« ももの四十九日 | トップページ | はじめての靴 »

2010年2月24日 (水)

大草原の小さな家

Photo_2子供の頃に大好きだった番組。

このオープニングシーンを観ると、懐かしくて泣きそうになります。

本も大好きで、少女の頃、全シリーズ何度も読みました。

元々母が大好きで観ていて、一緒にその世界に浸りました。

私の中にうっすらと残っている記憶では、それを観ていたのは土曜の昼下がりでした。

テレビの横の窓のカーテンが風でフワッと揺れた光景が今も浮かびます。

あまり裕福ではない少女時代で、両親はしょっちゅうケンカばかりしていましたが、私は”家族”というものが大好きでした。

大草原の小さな家は、単なる”理想”だ、という意見もあって然りでしょう。

でも少女の頃、私の中で自分の現実と大草原の小さな家は確実に重なっていたし、何かこう上手く言えないんですけど、ホンワカ幸せでした。

父さんが灰皿を投げて、食器棚のガラスが割れて、母さんは全く怯まず怒鳴り返し、私と弟がワンワン泣いて・・・なんて悲惨な光景もはっきり覚えていますが(笑)、翌朝早起きして掃除機を掛けていたのは父さんで、やれやれ・・・と思いながらも、子供の頃の私にはあまり悲観的な所は無く、いつも色んな空想と旅に出て、夢見がちな少女でした。

友達と野原でピンクレディーを踊り、カセットテープに聖子ちゃんの歌を吹き込み、アパートの前の金木犀林でかくれんぼをする、楽しい昭和の子。

大草原の小さな家は、私にとっての理想とか憧れだから大好きだった訳ではなく、私は自分の両親の中にも、チャールズとキャロラインを感じていたのかも知れません。

何故なら、私の父さん母さんには嘘がありませんでした。

本気でぶつかって、憎んだり、求めすぎたりしながら、でも結局愛し合ってるんだな・・・というのが子供心に分かっていたような気がします。

だから、私はやはり自分が築く家庭にも、嘘が無いのがイイナ、と思ってます。

言わない事とか、距離とか、そんなんは適当にあって良いと思うのですが、根底で裏切って無いというか、信頼というものが積み重なって深くなったら、と。

父さんはチャールズにはどっこも似てないし(笑)、母さんもキャロラインには更に似てませんが(大笑)、温かいものは教えてもらったな、と感謝しております。

014 009_2

と言うわけで、世チャールズと世キャロラインをheart これは3歳くらいの時。

大草原の小さな家は、私の現実、ってことで(笑)

本日、世の幼稚園で”ありがとうの会”という謝恩会のような催しがありました。

子供達の成長、ずっと見守って下さった先生や職員の方々、そして家族、どれもみんな素敵だな・・・としみじみ。

会場が”愛一色”になっておりました。

世は「いつまでもともだち」という劇で、やきもちを妬いてお友達に意地悪をするサル軍団の役。

腕をフリフリ、腰をフリフリ、上手く踊ってました。

あの踊りがすごい可笑しくて、家に帰って来てからも何回か踊ってもらった。

舞台に居る我が子って、ハラハラドキドキするけど、もう観てるしかないし、何も言えないし、でもその頑張りが胸にグッと来て、存在を大きく感じたりする。

親子って、こんな距離感が大事かもな。

« ももの四十九日 | トップページ | はじめての靴 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私も「大草原…」や「赤毛のアン」はよく見ましたね〜。
何が好きだったのかな?
思い出せないけど。

それにしても「ありがとうの会」の世くんの腰振りは逸品だったね!

ゆうさん

ローラとアンは、女の子にとっては一度は通る道なのかしらねぇ。
三つ編みにコットンのワンピース、そしてブーツ。
おやつにはパイとかクッキーとか、焼いちゃう感じcake

みこっちゃん、マリア様を思い出させる歌いっぷりだったよね~。
声がしっかり出てて、やっぱ女優向きだわ・・・と関心。

私も大草原の小さな家、本当に好きだった。
毎週見てたよ。ローラが先生になってからも。
あのログハウス風の家、憧れだったよね。屋根裏とか。
今はりながローラの本を読んでるよ。
それにしても「ありがとうの会」本当にありがとうでいっぱいだったね。
子供たちの一生懸命とかわいさと。そしてみんなでココロを合わせることの感動と。
素敵な出会いに感謝した一日でした。

「大草原の小さな家」は私も結構見ていました。

家庭は、夫婦は、親子関係はこうありたいという理想がいっぱい詰まったドラマでしたね。

凄まじい発展を遂げた現代アメリカ社会の抱えた問題が鬱積していた頃に、丁度あのドラマが始まり、大ヒットしたのも頷けます。

この本を書いたローラ・インガルスは、メリッサ・ギルバートが演じていた次女です。

彼女自身、離婚を経てシングルマザーになり
物質的には苦労していたかもしれないけれど
精神的には満たされていた子供時代を回顧したかったのかもしれません。

世ちゃんの「お尻フリフリ踊り」見てみたかったです(笑)

あと少しで卒園ですね♪

世ちゃん、おめでとう!
良子さんも良く頑張ったと思います(*^^*)

chiezoさん

chiezoさん、間違いなく通ってるよね、大草原の小さな家(笑)
雰囲気で分かるもんね。
そっか、今はりなちゃんか・・・。
語り継がれるべき物語だわね。

ありがとうの会、ホント良かったね。
さなちんの演奏もガン見したよeye
頑張ってたね~。

未未子さん

アメリカ国民だけでなく、世界中でヒットし、本も読まれたということは、人々が求める大切なものがあの物語にはあったんですね・・・。
そういう意味では、お国柄とか関係なく、やはり世界は一つですねgemini

本当にあっという間に卒園、入学です。
送り迎えが無くなるのは大きいですよね。
自分の足で小学校に通うなんて不思議な感じです。

懐かしい!私も子供のころ大好きでずっと観てました。私は土曜日の夕方、団地の部屋でのイメージ笑。

ローラが顔を洗ったと言うと「耳の後ろもちゃんと洗ったかい」と聞かれます。「へえ、耳の後ろって洗うんだぁ」と、それ以来、耳を洗うたびに必ずローラを思い出します。今でも笑。

せいちゃんの腰振り、見てみたいです。春休み、また工房にも遊びにきて欲しいなー。

yoshiさん

言ってた!言ってましたよ、耳の後ろ!
私もそのセリフ、はっきり覚えてます。
うちは、お風呂上りは塗らしたタオルで耳の中と後ろを拭くのが儀式だったものですから、”そうそう、耳の後ろね・・・”と思ってました(笑)
団地と大草原の小さな家、繋がりますよね~。

世に工房に来て欲しいと思ってくれるなんて・・・。
ありがたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541202/47656300

この記事へのトラックバック一覧です: 大草原の小さな家:

« ももの四十九日 | トップページ | はじめての靴 »