« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月26日 (土)

我が家のクリスマス

クリスマスイブ、世はお友達の家でクリスマスパーティー。

ケーキのデコレーションをやらせてもらったり、プレゼント交換など、毎年恒例の楽しいメンバー。

2歳の頃からこの仲間でクリスマスパーティーをやっているので、今年で4年目。

おかあは仕事のため、今年はパーティーは参加出来ず。

みんなの様子が見れなくて残念・・・。

夜は、疲れてお料理する気力が無かったのですが、せっかくのイブ。

001_2 世とふたり、ちょっとはクリスマス気分を出したいよね~ってことで、サクッと洋風。

キャベツとチキンのパスタ。大根のソテー。サラダ。質素・・・。

ケーキはもうお友達の家で食べたから、デザートは念願の・・・。

006_4

プッチンプリン、イチゴ味!新発売!ヨロシクね!

005_4 食べたかったんだよね~、これ。

コンビニ行っちゃったよね、世ちゃん。

お味は、予想通り!うまっ!

この外見から予想できる味、そのままです。

あ~お腹いっぱい、とその後ダラダラしてたけど、「あ~っ!」

「今夜はサンタさんが来るんじゃ~ん!」

「部屋が汚なかったり、寝てないとサンタさんプレゼント置いてかないで帰っちゃうよ」

私の脅しに慌てて部屋を片付けて、お風呂へすっ飛んでいく世。

ツリーの下に、サンタさん用のお菓子(今年はぷよぷよイチゴ餅)とお茶も忘れずにセット。

即効ベットに入ったものの、興奮して眠れず・・・。

何度も脅す母。「寝ないとぉ~、寝ないとぉ~サンタさんはぁ~」

「寝るよぉ~。寝るから静かにしてよ~」

というわけで、無事に迎えたクリスマスの朝は・・・

008_3Open the present!

寝ぐせなんてなんのその、飛びついて開けたプレゼントの中身は・・・。

???何?これ・・・。

015_4 ”フォーローゲーム”です。

木製のゲーム版。

二色の木の玉を交互に列に入れて、縦、横、斜めのいずれかに4個先に並べた方が勝ち、という二人で遊ぶゲームです。

予想通り、食い付きが悪いです。

でもクリスマスは毎年、私が勝手に、か~な~り勝手にプレゼントを決めます。

世が、今自分の感情で欲しいと思っているものでは無く、私の目線で、きっとこの子はこれにはまるだろう、と言うものを必死に選びます。

楽しいと言うよりは、自分の千里眼を問われるような真剣勝負ですが、普段は彼の自主性を重んじる一方で、私だってあなたを良く知っているのさ・・・とまだまだ思っているので。

このゲームに関しては、もう少し先にまた取り上げたいと思います。

だって絶対面白いから。

そしてもう一つ、アニメで一番好きだという”ドラゴンボール”のカードも。

こちらはおかあから、と言う事で。やはりちょっと”わ~い”という姿も見たかったので(弱気)

016_2ももはこちら~。

チーかまとチーズ蒸しパン。

チーズ好きだから、チーズ三昧。

もも、もう泣きませんっsweat02

2009年12月24日 (木)

ももの涙

004_4 いつものようにご飯をあげようと思って、抱きかかえて目やにを拭いてあげてたら、ももの目が涙でいっぱいになって、次から次へと溢れて・・・。

「ももが泣いてる・・・」世と二人してじっと見つめる。

拭いても拭いても溢れる涙。

005_3 ももが顔をくっつけてた私のパーカーに涙の染み。

初めて見たももの涙。

もも、泣かないで。

もも、どうしたの?

悲しいの?

嬉しいの?

ご飯、待たせ過ぎた?

何かあったの?

もものクリスマスプレゼントもちゃんと買ったよ。

明日の朝、ツリーの下に置いとくよ。

もも、大丈夫だから泣かないで。

2009年12月21日 (月)

Dance! Dance! Dance!

我が子に、リズム感やしなやかなバネがあるかは謎ですが、踊ることが好きなようではあります。

最近、夕方6時半からの”ピラメキーノ”をとっても楽しみに、殆ど毎日観ています。

はんにゃとフルーツポンチがメインです。

小、中学生に絶大なる支持を得ているこの番組。私達の世代の”夕やけニャンニャン”みたいなものです。

幼稚園生にはちょっと早いかなぁ・・・と思いつつも、面白いのでついつい私も一緒に観てしまいます。

008_2 オープニングのピラメキ体操。踊りまくりです。

notesピラッピラ、ピラッピラ、解決方法ピラめいた~shine

006_3notesピラッピラ、ピラッピラ、ピ・ラ・め・い・た~flair

テレテテ、テレテテ、テッテッテ~

つられて踊ってしまいます。

おかしなポーズだなぁ・・・、しかし。

家が散らかってるのも気になりますが。

細かいこと言えば、けっこう間違ってるんですけど(笑)、大きな目で見れば、良くぞここまでお兄ちゃんお姉ちゃん世代に着いて行けてるな、と。

でもって、最近私のマイケル好きにすっかり影響を受けた彼は、スリラーなんかも良く踊ってます。

「you tubeで見せてくれ~」と時々リクエストされます。

でも、you tubeのマイケルと言えば、この画像が何と言ってもおススメです!

http://www.youtube.com/watch?v=i7YejKcUyTU

伝説のステージ、だそうです。

ホントに、もうこのダンスは、何と言ったら良いのか。

あんまり素晴らしいので、ちょっと真似したくなって、モニターの前に立って、上着をシャッと振り払って、腰をクイッと前に出してみました。

痛っ!!!

カラダが、痛い・・・。

たった、それだけの動きなのに、む、難しい・・・。む、無理・・・。しかも様にならない。

マイケルって、すごいなぁ・・・。

踊っているときの鋭い眼差しと、踊り終わった後の優しい笑顔と謙虚なお辞儀。

このギャップが彼の人柄やプロ意識の高さを物語っていて、この画像を見る度に、世界は違ってもやはり私は自分の道を最大限に極めて行こうと思い直すのです。

”一生懸命、努力する”そんな当たり前の事を、いつもいつも心のどこかに留めて。

でもそれはきっと、どこか自然なものだから、いつも自分の感じ方に注意を払うようにはしています。

進んでいて、生きていて間違ってないな、と感じる道では、努力もきっと努力でなくて、それ自体はどこか楽しくて。

評価とか、周りから返ってくる声とか、そういうものに振り回されないで、どこまで自分の内面を掘り下げていけるかな・・・なんて葛藤することもありますが、ちょっとずつしか進めなくて時間がたくさん掛かっても、失敗が多くて無駄が出たとしても、ぐんぐん事を成せない自分が嫌になっても、それでもいつか辿り着くところがある筈だから、計画通り行かない事も受け入れて、でも何よりも自分自身に誠実に、正直に、私はこの道をゆっくり歩こうと思います。

何か言い訳っぽい・・・けど。

頑張ろう、と思わせてくれる人、音楽、映画、本。

どんな時も、完璧なタイミングでそれらに出逢います。

だから、いま世が観ているピラメキーノも侮れないな、と思って一緒に楽しんでます。

2009年12月16日 (水)

Christmas tree

006_2 今年は根付きの樅の木を購入しました。

ちょっと高かったけど、大事に育てて、これからは毎年活躍してもらおうかな、と思っています。

鉢植えは夏を越したり、管理が大変かも知れないけど、やはり地球に優しいのかも知れません。

近くのガーデニングショップで見つけて、最初に予約していた大きなのを取りに行ったら、その横にちょこんと立っていたこの子を発見。

小振りだけどバランスがとてもキレイ。迷って、迷って、育てようという気持ちで結局こちらに決定。

「何百本もある中から必死に選んできたんだから、うちのはきれいだよ~」と言っていたおじさんの言葉に納得。

明るいグリーンで、葉は柔らかくて優しい感じ。

我が家のオーナメントは、ドイツで買ったものを浮気もせずにず~っと使い続けています。

青、白、茶系。

毎年同じなのもな・・・なんて思って、赤、白系のツリーにも惹かれたりしますが、やっぱり愛着があって変えられない。

010_2_2 この青い星は一番のお気に入り。

陶器で出来ていて、中に天使が居ます。デパートの地下で、お兄さんが小さな机に並べて売っていたのに一目惚れして、青を全て買い占めました(と言っても5個くらい)。

011_2 こちらも大のお気に入り!

ドイツ人のお友達にプレゼントしてもらいました。

ガラスで出来ていて、長いしずくのような形。

木にぶら下がる氷柱をイメージしてあるそうです。

青、緑、クリアと3色あって、小さな箱にたくさん入っていました。

とても繊細なつくりなので、何本かはポキッと折れてしまってセロテープで補修してます(泣)。

その他は、伝統的な藁で出来た色々なモチーフのオーナメントやブラウン、ゴールドのカラーボールたち。

013_3 鉢の根元に挿した、このトナカイさん達も活躍してます。

”クリスマス”と書かれた大きなダンボールを開けるのは、この季節の最高のお楽しみ。

世の飾り付けも、だんだん板に付いて来て、年々飽きずに飾る数が増えています。

016 「まぁ・・・いいんじゃない」世の最終チェックに合格。ん?ガンバッたのあたしなんですけど。

022  「ふぁ~キレイ~」とおもも様も見上げてました(多分)。

ももは最近、ドックフードの量が減ってます。

でも、人間のご飯を御褒美にあげるとバクバク食べるので、まだまだ頑張れそうです。

2009年12月 5日 (土)

ドイツのクリスマスマーケット

Image8_2 この時期になると、無性に恋しくなるドイツ。

特に、クリスマスマーケットが懐かしく思い出されます。

住んでいるドイツの人達にとっては、売っているものはきっともう何十年も同じものばかりで、浅草の出店のちょうちんや土産物に私達が見向きもしないのと一緒なのかも知れませんが、でもあの雰囲気は、やっぱり大人も子供も浮き足立って、楽しいイベントです。

住んでいた地元の小さなマーケットから、ヌーンベルグやフランクフルトの大きなマーケットまで、いくつか行きました。

それぞれに売られているものが微妙に違ったりしますが、雰囲気はどこも寒いけど、光溢れてほのぼのとしています。

Image7_2 大好きだったのは、やっぱりホットワイン。ドイツ語では”グリューワイン”と言います。

砂糖や香辛料を加えて温めた赤ワイン。お店によって独自のレシピがあるのでしょうが、私はお酒の味が良く分からないので、どこも美味しく感じました。

とにかく極寒の中、鼻も真っ赤で、息も真っ白で、手もかじかんでて、スタンドでこの熱いカップを包み込むようにもって、まずは一口・・・。

ス~って。

ぶはっ!その湯気にむせる。でもって、あぢぃ!

でも、だんだん慣れてくると、美味しい。

その年、その年、マーケットごとに陶のカップのデザインが違ったりして、そのカップは記念に持って帰ることも出来るし、お店に返すと少しだけ返金してくれたりします。ドイツは、普段のジュースやお水も、瓶やペットボトルを飲み終わって持っていくと、お金が戻って来るというシステムがあります。

いやはや、ナイスシステムです。リサイクル、エコの意識が自然と高まりました。

さて、いくつか出店を御紹介。

Image2_2 こちらは、かわいいキャンディー屋さん。カラフルな飴、飴、飴。

全部美味しいかと言うと、まぁ中には微妙なものも。

でも、並んでいる缶もかわいかったりして、かなり目で楽しめます。

Image4_2 お次は、ずら~り並んだ蜜蝋のキャンドル屋さん。

色んな太さや長さ、形があって、前に立つと、ふんわり蜜の香りがします。

すごくキレイです。Image5

写真では分かりづらいのですが、これは何屋さんだと思いますか?

何と、ソーセージ屋さんです。

燻製にした、サラミみたいな感じで、ラッピングも赤と白で、何ともオシャレ。買って食べた事は無いのですが。

Image3 これは、チョコレート屋さん。

オレンジピールにダークチョコをかけた物とか、トリュフみたいなのが色々。マジパンとかもぶら下がってます。

イイよね~。楽しいよね~。クリスマスマーケット。行きたくなるよねぇ。

Image6 そして、最後に私が大好きだった、ダルムシュタッドのクリスマスマーケットの回転木馬じゃなくて回転ブタ。お気に入りは、手前のピンクの方。

何かブサイクでへんてこりん。そこが、かわいい。

この子、まだ居るかな・・・?ダルムシュタッドの皆さん、居たら教えてください~。

ブタって、かわいいなぁ・・・。置物とかあると、買っちゃうんだよな。

どの季節にも、それぞれに魅力のあるドイツですが、私はやっぱり極寒でもこのアドベントのシーズンが大好きでした。

早く世を連れて行ってあげたいです。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »