« 陽だまりももさん | トップページ | Christmas tree »

2009年12月 5日 (土)

ドイツのクリスマスマーケット

Image8_2 この時期になると、無性に恋しくなるドイツ。

特に、クリスマスマーケットが懐かしく思い出されます。

住んでいるドイツの人達にとっては、売っているものはきっともう何十年も同じものばかりで、浅草の出店のちょうちんや土産物に私達が見向きもしないのと一緒なのかも知れませんが、でもあの雰囲気は、やっぱり大人も子供も浮き足立って、楽しいイベントです。

住んでいた地元の小さなマーケットから、ヌーンベルグやフランクフルトの大きなマーケットまで、いくつか行きました。

それぞれに売られているものが微妙に違ったりしますが、雰囲気はどこも寒いけど、光溢れてほのぼのとしています。

Image7_2 大好きだったのは、やっぱりホットワイン。ドイツ語では”グリューワイン”と言います。

砂糖や香辛料を加えて温めた赤ワイン。お店によって独自のレシピがあるのでしょうが、私はお酒の味が良く分からないので、どこも美味しく感じました。

とにかく極寒の中、鼻も真っ赤で、息も真っ白で、手もかじかんでて、スタンドでこの熱いカップを包み込むようにもって、まずは一口・・・。

ス~って。

ぶはっ!その湯気にむせる。でもって、あぢぃ!

でも、だんだん慣れてくると、美味しい。

その年、その年、マーケットごとに陶のカップのデザインが違ったりして、そのカップは記念に持って帰ることも出来るし、お店に返すと少しだけ返金してくれたりします。ドイツは、普段のジュースやお水も、瓶やペットボトルを飲み終わって持っていくと、お金が戻って来るというシステムがあります。

いやはや、ナイスシステムです。リサイクル、エコの意識が自然と高まりました。

さて、いくつか出店を御紹介。

Image2_2 こちらは、かわいいキャンディー屋さん。カラフルな飴、飴、飴。

全部美味しいかと言うと、まぁ中には微妙なものも。

でも、並んでいる缶もかわいかったりして、かなり目で楽しめます。

Image4_2 お次は、ずら~り並んだ蜜蝋のキャンドル屋さん。

色んな太さや長さ、形があって、前に立つと、ふんわり蜜の香りがします。

すごくキレイです。Image5

写真では分かりづらいのですが、これは何屋さんだと思いますか?

何と、ソーセージ屋さんです。

燻製にした、サラミみたいな感じで、ラッピングも赤と白で、何ともオシャレ。買って食べた事は無いのですが。

Image3 これは、チョコレート屋さん。

オレンジピールにダークチョコをかけた物とか、トリュフみたいなのが色々。マジパンとかもぶら下がってます。

イイよね~。楽しいよね~。クリスマスマーケット。行きたくなるよねぇ。

Image6 そして、最後に私が大好きだった、ダルムシュタッドのクリスマスマーケットの回転木馬じゃなくて回転ブタ。お気に入りは、手前のピンクの方。

何かブサイクでへんてこりん。そこが、かわいい。

この子、まだ居るかな・・・?ダルムシュタッドの皆さん、居たら教えてください~。

ブタって、かわいいなぁ・・・。置物とかあると、買っちゃうんだよな。

どの季節にも、それぞれに魅力のあるドイツですが、私はやっぱり極寒でもこのアドベントのシーズンが大好きでした。

早く世を連れて行ってあげたいです。

« 陽だまりももさん | トップページ | Christmas tree »

お気に入りのお店」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ~

クリスマスシーズンのドイツって本当に素適らしいですね♪

今、日本の女性がクリスマスシーズンにドイツへ行くのが流行っているらしいです。

私も是非行ってみたいわ~
錆付いたドイツ語、少し勉強しないとね・・

明日から、真夏のオーストラリアへ行って来ます。
コアラをいっぱい抱っこしてきますよ(=^^=)

未未子さん

オーストラリア!良いですね~。
気をつけて行って来て下さいね。
真夏のクリスマスって、一度体験してみたいです。
どんな雰囲気だったか是非写真を見せてください。

未未子さん、ドイツ語話せるんですね!
いつか是非、クリスマスマーケットご一緒しましょ~bell

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541202/46934172

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツのクリスマスマーケット:

« 陽だまりももさん | トップページ | Christmas tree »