沿いにずーっと続くその桜は、あまり主張し過ぎず、寄り添うように咲いています。

フワフワと透き通る桜。

子供達は、桜の木の下をどこまでも歩きながら、葉っぱのお船を浮かべたり、花びらを袋に拾い集めたり。

015_6_2 土手を滑り降りては何かケラケラ笑ってます。

あんなにお腹空いた、って騒いでたのに、着いたら食べるのも忘れて夢中で遊んでました。

本当におススメの場所なので、お近くの方は来年は是非行ってみて下さい。

のんびり見られる、というのが最大のポイントです。

2010年4月 7日 (水)

1年1組でスタート

078 6日の火曜日、茅ヶ崎小学校の入学式。

創立明治25年、今年で119年目の歴史ある小学校。

あのサザンの桑田さんの母校です。

ポカポカ陽気のこの日、世はめでたくピカピカの1年生になりました。

005_6 っていうか・・・6年生?

このふてぶてしさ。

ポケットに手を突っ込み、遠くを見つめる1年生?

実は朝から緊張してガチガチで、「世くん、おはよ~。カッコいいね~」と声を掛けてくれるお母さん達の前を、何も聞こえないかの様に素通り。

気持ちは式の会場、体育館へまっしぐらで、そこしか見えていない様子(笑)

誰との挨拶も、会話も、心ここにあらず。

さてさて、クラス替えの表をもらって・・・あったあった!

1年1組。

私と同じだ(笑)

担任の先生は、大ベテランの男の先生。私は大ベテランの女の先生だった。

そんなとこまで何となく似てる・・・。

やはり親子で、大御所の先生にビシッと見て貰ったほうが良いという運命のよう。

世、この道は険しいぞ。

勉強がとてもしたくて、とにかく幼稚園の3年間も早く小学校に行きたいと言い続け、さて念願かなった今、現実はいかなるものか。

034 でも、入学式で歌を歌ってくれた6年生はカッコ良かったね。あんな風にいつかなるんだね。

世、たくさん学んで、たくさん遊んで、たくさん転んで、たくさん笑って、泣いて、悔しがって、喜んで、うつつを抜かして、反省して、そして振り返っては自身の来た道をその都度誇りに思うんだ。

世、向かって行こうね。辿り着くべきどこかへ。

小学生は、その為の大きな大きな第一歩。

おとうに”もう中学生”に似てるな、と言われたから、「もう小学生でデビューすれば」と冗談で言ったら、「おかあはオレの人生を勝手に決めないでよ!」と怒られた。

そうだよ、世ちゃん。おかあはあなたの人生をとやかく言うつもりはさらさらありやせん。

ただ一つだけ。

先生の話、学校の授業を良く聞く事。

知ってることでもバカにしないで、何度でもまっすぐ聞く事。

全部一度は吸収すること。その後は自由だけど。

すべて自分の中に入った、オレはオレで判断できる、そういう確信を持ったなら、どんな道でも好きに進んで。くねくねでも何でもイイから。

ガンバレ、もう小学生!

2010年4月 4日 (日)

