« 静と動 | トップページ | 肩を並べて »

2010年2月14日 (日)

いつも心に太陽を

005_5_2 今年のバレンタインのテーマは”太陽”

やっぱり手作りにしよう、と思って朝早起きしてバナナココナッツパウンドケーキを焼く。

がしかし、微妙に失敗。

型から上手く取れず、何か薄い台形に・・・。

そもそも、薄力粉が無くて強力粉を代用し、レシピも2冊の本を上手い事ミックスしたオリジナル。

お菓子作りは材料や分量をきちんとしないといけないのに、パティシエの皆さんに裏に呼び出されそうないい加減さ・・・。

さて、この異様に重たいパウンドケーキをいかにバレンタインらしくアレンジするか。

よし、薄切りにして、顔描いちゃおう。

でもって、ポッキー挿して、太陽光線。

メッセージは”世さん”と太陽の”Sun”を掛けたナイスダジャレ。

007_5_2 最初は面白がって食べてくれましたが、ポッキーを完食し、パウンドケーキに差し掛かった辺りからペースダウンし、顔の角を食べた段階で「また明日にする・・・」だって。

そうだよね・・・。

どう味わってもパン並みの重さだよね。

食後にはキツイよね。ホントすみません。

でもその後、ケンタ君ママが作ってくれたフレーク入りのハートチョコの方が気に入ったらしく、バリバリ食べてました。

え?ちょっと待って。パウンドケーキが不味かった、ってこと・・・?

重さじゃなくて、味の関係?

”いつも心に太陽をsun

偶然にも、世にも自分自身にもそんなメッセージになったバレンタインデーなり。

« 静と動 | トップページ | 肩を並べて »

育児」カテゴリの記事

コメント

これ、すっごーいかわいいよsign03
顔もデザインもsign01

早起きが苦手なのに(笑)愛情を感じた。
映画「ギルバート・グレイプ」の挿入歌で涙ぐんだことを思い出しちゃった。
「You Are My Sunshine My only sunshine.
You make me happy When skies are grey.
You'll never know, dear, How much I love you.
Please don't take my sunshine away 」

みんみんさん

えっ!かわいい?
それはそれは・・・。
失敗作だからお恥ずかしい。
やっぱ早起きはダメだったかなchick

ギルバートグレイプって、ジョニーデップとディカプリオのだったっけ?
良い映画だよね。
あのディカプリオ、天才だよね。
そっか、この曲がそんなに印象的だったんだ。
優しい歌詞だね。

すっごいかわいいじゃなーい!!
お菓子の本に載れちゃうよお!

「子供のおやつに丁度いい、食事ケーキ」

でも素敵です、反省します。
私はかわいい息子に何も用意しませんでした…

↑ゆうさん、私なんて自分で用意せずに、幼稚園で誰からももらえなかったKAZUのために、内緒で私の母に電話して急きょ、届けてもらったよ。
「ひいおばあちゃんからのぶんも、あえて別の箱で用意してね!」なんてお願いして。
今からこんなに気を使っちゃって、どうなっちゃうの、って感じ。

Ryokoさん、映画は、重度の障害がある息子(ディカプリオ)に、それでも「You are my sunshine」ってお母さんが歌うんだよ。
名演技だったよね。

ゆうさん

大変。本に載るとかスゴイこと言ってくれてる・・・。
いやいや、ホントに失敗作を思いつきでアレンジしただけ。
もう二度とは作れないし作りたくない。
おチビ君はね、まだまだバレンタインデーなんて意識しなくてイイもんね。
うちもさ、かなり私の押し付けだから。
本人はどーでもイイみたい。

みんみんさん

映画、思い出してきた。
お母さんの歌う場面は覚えてないんだけど・・・。

KAZU君、チョコもらえないと落ち込んだりする?
うちは全く分かってないんだけどさ、私が勝手にイベントということで盛り上がってるよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541202/47570205

この記事へのトラックバック一覧です: いつも心に太陽を:

« 静と動 | トップページ | 肩を並べて »