トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月29日 (月)

お気に入り

 最近の世がはまっているのは”cuboro”という、スイス製の木のおもちゃです。

5cmのキューブの積み木の中に様々な空洞があって、そこをビー玉が通ります。

組み合わせ方によって、色々なコースが作れて、かなり複雑です。

001 こうなって、こう行って、ここを通って・・・。

こんなにおもちゃと長時間向き合っている世は初めてです。

出来上がると必ず呼んで、コースを披露してくれます。

いやいや、感動です。

5歳の我が子が、こんなに複雑な組み合わせを考えるとは・・・。

 去年のクリスマスにサンタさんにもらった、イタリアのおもちゃ”ジオマグ”もヒット。

棒状のマグネットと、パチンコ玉のようなものと、プラスチックのパネルで、様々な立体を作り出します。

こちらも組み合わせ次第で、どんなものにもなります。005

創造性が広がる、広がる。

 木のおもちゃというと、ドイツを連想しますが、スイス製のものがデザイン的には素晴らしいもの004_2が多いな、と思います。

ネフ社のものは、おもちゃというよりは大人向けのオブジェ。

お値段もびっくり。

ドイツのものは、ドールハウス、キッチン、積み木、木馬、など、温か味のある感じです。

因みに002、世の木馬はハーレー(笑)。

大きくなっても自分の部屋にインテリアとして置いて欲しいな・・・と。

未だに乗ってぶんぶん前後に揺らしてます。最近なんて、立ち乗り。

 とは言え、こういうものは、現時点では完全に私の自己満足で、ヒーロー物のおもちゃや、マックの景品も彼にはまだまだ魅力的です。

両方必要。バランスですね。

どうしても欲しいんだあ~という欲求を、時々おじいちゃんおばあちゃんに登場してもらって満たしております。

001 反り返るももを撮るふりして、奥の世を盗撮。フッ。

おもちゃをあまりに片付けないもんだから、「捨てます」宣言をしたら、慌てて片付け始めたものの、「やっぱ片付けるのは~苦手・・・」という感じ。

ソファに頭をうなだれて、さぼってます。

暑いからズボン履かないし・・・。我が家の日常。

2009年6月15日 (月)

喫茶店のパフェ

先日、友達にいかした喫茶店で基本のパフェをご馳走になりました。

二宮駅からすぐの、その名も”山小屋”。

ガラスの扉を開けると、もちろんあの”カランコロン”という鈴の音。

あぁ~・・・喫茶店。

椅子の上には、もちろん薄い座布団でしょう。

友達がそこに連れて行ってくれた理由は、名物?の選べるパフェ!

①アイス ②フルーツ ③ソース ④トッピング

と、全て好きな組み合わせが出来ます。

世は、①マンゴー ②メロン ③ピーチ&マンゴー ④コーンフレーク

フルーティーな組み合わせ。

仲良しのケンタ君は、①チョコ ②バナナ ③チョコ ④コーンフレーク

チョコを愛する男バージョン。

待つ事しばらく・・・というか、かなり・・・。

パフェって、こんなに時間掛かるっけ?なんて内心思ってたら、

009来ました~。

一同、「おぉ~」と歓声が上がります。

パ、パフェ・・・。

マスター、時間が掛かるなんて思ってごみんなさい。

これは、芸術作品です。大きくて、美しくカットされたメロンが三切れも!

これで650円は安すぎます。

全体のバランスが絶妙です。ワクワクする程よい高さ。

ケンタ君のバナナのカッティングにもこだわりを感じます。

私が頼んだ普通のチョコレートパフェのりんごは、何と言うか、こう・・・

段々になって、はしごのようにシュッと(写真が無くてすみません)。

そうです、こういうのをパフェ、って呼ぶんです。

友達と、「こういうの久しく食べてないよね~」と感動しながら、ペロリと平らげました。

激うま、激癒しです(涙)。

店内には、昼間から新聞を広げビールを飲むおじさんや、ご近所と思われるおば様達・・・

古き良き、喫茶店でした。あったか。

”山小屋 喫茶店”

神奈川県中郡二宮町二宮222
0463-72-4941

その後、近くの吾妻山公園へ。

きつい坂道と階段を登って、辿り着いたそこは

010 景色のご馳走~。

このかわいい木と、海と、空のバランス~。

5時近くに行ったので、人も居なくて、のんびり。

でも、大きな滑り台が終わってしまって出来なかったので、今度はもっと早めに長く来たいです。

楽しい一日でした。 

2009年6月 3日 (水)

老犬介護

明日じゃなくて明後日になってしまいました。

ももの話。

ももは、13歳の時に我が家にやってきました。

それまでは、お散歩に連れて行ってもらえない、ちょっとかわいそうな状態で飼われていたのですが、我が家に来てからは、毎日朝晩ハッスルして興奮気味に歩いておりました。

はじめは首が絞まるくらいグイグイ引っ張っていたのが、徐々にトボトボに変わり、半年前くらいから、完全にお散歩には行けなくなりました。

お庭で徘徊をするようになって、しかも足腰の自由が利かないので、木や子供のブランコの間に挟まり、夜中でも何でも、泣き叫び呼ばれるようになってしまったので、去年の暮れから家の中で飼って居ます。

トイレのしつけが出来ないので、完全にオムツです。

一日に5,6枚は替えるので、ペット用では不経済。

赤ちゃん用のものにしっぽ穴をはさみで開けて、意外と快適に使ってます。

しかし、もも様・・・家の中が快適と見えて、よく食べよく寝ます。

老犬で足腰立たないというのに、まったく悲愴感が漂わず、気持ちは至って元気元気。

最近では、座る体勢もキツイらしく、ハアハア言ってしまうのですが、それでも寝たきりは嫌なようで・・・。

起こせ、起こせとばたばたもがきます。

もがかれても、座れないじゃん・・・ねぇ。

老犬なので、長くは続けて寝られず、2,3時間おきに泣き声で起こされ、水飲ませて、寝返り打たせて、の毎日です。

新生児みたい(涙)。お母ちゃん、寝不足です。

日中もそんな感じで、わがままもも様に付き合って、仕事はかどらず(号泣)

息子が幼稚園に行っている貴重な時間も、ももとのやり取りで過ぎていきます。

あっという間にお迎えの時間だし・・・。

240 でも、かわいいから許す。いいよ、もも。甘えなさい。

思いっきり甘えて、愛されて、満たされた気持ちで逝って欲しいから。

ももとのこの時間は、私たち親子にとって意味あるよな~と思います。

人生の、必要な寄り道。

老犬介護。

2009年6月 1日 (月)

始まり、始まり~

ずっとやりたいと思っていたブログをやっと始めました。

日々思うことがたくさんあるので、ポツリポツリと語っていきたいです。

あわせて、自分の仕事の様子なんかも紹介して行きます。

仕事・・・今年、来年にはもうきちんと形にしようと思ってます。

時間かかってるよな~とか思いますが、まあ子育て&老犬介護しながらなので、これでイイです。

ゆっくり、でも確信持ちながら進んでます。

毎日、楽しいです。

息子と、ももの顔見ると、本当に幸せだなあ~としみじみ思います。

老犬介護、っていうのが思った以上に大変でしたが、この時間は私にとっても意味あるよな、と思ってます。

この老犬介護、っていうのは皆さんどうされてるんでしょうかね。

私は、外犬というのは、朝起きたら冷たくなっていた、という自然な終わりを迎えるのだと思ってたんです。

でも、ももは違った・・・ももは・・・(明日に続く)

トップページ | 2009年7月 »