卒園&入学祝い旅行in熱海

仲直りしたため、予定していた熱海旅行も無事行くことが出来ました。

009_4 久しぶりの熱海。

和風南国な不思議な所。

茅ヶ崎からだと海岸沿いをブ~ンと飛ばして1時間で到着です。

お天気も良かったので、特に父が海を見ながら饒舌になってました。熱海の思い出を語る語る。それに比べて何も覚えていない母。

001_5 熱海のレトロさが、とても好きです。

海沿いの喫茶店ではおじいちゃんが二人歓談中。

021_2 かわいい・・・。

いいなあ。歳とっても続く茶飲み友達って。

泊まった022_2ホテルのすぐ側の老舗の和菓子屋さん”ときわぎ ”は2日間ともお休みで残念でした。

以前に買ったきびもちがすごく美味しかったんだよな、確か。

餅好きの私としては、どうしても買っておきたかったのに。

こちらの建物、昭和初期に京都の宮大工さんによって建てられたものだそうです。

いや~、長持ち最高。

職人さんの技術、ってホントカッコいいなと思います。

時が経つとその素晴らしさが更に際立つ。

その中で和菓子を作る職人さんもまたすごかったりして、素敵なコラボですね。

015_6 チェックイン前に着いたので、寒かったけどお日様に誘われて海岸へ。

熱海ビーチね。ビーチ。

母がお約束の”貫一&お宮”を見たいということで、ぷらぷらお散歩。

お宮の松がいい斜め具合です。020_5_2

尾崎紅葉の金色夜叉ってきちんと読んだこと無いんですが、タカシ&ハルコは何やら熱く語っておりました。

好きらしいです。

現代の恋愛には無い感じなんですね・・・多分。

泊まった”ニューフジヤホテル”は、露天風呂が3種類、地下に大浴場、無料貸切露天風呂が5つあります。

料金は何と、一年間一律9800円だから驚き。

お正月もお盆休みもだよ~。

食事は夕食、朝食ともにバイキングで飲み放題です。

子供からおじいちゃんおばあちゃんまで好きなものを食べられるからバイキングにしたのですが、味は普通に美味しいです。

びっくりするような物はありませんが、中央で板前さんがマグロの解体ショーをやってくれて、「大トロは少ないからジャンケンで~す」とマイクでアナウンス。

ジャンケンしてまで・・・と思ったのですが、タカシ&ハルコが食べたいと言うので、世と列に並びました。

すると板さん、粋なお方。

「ん~お客さんは何出すかな~。ん~グーかな~。グーっぽいな~」

「はい、最初はグー、ジャンケンポイ!scissors

板さん、しっかりチョキを出してくれます。

これを全員にやってました。何十回も・・・。いや、百回以上だな。

で、アレコレ色々食べたんですけど、コレって言うものが無くて、結局一番美味しかったのは”富士宮焼きそば”という太い焼きそばですね。

これも板さんが鉄板前で作りながら、「いわゆるB級グルメ、ってやつですね」って取りに来る人に毎回言ってました(笑)。

いや、板さん本当にすごい美味しかったです!

食後は無料のカラオケ!と思ったんですけど、ホテル内にある5ヶ所のカラオケルームはいつも一杯。

何回見にいっても空かない。

おじさま、おばさまがすごい楽しそうに集っているわけです。夜はこれから~karaoke

ちなみに、社交ダンスホールが二つ、囲碁ルームもありました。

おじさまおばさま天国ですね。

カラオケ大好きな世は、B’zのイチブトゼンブをどうしても歌いたくて諦められない(山ぴー目指してます)。

あちこちのお風呂に何度も入って時間を潰す。でも、空かない。

朝8時半からも使えるから、朝来よう、と説得して寝ました。

翌朝、ご飯の後ようやく歌って、12時ちょっと前にチェックアウト。

028_2熱海の有料道路の途中にある、こちらのみかんジュース屋さんで激うまみかんジュースを堪能。

034_2_2 通ったことがある方は絶対知ってると思うのですが、一際目を引くアメリカンな建物です。

二階に上がると、とっても狭いのですが、海を見ながらのんびりジュース飲めます。

本当にすごい美味しいのですが、みんな喉が渇いていたから一気飲み。

ひとつだけ気になったのは、店先に雑誌が開いて飾ってあって、それが嵐のインタビュー。

なに!嵐はこのお店に来たの?と思って、ジュースが出来上がるのを待ちながらサッと目を通したのですが、ここのお店とは全く関係ない内容。

ど、どういうことだったんだろう・・・一体。

なぜ、店頭のあんなに目立つところにあれを飾っていたんだろう・・・。

普通、雑誌に載りました~、的に置くはずなのに。

あ、もしかして、風でページがめくれてたのかも!

ただの嵐ファン、ってことでは無いはず。

なんだ。一言話しかければ良かった。

 

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »