« 始まり、始まり~ | トップページ | 喫茶店のパフェ »

2009年6月 3日 (水)

老犬介護

明日じゃなくて明後日になってしまいました。

ももの話。

ももは、13歳の時に我が家にやってきました。

それまでは、お散歩に連れて行ってもらえない、ちょっとかわいそうな状態で飼われていたのですが、我が家に来てからは、毎日朝晩ハッスルして興奮気味に歩いておりました。

はじめは首が絞まるくらいグイグイ引っ張っていたのが、徐々にトボトボに変わり、半年前くらいから、完全にお散歩には行けなくなりました。

お庭で徘徊をするようになって、しかも足腰の自由が利かないので、木や子供のブランコの間に挟まり、夜中でも何でも、泣き叫び呼ばれるようになってしまったので、去年の暮れから家の中で飼って居ます。

トイレのしつけが出来ないので、完全にオムツです。

一日に5,6枚は替えるので、ペット用では不経済。

赤ちゃん用のものにしっぽ穴をはさみで開けて、意外と快適に使ってます。

しかし、もも様・・・家の中が快適と見えて、よく食べよく寝ます。

老犬で足腰立たないというのに、まったく悲愴感が漂わず、気持ちは至って元気元気。

最近では、座る体勢もキツイらしく、ハアハア言ってしまうのですが、それでも寝たきりは嫌なようで・・・。

起こせ、起こせとばたばたもがきます。

もがかれても、座れないじゃん・・・ねぇ。

老犬なので、長くは続けて寝られず、2,3時間おきに泣き声で起こされ、水飲ませて、寝返り打たせて、の毎日です。

新生児みたい(涙)。お母ちゃん、寝不足です。

日中もそんな感じで、わがままもも様に付き合って、仕事はかどらず(号泣)

息子が幼稚園に行っている貴重な時間も、ももとのやり取りで過ぎていきます。

あっという間にお迎えの時間だし・・・。

240 でも、かわいいから許す。いいよ、もも。甘えなさい。

思いっきり甘えて、愛されて、満たされた気持ちで逝って欲しいから。

ももとのこの時間は、私たち親子にとって意味あるよな~と思います。

人生の、必要な寄り道。

老犬介護。

« 始まり、始まり~ | トップページ | 喫茶店のパフェ »

ペット」カテゴリの記事

コメント

良子さん、ももちゃんへの愛情ストーリー、読んで泣きました。良子さんの生き方は本当にりんとしていて好きですが、そこにいろいろなものや出来事に対する良子さんの深~い愛情を感じ、ますます良子さんっって素敵っ!ブログ、楽しみに読ませてもらいます。ありがとう。

chiezoさん
コメントありがと~。
私もchiezoさんのキラキラした明るさに、いつも元気もらってますよ!
腕にまかれたヘンプに守られてます。
chiezoさんも、是非ブログを!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541202/45225492

この記事へのトラックバック一覧です: 老犬介護:

« 始まり、始まり~ | トップページ | 喫茶店のパフェ »